FC2ブログ

2012-03-01

『田中木叉上人 御法話聴書』(冨川茂筆記、重住茂筆記)

田中木叉(もくしゃ)上人は、弁栄聖者の高弟中の高弟のお一人で、
聖者の光明体系の編者にして、 『日本の光(弁栄上人伝)』の著者。

『田中木叉上人 御法話聴書』(冨川茂筆記と重住茂筆記の二冊)

は、弁栄聖者九十回忌の記念出版。

生前、木叉上人は、筆記することを禁じていたようですので、
この書は大変貴重です。

弁栄聖者のご著書は難解ですから、
木叉上人のご法話から、
聖者の御教えの真髄に触れるのもいいかもしれません。

お坊さんの説法というと、
説教臭いものという固定観念があるかもしれませんが、
木叉上人のものは、全く違います。


木叉上人は「仏眼」が開けていらっしゃったとのことですが、
この本を読みますと、
さもありなんときっと実感されると思います。

深い宗教体験をしていないと、
こんな言葉を実感をもっては言えないと思います。


お念仏、お念仏と言うけれど、
お念仏をすると、どんな功徳があるのか、
どんなことが体験されるのか、
疑問を持たれている方、興味を持たれている方、
この木叉上人の本には、今まであまり聞いたことのない話に溢れていると思います。

「私が如来様を念じる」のではない。
「如来様が私を念じて下さる。」(田中木叉上人)


一読をお勧めいたします。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

RSSリンクの表示
検索フォーム
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
アクセスカウンター
プロフィール

syou_en

Author:syou_en
山崎弁栄(べんねい)聖者(1859~1920)に出遇って初めて、各宗派宗教で説かれている教義、宗教体験が、腑に落ちました。

比較宗教、比較思想に一貫して関心を持ち続けています。

宗教には関心はあるけど、特定の宗派に凝ることには躊躇する。
そういう方も結構いらっしゃるかと思います。

そのような方は是非、弁栄聖者にふれてみてください。


(注)ツイッター(@syou_en)もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR