FC2ブログ

2013-11-10

「別時修行は、喩えれば、平常は散心で川の流れのままに心が流されているようなもの。別時念仏は、その流れに竿をさし、一歩一歩川の流れに逆らって、上流にのぼって行く如く、並大抵のことではできない。」(能見寿作氏)


前回は、能見寿作氏のご指摘、

「いくらお別時についても、別時と平生がお互いに責任のなすりあいをしている間は、三昧は開けませんよ。」

をご紹介しました。

今回の能見氏の言葉もそうですが、
平易な表現でありながら、実に巧く、その通りだな、
と、腑に落ちる実感のこもった言葉だと感じ入ります。

恵心僧都源信は、

「妄念はもとより凡夫の地体なり。妄念のほかに別に心はなきなり。」と。

また、

明遍僧都の切実な問い、

「念仏の時、心の散乱し、妄念の起こり候をば、いかがし候べき。」

に対し、法然上人は、

「欲界の散地に生を受くる者、心、あに、散乱せざらんや。
煩悩具足の凡夫、いかでか妄念を留むべき。
その条は、源空も力及び候わず。
・・・心を鎮め、妄念起こさずして、念仏せんと思わんは、
生まれつきの、眼鼻を取り放ちて、念仏せんと思わんが如し、あなことごとし」
と。


念仏実践上の具体的なご指南として、

「一心に高声念仏すれば、念仏に防がれて妄念は起らざるなり。
これを諭うるに楔(くさび)をぬくに楔を用うという事なり。
妄念を止むるに念仏を用う。
しかれば妄念胸に競い起こらば、
念仏して妄念に取りあわざる様にすべし。」

と、忍澂上人は、大変ありがたいご指南を残されています。


「念仏する時、妄念が起こってしょうがない。」

と愚痴をこぼされた方の話を聞かれ、

弁栄聖者は、

「その方は、念仏をしています。
念仏をしたことがない者は、そのようなことに気づけない。」

と語られたとのこと。

やはり、どの道でも、その道の生きた導師は、ありがたいですね。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

RSSリンクの表示
検索フォーム
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
アクセスカウンター
プロフィール

syou_en

Author:syou_en
山崎弁栄(べんねい)聖者(1859~1920)に出遇って初めて、各宗派宗教で説かれている教義、宗教体験が、腑に落ちました。

比較宗教、比較思想に一貫して関心を持ち続けています。

宗教には関心はあるけど、特定の宗派に凝ることには躊躇する。
そういう方も結構いらっしゃるかと思います。

そのような方は是非、弁栄聖者にふれてみてください。


(注)ツイッター(@syou_en)もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR