FC2ブログ

2014-11-25

弁栄聖者の恩師、東漸寺第五十世大谷大康老師を巡って


 DSC04195.jpg  DSC04199.jpg

「東漸寺」は、「関東十八檀林」の一つ。

「檀林」とは、仏教寺院における僧侶の養成機関、仏教宗派の学問所。

「東漸寺」のHPには、「東漸寺の沿革」として、

「東漸寺は、今から約520有余年前の文明13年(1481)、
経譽愚底運公上人により、当初、根木内(この地より1キロ北東)に開創いたしました。
この後約60年後の天文年間、現在地に移され、江戸初期に関東十八檀林の1つとされた名刹です。
 檀林となった東漸寺は、広大な境内を持ち、多くの建物を擁するようになりました。
大改修が成就した享保7年(1722)には
本堂、方丈、経蔵(観音堂)、鐘楼、開山堂、正定院、東照宮、鎮守社、山門、大門その他8つの学寮など、
20数カ所もの堂宇を擁し、末寺35カ寺を数え、名実ともに大寺院へと発展しました。
明治初頭に、明治天皇によって勅願所(皇室の繁栄無窮を祈願する所)となりました。」

と紹介されていますが、

実際に訪ずれてみると、確かにその広大さと雰囲気に圧倒され、
在りし日の繁栄に想いを馳せました。

  DSC00734.jpg  242.jpg  

  DSC00720.jpg  DSC00717.jpg 

ちょうど今頃、今年の紅葉は、こんな感じでしょうか。

四季折々に、散策も楽しめそうです。

  DSC08860.jpg  DSC08863.jpg

伝記的には順序が逆になりましたが、
今回は、弁栄聖者の恩師、東漸寺第五十世大谷大康老師と聖者に関する記事。

今回も、 田中木叉著『日本の光(弁栄上人伝)』を主たる資料としています。

筑波山下山後、千葉県松戸市小金の、愚底上人により開創された「東漸寺」にて、

「恩師なる東漸寺五十世静誉上人より宗戒の両脈を相承された。」

東漸寺での修行時代、その老師さえ、
「弁栄はねないのだろう」
といっていたほどの、弁栄聖者のご修行の有様であったようです。

東漸寺時代の興味深い逸話を、田中木叉上人は記されています。

「当時鷲野谷にヤソ会堂がありて牧師がよく東漸寺に質問にきた。
老師にかわってこれに対応し、
耶蘇教の要理をつきこんで反問し、急所をつくので牧師はこまり、
ついにはこなくなったことなどもあったほど、
当時からヤソ教の方面にも、いささか研究の指をそめていた。」

特に、後年の「光明主義」における「キリスト教」の影響を暗示する逸話です。


明治十二年十一月以来、東漸寺での弁栄聖者の御修行の様子を老師はご覧になり、

もはや我が膝下に止むべきではないと思い、
すみやかに帝都一流の学者の門をたたいてこの法器を磨かせんとて、
明治十四年正月から、上京させることになった。」

東京遊学は、明治十四年(二十三歳)の正月から、二年弱。

〇増上寺(浄土宗)で、大谷了胤老師から、『往生論註』、『唯識論述記』、『倶舎論』その他。
〇浅草日輪寺(時宗)で、卍山(かずやま)実弁老師から、『原人論』、『起信論』等の講義。
次第に『首楞厳経』等をきわめ、
〇駒込吉祥寺学林で、卍山(かずやま)老師から、『華厳五教章』。
〇真言宗与楽寺で密教。

ただし、弁栄聖者の「常の方針」は一貫しており、

「仏法は学解にあらず、三昧実証にあり」と。

当時の増上寺法主行誡和上は、
既に、聖者の「比なき法器」に注目されていました。

この後、千葉県鷲野谷「医王寺」薬師堂での御修行の後、筑波山での二ヶ月間の御修行において「三昧発得」
その後、埼玉県吉川市飯島の「宗円寺」にて、一切経読了と続きます。


     DSC04190.jpg

「明治十七年(二十六歳)五月二十二日多年教養の恩師東漸寺静誉大康老師がご病死になった。
この訃報に接した時には、即刻飯島の草庵より小金に帰寺、
本堂にこもりて一百ヶ日の報恩別時を勤められた
横になっては寝ず、生理自然の用の外は座を立たず、
不断に称名して、広大の師恩に追孝の至誠をぬきんでた。」

老師の法号は、「安蓮社静誉恭阿又夢大康大和尚」。

東漸寺第五十世なり。

  DSC04187.jpg  DSC04191.jpg  

恩師大康老師亡き後、恩師が果たせなかった千葉松戸五香新寺建立のため、
弁栄聖者は、小金から五香の説教所に移り住まわれました。

「建立の寄付はなるべく多数の人に仏縁を結んで、
他生得脱の福徳資せんため」


「一厘講」と名づけて、寄付を募られた。

福田行誡和上も、自ら進んで寄附勧進に懇ろな付言を賜った。

この間の弁栄聖者のご生活は、「赤貧洗うが如き」状態であったようですが、

そのような状態であったにもかかわらず、
困っている者があると、その資金を、その困っている者にあげてしまわれる、
そんな聖者でありました。

 DSC00837.jpg  DSC00835.jpg

遂に、先師七回忌、明治二十四年(三十三歳)に、
千葉松戸五香に、善光寺本堂が落成されました。

その建立方針は、いかにも聖者らしく、

「人々が礼拝する場所さえあれば、そんなに立派でなくてもよい。
あまり立派にすると多くの人々に迷惑をかけるから」


と本堂のみを建立し、住む庫裡は元のままのあばら屋にした。

   DSC00828.jpg


最後になりましたが、
千葉県松戸小金東漸寺の開創者、愚底上人のお墓は、
弁栄聖者の菩提寺鷲野谷「医王寺」にあります。

なお、浄土宗医王寺は、愚底上人により、寛正2(1461)年に開創。

  DSC04208.jpg  DSC07909.jpg

     DSC07927.jpg

「医王寺」から少し離れた隣りに「薬師堂」はあり、
その奥、裏側の方に、愚底上人と弁栄聖者のお墓があります。

 DSC04207.jpg  DSC04202.jpg 

「以前より鷲野谷の地は、薬師如来の霊験ある所であった」
とのこと。

「イエス・キリスト」「弘法大師空海」を彷彿とさせる弁栄聖者の数々の「奇蹟」 。

聖者が活躍された「時代性、時代精神」とも関係しているようにも思われますが、
聖者が生まれ育った「鷲野谷の地」とも関係しているようにも感じられます。

弁栄聖者のご生家の近くには、
「真言宗豊山派 善竜寺」と、
薬師如来と関係の深い「浄土宗 医王寺」があり、

数kmほど離れたところには、
明治十六年頃設置の「手賀教会堂」があり、

「弁栄教学」上、今後の解明が必至となる「ギリシャ正教(ロシア正教)」の教会堂。


  DSC04224.jpg  DSC04225.jpg

「薬師堂」の左脇を通り、正面に見えてきます、

「行蓮社経譽(愚底)上人」の墓碑

   DSC04222.jpg  DSC07916.jpg
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

RSSリンクの表示
検索フォーム
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスカウンター
プロフィール

syou_en

Author:syou_en
山崎弁栄(べんねい)聖者(1859~1920)に出遇って初めて、各宗派宗教で説かれている教義、宗教体験が、腑に落ちました。

比較宗教、比較思想に一貫して関心を持ち続けています。

宗教には関心はあるけど、特定の宗派に凝ることには躊躇する。
そういう方も結構いらっしゃるかと思います。

そのような方は是非、弁栄聖者にふれてみてください。


(注)ツイッター(@syou_en)もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR