FC2ブログ

2016-05-22

明治四十五年、筑後善導寺ご滞在中。弁栄聖者の高山彦九郎に寄せる想い・・・


     28052101.jpg  

福岡県久留米市寺町にある、

「真言宗 光明山 遍照院」

  28052102.jpg  28052103.jpg 

 28052105.jpg  28052106.jpg

  28052107.jpg  28052109.jpg

「寛政三奇人」の一人、

幕末の志士へ影響を与えた、
高山彦九郎の墓があることでも知られています。

     28052108.jpg  

 28052110.jpg  28052111.jpg

弁栄聖者は、善導寺でのご滞在中、
しばらく経っても、真摯に法を求める法類に巡り会えずに、
仏画等を画きながら過ごされていました。

この頃の消息に、

「さてこの頃はわが専修念仏の流れの水の源なる鎮西筑紫の善導寺の内仏道場にありて、
日本続蔵経のあるあり、これを開き読みて、
かたわら聖影をうつしなどして日を送り、
ちょうど北海の浜に釣をたれて
武王ちょう魚をまつヂイさんと同じようなもの
である。」
(田中木叉著『日本の光(弁栄上人伝)』)


ある者の誘いによって、
遍照院の高山彦九郎の墓参りをされました。

高山彦九郎は、天皇に対する篤き忠誠心。

一方、弁栄聖者は、
法然上人の真意、「大ミオヤ」様への篤き恋慕の情。

「同じ境遇に心は通う手向けの称名、
彦九郎の墓前に黙念合掌して、
下げた上人の頭はなかなかあがらない。」

(田中木叉著『日本の光(弁栄上人伝)』)



     28052111-1.jpg

京都市三条大橋東詰(三条京阪)には、
「京都御所望拝の姿」の高山彦九郎の銅像があります。

 28052111-2.jpg  28052111-5.jpg 

     28052111-4.jpg

 28052111-6.jpg  28052111-7.jpg

 28052111-9.jpg  28052111-8.jpg


筑後善導寺で数か月が経った7月に、
偶然の用事で訪れた、
筑前若松善念寺住職の「筑紫の聖人」波多野諦道上人が、
弁栄聖者にご邂逅。

いっぺんで、聖者の篤き信奉者となられました。


縁とは、真に不思議なもの。

「筑後の聖者」と云われた中川察道上人は、
この時期、善導寺で、弁栄聖者にお会いになっているのですが、
いまだ機縁熟さず、熱心な聖者の篤き信奉者となるには、
その後、数年の時間が必要でした。


なお、遍照院は、その庭園も知られています。

 28052112.jpg  28052113.jpg
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

RSSリンクの表示
検索フォーム
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスカウンター
プロフィール

syou_en

Author:syou_en
山崎弁栄(べんねい)聖者(1859~1920)に出遇って初めて、各宗派宗教で説かれている教義、宗教体験が、腑に落ちました。

比較宗教、比較思想に一貫して関心を持ち続けています。

宗教には関心はあるけど、特定の宗派に凝ることには躊躇する。
そういう方も結構いらっしゃるかと思います。

そのような方は是非、弁栄聖者にふれてみてください。


(注)ツイッター(@syou_en)もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR