FC2ブログ

2012-06-03

「伝道とは饒舌に喋ることではない。心の内にはたらくものが相手にはたらくこと。故に弁栄聖者は「伝燈」とも云われた」(田中木叉上人)

「辨栄辨栄というから余程弁のよいお説教師かと思ったら、
これじゃ辨栄じゃない辨無いじゃわィ」


と、聖者のご法話を聞いていた瓢軽の者がこのように言って、
皆を笑わせたことがありました。

参考文献:霊鷲山善光寺編『辨榮上人の思い出』

何とも失礼な聴聞者がいたものだという類いの逸話ですが、
実はこれは貴重な記録で、

弁栄聖者のお言葉は、
訛りがあり、声は小さく、聞き取り難かった


と、聖者を尊崇するお弟子さえも、そのような感想をもらされています。

したがいまして、

当時の信者方の聖者への尊崇の念は、
お世辞にも「説法の巧さ」によるものではない、


と推察されます。

聖者の最晩年のお弟子の一人に、鈴木憲栄上人という方がいました。

大谷仙界上人から、

「弁栄上人は三昧発得の御方、生きた如来様を拝んでおられる」

と聞かれ、聖者に大変興味を持たれました。

ある時、弁栄聖者が名号の掛け軸に礼拝されている姿に接し、
「聖者への信」が自然と芽生えました。

この方は、生きて在します如来様を拝まれていると、
その姿に、直観的に感得されたようです。

「仏作仏行」といわれます。

如来無差別智の一つに「成所作智」がありますが、
「所作を形成する智慧」とも言われています。

芸、武術など身体所作を鍛錬されている者、
特にその練磨された達人の所作が美しいのは、
この「成所作智」の働きによるもので、
その所作に「真善美」、特に「美」を感得するからだと思われます。

無差別智の権威の書として、
『無辺光』を推奨してやまなかった岡潔博士は、

「弁栄聖者の場合は、相手の阿頼耶識に直接働きかけるのであろう。」

との感想を述べられています。

聖者御在世中、信州の多田助一郎氏という在家者が、
聖者に御逢いした後、
その何とも言えぬ「霊的雰囲気」とでもいうべきものに包まれ、
しばらくそれが消えなかったのですが、ある時、それがふと消えた時、
なんとも言えぬ寂しさを覚えられたといいます。

弁栄聖者に出逢われた多くの人たちが、
ある種の「霊的雰囲気」を感得されているようです。


それは、

ある種の「懐かしさ」であり、
暖かさ、親わしさであると同時に、気高き「神聖さ」


でもあったかと思われます。

すでにお気付きかと思われますが、

その特性とは、まさに如来様の特性そのもの

私は、それこそが「生仏」の特性そのものだと確信している者ですが、

私の少ない読書経験、人生経験においてですが、
この様に確信できる御方は、
伝説ではなく、史実と確信できる御方においては、
弁栄聖者以外にはございません。
関連記事
スポンサーサイト



trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【「伝道とは饒舌に喋ることではない。心の内にはたらくものが相手にはたらくこと。故に弁栄聖者は「伝燈」とも云われた」(田中木叉上人)】

「辨栄辨栄というから余程弁のよいお説教師かと思ったら、これじゃ辨栄じゃない辨無いじゃわィ」と、聖者のご法話を聞いていた瓢軽の者がこのように言って、皆を笑わせたことがあっ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: No title

> はじめまして。
> 弁栄聖者についてのブログ、とても参考になります。

はじめまして。

ブログをお読みいただき、ありがとうございます。

> 私の知り得る範囲ですが、インドの聖者、ラーマクリシュナ(1836~1886)の伝記や対話集を読みますと、この方も三身四智の聖者と思われます。
>
> お時間があれば、伝記や対話集を読んでみてください。
> 彼の説いている教えは光明主義に似ていることが分かると思います。

ラーマクリシュナについては、まだ詳しく存じ上げておりませんが、
いつか確りと学んでみたいと思っていた方の一人です。

お勧めありがとうございました。

No title

はじめまして。
弁栄聖者についてのブログ、とても参考になります。

>伝説ではなく、史実と確信できる御方においては、
>弁栄聖者以外にはございません。

私の知り得る範囲ですが、インドの聖者、ラーマクリシュナ(1836~1886)の伝記や対話集を読みますと、この方も三身四智の聖者と思われます。

お時間があれば、伝記や対話集を読んでみてください。
彼の説いている教えは光明主義に似ていることが分かると思います。


RSSリンクの表示
検索フォーム
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
アクセスカウンター
プロフィール

syou_en

Author:syou_en
山崎弁栄(べんねい)聖者(1859~1920)に出遇って初めて、各宗派宗教で説かれている教義、宗教体験が、腑に落ちました。

比較宗教、比較思想に一貫して関心を持ち続けています。

宗教には関心はあるけど、特定の宗派に凝ることには躊躇する。
そういう方も結構いらっしゃるかと思います。

そのような方は是非、弁栄聖者にふれてみてください。


(注)ツイッター(@syou_en)もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR