FC2ブログ

2016-01-25

「弁栄上人伝 -宗教家としての御成長の曲線ー」(岡潔著『一葉舟』)


数学者岡潔博士は、弁栄聖者の信奉者でもありました。

岡博士は、ご自身の多くの著作の所々に、弁栄聖者、光明主義に関して書かれていますが、
まとまったものとしては、
岡博士たっての念願の『無辺光』(講談社版)の発刊、
その「まえがきー無辺光と人類」、
『一葉舟』所収の「科学と仏教」、「弁栄上人伝」があります。

その「弁栄上人伝」において、
岡潔博士ご自身の成長に関連づけられ、
「宗教家の一生におけるその成長の節々の年齢」を推定されており、
興味深いものですので、ご紹介したいと思います。
なお、若干の補足をさせていただきます。

関連本において、満年齢、数え年により違いがあるようです。
また、日本では明治5年(1872年)に、グレゴリオ暦採用され、
明治5年12月2日の翌日を明治6年1月1日(グレゴリオ暦の1873年1月1日)とされたとのこと。


【人生第一の節】
(十一、二歳頃) 
「幼時十二歳、家に在りし時、
杉林繁れる前にありて、西の天霽れわたり、
空中に想像にはあれども、三尊の尊容厳臨したまうことを想見して
何となくその霊容を憧憬して、自ら願ずらく、
われ今この想見せし聖容を霊的実現として瞻迎し奉らんと欲して
欽慕措(お)措く能(あた)わざりき
。」

※ ただし、「後には、三尊を一尊にして拝むことにした」とのこと。


【人生第二の節】
(十五、六歳頃)
家業の農事を手伝う一方で、菩提寺である「医王寺」より、仏書を借りて読み、
ひそかに出家の願望を抱くようになる。


※ 弁栄聖者の特徴でもありますが、自内証を自ら語られることは少なく
 出家願望も、ご家族は知らなかったようです。


【人生第三の節】
(二十一歳頃)
近所の菩提寺の鷲野谷「医王寺」において、
関東の名刹、関東第十八檀林、小金の「東漸寺」の
第五十世、大谷大康老師を剃髪授戒の師とし、出家得度。行学に精励



【人生第四の節】
(二十三、四歳頃)
東京に遊学。
遊学先は、浄土宗の芝「増上寺」、時宗の浅草「日輪寺」、真言宗の田端「東覚寺」

「愚衲、昔、二十三歳ばかりの時にもっぱら念仏三昧を修しぬ。
身はせわしなく、事に従うも意こころは暫らくも弥陀を捨てず、
道歩めども道あるを覚えず、路傍に人あれども人あるを知らず、
三千界中、唯だ心眼の前に仏あるのみ。」

「予、かつて華厳の法界観門に由って、一心法界三昧を修す。
行住坐臥つねに観心止まず。
ある時は行くに天地万物の一切の現象は悉く
一心法界の中に隠没し、宇宙を尽くして唯一大観念のみなるを観ず
また一日道灌山に座禅して文殊般若をよみ、
心如虚空無所在の文に至って、
心虚空界に周遍して、内に非ず、外に非ず、中間に非ず、法界一相に真理を会してのち、
心常に法界に一にせるは是平生の心念とはなれり
之すなわち宗教の信仰に所謂、光明遍照中の自己なり。
大円鏡中の自己なりと信ず。」

「後二十四の時に東京駒込の吉祥寺学林に於いて
卍山上人の五教章の聴講に列なりし時
田端の東覚寺に寄宿して吉祥寺に通う往復にも
口に称名を唱え意(こころ)に専ら弥陀の聖容を想ひ専ら神(こころ)を凝しけるに
一旦蕩念(とうねん)として曠廓(こうかく)極まりなきを覚え、
其時に弥陀の霊相を感じ、慈悲の眸(まなじり)丹花の唇等、
其の霊容を想ふ時身心融液にして不思議なるを感ず、
其後は常に念に随て現ず
。」

(二十四歳)
「医王寺」薬師堂に籠もり、21日間念仏三昧を激修。
筑波山入山、「念仏三昧発得」

(二十五歳)
「東漸寺」末寺、飯島(現在の埼玉県吉川市飯島)の「宗円寺」に籠もり、
一切経七千三百三十四巻の閲覧を開始、足掛け3年(実質2年足らず)で読了



【人生第五の節】
(三十歳頃)
巡錫しての人々の救済の地域を広げられる。

(三十六、七歳頃)
インド仏跡参拝


【人生第六の節】
(四十二歳頃)
「光明主義の胎動期」
三河巡錫中、肺炎を患い、初冬まで新川町(現在の愛知県碧南市)の「法城寺」に滞在

なお、興味深いことに、「法城寺」の近くに、「清沢満之記念館」があります。

参考文献:
齋藤乗願「弁栄上人と法城寺」『山崎弁栄展 宗教の彼方、新たなる地平』

 千葉県五香「善光寺」にて、
棺を用意させ、その中に端座し、30日に及ぶ念仏三昧修行

身体疾患における広義の「創造の病」(ユング、エレンベルガー)と云い得る、
「光明主義の胎動期」として、極めて重要な時期と思われます。


岡潔博士は、この年齢で一応考察をやめられています。
おそらく、この後は、この延長戦上で考察できるからではないかと推察されますが、
それ以降も、
弁栄聖者ご提唱の「光明主義」上、重要な出来事と思われることが、
幾つかありますので主な出来事をご紹介します。


(1912年(明治45・大正元年)54歳)
九州各地を初巡錫
「筑紫の聖人」波多野諦道上人が、筑後「善導寺」で聖者と邂逅
光明主義の伝道上、極めて重要な基点となったと思われます。


(1913年(大正二年)55歳)
大谷仙界上人、聖者と邂逅

(1914年(大正三年)56歳)
 笹本戒浄上人、聖者と初見

 「光明会趣意書(一枚刷)」発行。


(1915年(大正4)57歳)
美濃にて、「光明会礼拝式」発行


(1916年(大正五年)58歳)
知恩院教学高等講習会「宗祖の皮髄」と題し講演
その後、「宗祖の皮髄」出版


(1918年(大正七年)60歳)
田中木叉上人、弁栄聖者と邂逅


(1919年(大正八年)61歳)
「光明学園」開園式。
○長野県上諏訪唐沢山「阿弥陀寺」の第一回別時念仏会をご指導。
「ミオヤの光」発行


(1920年(大正九年)62歳)
新潟県柏崎「極楽寺」にて、ご遷化


参考文献:「山崎弁栄年譜」

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

RSSリンクの表示
検索フォーム
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスカウンター
プロフィール

syou_en

Author:syou_en
山崎弁栄(べんねい)聖者(1859~1920)に出遇って初めて、各宗派宗教で説かれている教義、宗教体験が、腑に落ちました。

比較宗教、比較思想に一貫して関心を持ち続けています。

宗教には関心はあるけど、特定の宗派に凝ることには躊躇する。
そういう方も結構いらっしゃるかと思います。

そのような方は是非、弁栄聖者にふれてみてください。


(注)ツイッター(@syou_en)もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR