2017-01-10

筑前若松「善念寺」での弁栄聖者と波多野諦道上人とのお別れ

 28121816.jpg

↑  ○  ○  弁栄聖者    
     波多野諦道上人  ○ 
          大谷仙界上人


大正二年九月末、
一年半に渡る、筑紫筑後を中心とした初めての九州伝道をおえられ、
九州を去られる弁栄聖者の送別の集いが、
波多野諦道上人の自坊「善念寺」で開催されました。

道俗一同を代表して、住職の波多野上人がご挨拶をされました。

「(・・・略)今上人に会うことは、
七百年前の宗祖がさらに浄土からこの土に帰られたのにお目にかかる心地であります。」
とまごころこもる挨拶に涙こぼした。


と、田中木叉著『日本の光(弁栄上人伝)』には、
さらりと記されています。

この元になったと思われるのは、
松岡行覺氏の「歓ひの涙」の記事。

洒脱な波多野諦道上人の印象とは違って、
波多野上人の弁栄聖者への篤(熱)き心情の吐露に、
名状しがたい感銘を覚え、胸を打たれます。


 28121817.jpg

 28121818.jpg  28121819.jpg

大正二年九月二十七日、
東路さして若松から戸畑への渡し舟にお乗りになった。

「いよいよお帰りになるようになりまして」と申し上げられた方へ、
「私には帰るということはありません。」

とは、「念仏のすすめられるる所をわが家として、
別に定めたわが家とてなき一生行脚」
の慈光輝く弁栄上人。


この若松でのお別れが、
波多野諦道上人と弁栄聖者との、今生でのお別れとなりました。


この記事を書きながら、今更ながら気付いたことがありました。
波多野諦道上人から、命がけの覚悟を以て
「田中徹氏(木叉上人)を、弁栄聖者に引き合わせるように」との命を受け、
大谷仙界上人がそれを実行されたのは、大正七年でした。

波多野諦道上人が西化されたのは、大正四年
ということは、その数年後になります。


「ところが七月二十日頃、偶然の用事
波多野諦道上人が善導寺にきて
上人に謁見するや、帰依の思い禁じがたく、他の用事は捨ておいて、
上人に願いまず筑前各地に上人をお伴して歩くようになった。
・・・鎮西第一の法の器が、
器を求めて筑紫路にはるばるくだった上人に値遇した。


そしてひとり九州にもならず、波紋はそれからそれと大きくつたわる、
光明教海に投ぜられた一石となった
。」

と、(田中木叉著『日本の光(弁栄上人伝)』)に記されています。

 28121820.jpg


↓ 「大正末期の若松港の風景」 

 28121821.jpg
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

RSSリンクの表示
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
プロフィール

syou_en

Author:syou_en
山崎弁栄(べんねい)聖者(1859~1920)に出遇って初めて、各宗派宗教で説かれている教義、宗教体験が、腑に落ちました。

比較宗教、比較思想に一貫して関心を持ち続けています。

宗教には関心はあるけど、特定の宗派に凝ることには躊躇する。
そういう方も結構いらっしゃるかと思います。

そのような方は是非、弁栄聖者にふれてみてください。


(注)ツイッター(@syou_en)もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR