FC2ブログ

2012-04-05

「信念に生きておれば、同じ説教を何回聞いても、同じお経を何回読んでも、初音の思いがする。」(『田中木叉上人御法話聴書 重住茂 筆記』)


私たちの健康維持のためには、心身の自己管理が必要なように、
信仰にも、自己点検が必要であるように思います。

信仰の健全度を測るための最も確実な指標は、
「念仏が自然と称えられているか」かと思います。

次に確実で容易な指標が、田中木叉上人の御法話の内容かと思います。

木叉上人の御法話は、多彩で豊かで独創的な内容、
飽きさせず、しかも、ありがたいのが特徴でしたが、
例えば、笹本戒浄上人の御法話は、
基本的には同じことの繰り返しであり、
しかも、お聴きする度にありがたかったといいます。

弁栄聖者はどうであったかといいますと、
対機説法はもちろんですが、
「存在そのもの」がありがたく、身業説法そのものであったとのことです。

「念仏を称えるたび、御法話を聴くたび、お経を読むたびに、
その都度新鮮さを感じる」。


この「新鮮さの湧出」こそ、
信仰が健全であることの確実なバロメーターであろうかと思われます。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

RSSリンクの表示
検索フォーム
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
アクセスカウンター
プロフィール

syou_en

Author:syou_en
山崎弁栄(べんねい)聖者(1859~1920)に出遇って初めて、各宗派宗教で説かれている教義、宗教体験が、腑に落ちました。

比較宗教、比較思想に一貫して関心を持ち続けています。

宗教には関心はあるけど、特定の宗派に凝ることには躊躇する。
そういう方も結構いらっしゃるかと思います。

そのような方は是非、弁栄聖者にふれてみてください。


(注)ツイッター(@syou_en)もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR