FC2ブログ

2016-04-17

法然上人の神髄 (現代語訳「山崎弁栄講述 ─『宗祖の皮髄』」 谷慈義 訳・注  河波定昌 監訳)


      20150417.jpg

法然上人の神髄
(現代語訳「山崎弁栄講述 ─『宗祖の皮髄』」
谷慈義 訳・注  河波定昌 監訳)



[目次]
カラー口絵
弁栄聖者肖像(弁栄記念館蔵 井深家旧蔵)
弁栄聖者遺墨 法然(福岡阿弥陀寺蔵)
弁栄聖者遺墨 釈迦坐像(東京・谷家蔵)
弁栄聖者遺墨 涅槃図(東京・谷家蔵)
弁栄聖者遺墨 弥陀三尊来迎図(東京・谷家蔵)

訳者まえがき

序説 講演にあたって
一 この講演の大意
二 題名に関する簡単な説明
三 安心と起行の形式について
四 念仏修行の具体的な方法とその功徳について
五 宗祖・法然上人のご法語と道詠
六 浄土の〝道しるべ〟と〝道中の名所案内〟
七 宗祖の入信とその後の悟りの境地
八 霊的人格の核と種まき

本説
第一 永遠に輝く〈霊的な人格〉としての法然上人
一 総説
二 選択の道詠
〔1〕 「法」と「行」とについて
〔2〕 衆生(生きとし生けるもの)の至誠心について
〔3〕 阿弥陀仏を愛し求めることについて
〔4〕念仏三昧
〔5〕 念仏三昧の成果(功徳の内容)

第二 仏教の教祖・釈迦牟尼仏の〈霊的な人格〉の実質
一 はじめに
二 実質
三 化用人々を導くための働き

山崎弁栄聖者 略年譜
阿弥陀仏の使者としての生涯~編著者あとがきにかえて
訳者追悼にかえて



ここ数年の、若松英輔氏の弁栄聖者への注目、言及、
特に、近著では、
「第1章 光の顕現ー山崎弁栄の霊性」(『霊性の哲学 (角川選書)』)
「解説 岡潔と仏教の叡智――若松英輔」(岡潔著『一葉舟 (角川ソフィア文庫)』 )など、

また、森田真生氏による岡潔博士への言及、講演、関連書物の出版等によって、

近年、弁栄聖者へ関心が高まりつつあり、
弁栄聖者関連の書物が出版されつつあるのは、まことに喜ばしい限りです。


今回は、光明主義を知るための必読書であり入門書としても最適な、
「山崎弁栄講述 ─『宗祖の皮髄』」の、
谷慈義氏によるの現代語訳。

山崎弁栄講述『宗祖の皮髄』は、1916年(大正5年)の知恩院での講義録ですが、
今回の現代語訳の発刊は、期せずして、
その100年後の2016年(平成28年)

画期的な、弁栄聖者の「十二光の光明体系」は、
内容的に難解の上、文章表現も現代人には難しいものとなっており、
聖者の現代語訳は、遂行しなければならないものであります。

弁栄聖者の著作の現代語訳には、独特の困難さや賛否両論もあろうかとは思いますが、
この難題に取り組まれた谷氏の尊い御意思に、感謝申し上げたいと思います。


「何よりも私たちが記憶にとどめるべきは、自らを『阿弥陀仏の使者』として、
(山崎弁栄聖者が)その生涯を布教に捧げられたことにほかなりません。
卓越した思想家でありながら、聖者は常に民衆に寄り添い、
その立場から遠ざかることはありませんでした。
弁栄聖者はまさに、教学の知識においても修行の実践においても、
さらには衆生の救済という仏道の本源的役割の遂行においても、
そのすべてに超人的な能力を発揮した宗教者だったのです。」


谷慈義氏の「阿弥陀仏の使者としての生涯~訳者あとがきにかえて」に記された氏の弁栄聖者観ですが、
正に至言だと思われます。


誤解無きよう、やはり、記しておきたいことがあります。

弁栄聖者の「阿弥陀仏」観についてです。

谷慈義氏も「阿弥陀仏の使者としての生涯~訳者あとがきにかえて」において、

「聖者は、法然上人の阿弥陀仏観に基づき、
阿弥陀仏を諸仏の中の一仏としてではなく、
諸仏の根本仏であり、いわば宇宙の中心にすえる・・・
という独自のお考えを公表されたのでした。」
と。

当時、異安心視されていた弁栄聖者は、
「法然上人の阿弥陀仏観」を、法然上人の御道詠に求められ、
その卓見『宗祖の皮髄』の特色となっております。


弁栄聖者独自の阿弥陀仏観については、
佐々木有一著『近代の念仏聖者 山崎弁栄』で、
究明されていますので、参考書としてお奨めいたします。


なお、谷氏の修士論文は善導大師に関するものであったと伝え聞いております。

谷氏は、この書が世に出る前、
平成二十七年十二月十五日にご逝去されました。
残念でなりません。

この書の監訳をされた河波定昌氏は、
平成二十八年三月七日に、
「訳者追悼にかえて」を書かれておられますが、

更に、その河波氏も、今月4月3日に、突然、ご遷化されました。

これからの大事な時期に、河波氏も失ったことは、痛恨の極みです。

谷慈義氏と河波定昌氏の遺作となった、
法然上人の神髄 (現代語訳「山崎弁栄講述 ─『宗祖の皮髄』」 谷慈義 訳・注  河波定昌 監訳) を、
精読していきたいと思います。

お二人のご冥福をお祈りいたします。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

RSSリンクの表示
検索フォーム
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスカウンター
プロフィール

syou_en

Author:syou_en
山崎弁栄(べんねい)聖者(1859~1920)に出遇って初めて、各宗派宗教で説かれている教義、宗教体験が、腑に落ちました。

比較宗教、比較思想に一貫して関心を持ち続けています。

宗教には関心はあるけど、特定の宗派に凝ることには躊躇する。
そういう方も結構いらっしゃるかと思います。

そのような方は是非、弁栄聖者にふれてみてください。


(注)ツイッター(@syou_en)もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR