2012-05-30

「ここまで来たが、ここをどっちに行けばよいかと云う風に、道は尋ねるものである。先ず何よりも一心不乱に念仏三昧をつとめて、それからのことにせよ。」(田中木叉上人への弁栄聖者のご指南)

弁栄聖者に直接ご指導を受けられたお弟子、信者の方々の逸話は、
大変示唆深いものがございます。

弁栄聖者の田中木叉上人への導かれ方は、
笹本戒浄上人とは違っていました。


田中木叉上人が聖者に初めて逢われたのは、
大正7年、34歳、東京芝の多聞室、
まだ、大学を出たての頃。

東大を主席で卒業、天皇陛下から銀時計を下賜、
木叉上人(当時は俗名田中徹)は、学生時代はノートをとったことがなく、
あの谷崎潤一郎が同級生で、
「分からないことは、徹っちゃんに聞け!」
と言われていたほどの秀才中の秀才。

そんな田中徹氏の元へ、
熱血漢、九州の同郷人で友人の大谷仙界上人(当時既に弁栄聖者の弟子)が来られ、
いきなり短刀を目の前に置いて、この手紙を読んでみろと。

その手紙とは、九州の聖人と評判の高かった波多野上人のもので、

「若し勧めても聞き入れない時には
相手を殺して自分も死ぬと云う決心がつかない間は勧めに行ってはならない」

と。

随分、荒々しい逸話ですが、
田中徹氏への期待と氏の相当な強情さも伺える逸話です。

この手紙を読み、本気だと思われ、
そこまで勧めるなら、弁栄聖者に会ってみようと思われたそうです。

聖者の御法話を初めて聴かれた時の田中氏の印象は、

一向にありがたくもなく、

「それ位のことなら既に知っている。
大谷上人に騙され、こんなところに連れて来られた」

と後悔されたそうです。

御法話が終わり、聖者が呼ばれているというので、
お部屋に伺い、田中氏が聖者に質問をしますと、

(弁栄聖者)
「貴方は北海道に行ったことがありますか」

(田中氏)
「いいえ行ったことがありません」

(弁栄聖者)
「それでは其町の郵便局に何々橋を渡って何屋の角を左に、
何屋の角を右に、何々町をつき当たって、
何から何軒目と云う風にきいても、覚えられますか。」

(田中氏)
「いいえ、覚えられません」

(弁栄聖者)
「仏道と云うものはその様なもので、
行った事も無いものが知らぬ国の地理のうわさをして居ても少しも解らない。
そこで先ず歩き出す
そしてどっちに行けばよいかわからぬところに出る、
そして此処からどちらの道を取ればよいのですかと云う様に聞く、
仏道とはそんなもので、
行った事もないお浄土の事を尋ねても解る訳が無いではないか
。」


聖者からの御説法を聞かれた時、

「仏道とは成る程々々そういうものだ」

と田中氏はシンから感じ、念仏をする気になりました。(続く)

参考:藤堂俊章編『田中木叉上人遺文集』 

関連記事
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【「ここまで来たが、ここをどっちに行けばよいかと云う風に、道は尋ねるものである。先ず何よりも一心不乱に念仏三昧をつとめて、それからのことにせよ。」(田中木叉上人への弁栄聖者のご指南)】

弁栄聖者に直接ご指導を受けられたお弟子、信者の方々の逸話は、大変示唆深いものがございます。弁栄聖者の田中木叉上人への導かれ方は、笹本戒浄上人とは違っていました。田中木叉...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

RSSリンクの表示
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
プロフィール

syou_en

Author:syou_en
山崎弁栄(べんねい)聖者(1859~1920)に出遇って初めて、各宗派宗教で説かれている教義、宗教体験が、腑に落ちました。

比較宗教、比較思想に一貫して関心を持ち続けています。

宗教には関心はあるけど、特定の宗派に凝ることには躊躇する。
そういう方も結構いらっしゃるかと思います。

そのような方は是非、弁栄聖者にふれてみてください。


(注)ツイッター(@syou_en)もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR