FC2ブログ

2014-06-22

「愛楽仏法味 禅三昧為食」(世親菩薩『往生論』)

「念々弥陀の恩寵に育まれ、声々大悲の霊養を被る。」

弁栄聖者が、そのご高弟の一人田中木叉上人に差し上げれた
『お慈悲のたより』の中の極めて重要な個所の一つです。

光明会では、『年頭法語』として知られているようで、
能見寿作氏は、弁栄聖者の末代までの大説法であると喝破されていたようですが、
このたよりを読む度に、その御教えの深さに、感銘を新たにします。

全文を最後に記しますので、是非読んみてください。

ここで、弁栄聖者は、「霊養」という表現をされています。

田中木叉上人は、聖者の御教えを分かり易く、
人間に不可欠な栄養、養分として、「三養」として説かれました。

すなわち、「栄養」、「教養」、「霊養」です。

現代では、「理性」の領分である「教養」さえあやしくなってきており、
「霊性」開発に不可欠の栄養である「霊養」は、いわずもがなといった状態といえましょうか。

さて、

「愛楽仏法味 禅三昧為食」(世親菩薩『往生論』)です。

世親菩薩は、「食」と表現されています。

まことに興味深いことに、キリスト教では、
神与の食物、霊の糧を、 「(manna)」(ラテン語)と表現され、
周知のとおり、カトリックのミサにおいては、「パンと葡萄酒」が極めて重要な役割を担っています。

洋の東西、宗教宗派を問わず、

深い祈りの内で、神・仏から、「霊の御恵み」が享受される事実は不変のようです。

晩年の弁栄聖者が最も重視された「三相五徳」『無量寿経』)を、

『如来光明礼拝儀』において、

「教主世尊が六根常に清らかに
光顔(みかお)永(とこ)しなへに麗はしく在ししは
内霊応に充給ひければなり」
と。

また、

「人仏牟尼は一向(ひたすら)に 本仏弥陀を憶念し
本仏弥陀の霊徳は 牟尼の身意に顕現す
入我我入は神秘にて 三密正に冥合し
甚深不思議の感応は 是れ斯教の秘奥なり」


と、「仏々相念の讃」に詠われています。

最後に、あまり知られていないと思われますし、
今回のテーマとも深く関係しますので、
弁栄聖者ご作成の「食前、食後の光明食作法」を記します。

「光明食作法(食前)
大ミオヤよ。
我等は日々の糧(かて)を受けざれば活(いく)ること能(あた)たはざると共に。
アナタの恩寵(みめぐみ)の霊の糧によらざれば。
法身慧命は紹(つ)ぐこと能はざるものなり。
されば此の食を為さんとするに先だちて。
智慧と慈悲との聖き名(みな)を念じて。
霊のいや増さんことを祈り奉る。     お十念。」

「光明食作法(食後)
大ミオヤよ。
アナタに与えられし霊の糧をば。
我が信念によりて消化し。聖き力となして。
世の為め人の為めアナタの光栄(みさかえ)を顕すべき働きを為し得るやう。
恩寵(みめぐみ)を垂れ給へ。     お十念。」

弁栄聖者御在世中から、
聖者の御教えは、「耶蘇くさい」、「異安心」だという批判がなされていたようです。

「耶蘇くさ」かろうが、「異安心」であろうが、宗教宗派が違っていようとも、
「その御教えが「真理」でありさえすれば、構わない」と私は考えているのですが、
あるいは、「教条主義」からは、許しがたいことであるのかもしれません。

真理が、「教条主義」によって捻じ曲げられては、断じてならない。

と、自戒している一人です。


〇「年頭法語」(弁栄聖者より田中木叉上人が賜りたる御慈悲のたより)

「大いなるミオヤは十劫正覚の暁より、
可愛き子を待ち詫び玉ふとは仮にちかきを示せしものゝ、
実には久遠劫の往昔より今時の今日に至るまで、
可憐き子の面の見たさまた子を思う親の心の知らせたさに
番々出世の仏たちを御使はしなされて、
苦心慇懃に子らに諭して、
ミオヤの大悲の御手に渡し玉はんとせし久遠劫来の思念がかゝり、
大悲召喚の御声に預かりし田中道士の、
至心信楽の心を注ぎて慕はしき吾が大ミオヤ、
ナムアミダ仏と呼ぶ声を、
毫も遠からぬ道士の前に在ます大ミオヤは
さぞかぎりなき歓びを以て之に報答しますらんと信じられて候。

 道士よ、御名を呼べば現に聞玉ひ、
敬礼すればアナタは観そなはし玉ひ、
意に念ずれば、アナタは知り玉ひ、
こなたより憶念し奉れば、アナタは幾倍か深く憶念しくださるゝ
との導師の指導にして誤りなからば、
今現に念仏三昧を修しぬるに、
大ミオヤの慈顔に接することを得られぬことゝとかくな思い玉いそ。
また今現に大慈悲の懐ろの裡に在ることをもゆめな疑ひ玉ひそ

 此肉体に於いても分娩せられてまだ幾日の間は
母の懐に抱かれて居ながら
懐かしき母の容を見ることができぬことにて候。

 しからばいかにせば吾母の容を見ることを得るに至らんとならば、
啼く声に哺ませらるゝ乳を呑む外にはぐくまるゝみち之なきことにて候

念々弥陀の恩寵に育まれ、声々大悲の霊養を被る。
十萬億土遥かなりと愁ふること勿れ、法眼開く処に弥陀現前す

今宵は大晦日の夜である。
世人多くは債鬼をのがるゝに苦しみて居り、
道士は無始以来の債を除いて、
久遠劫来の親に逢ひたさに泣いている。

道士よ、今宵は無始以来迷ひじまいの大晦日にして明くれば、
本覚の無量寿にして無量光なる元旦に候へば、
萬歳を以て未だ足れりとせず、無量寿のみ名を称へて、
道士の聖なる元旦を祝し上げ候。」


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

RSSリンクの表示
検索フォーム
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスカウンター
プロフィール

syou_en

Author:syou_en
山崎弁栄(べんねい)聖者(1859~1920)に出遇って初めて、各宗派宗教で説かれている教義、宗教体験が、腑に落ちました。

比較宗教、比較思想に一貫して関心を持ち続けています。

宗教には関心はあるけど、特定の宗派に凝ることには躊躇する。
そういう方も結構いらっしゃるかと思います。

そのような方は是非、弁栄聖者にふれてみてください。


(注)ツイッター(@syou_en)もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR