FC2ブログ

2013-09-28

「この教団は如来という唯一の大御親を信じ、その慈悲と智恵との心的光明を獲得し、精神的に現世を通じて永遠の光明に入るの教団なり。」(『光明会趣意書(大正3年、56歳 一枚刷頒布)』首唱者 仏陀禅那 弁栄)

「 光明会趣意書 

この教団は如来という唯一の大御親を信じ、
その慈悲と智恵との心的光明を獲得し、
精神的に現世を通じて永遠の光明に入るの教団なり。


その大御親とは宇宙唯一の霊体にて、心霊界の大日輪なり。

明治天皇の

『朝な夕な御親の神に祈るなり我が国民を守り給えと』
『目に見えぬ神のこころに通うこそ人の心の誠なりけれ』

との御製は、畏くもそのご消息と拝し奉らる。
また孔子が天道と呼び給いし、同じく唯一の大御親の別号に外ならずと信ず。

凡そ一切の人類はその大御親の分子たる仏性は具すれども、
大御親の慈悲と智恵との光明によらざれば、霊性を顕彰すること能わず。


この永遠不滅の霊活なる大御親の実在と、
その真理なることを実証し給う教祖釈迦牟尼仏は、
ことに明かにその大光明に接触するの道というべき八万四千の法を説き給えり。
この大光明を八万の方面にわたりて教え給いしは、
あたかも太陽の光は一なれども照らさるるものは無量なるがごとし。

されば吾人が仏陀の教えに信頼して信念功をなす時は、
必ず霊的光明に感触して、無明の夜あけて光明界中の人となりぬべし。
しかしてこの光明中の人となれば、
おのづから大御親の聖寵により清き心のみ子となるがゆえに、
相互に真実親愛の情をもってあい待するに至るべし。
人たるもの、この天地間に生を受け万物の霊長たり、
此光明を獲得せずして可ならんや。


かつて聞けり、世の進化の順序はたとえば人の道を歩行するに両脚の互いに運びて進むがごとしと。
人の精神の働きを内外両面に分てば、教育、政治等のすべて外部に向って働くべき方面と、
また宗教、家庭、道徳等の内部に向ってつとむべき方面とあり。

顧うに今やわが国民は外部の文明は長足の進歩をもって発達し、今日の隆盛を見るに至れり。
これよりは宗教および道徳等の方面において大いに進むべき時期到来せり。
長らく眠りおりし国民の内的霊性が、覚醒せざるべからざる暁は近けり。


宗教は人類の内的生活を高尚にし、また正善にし、
かつ幸福を感ぜしむるものなり。


ここにおいて吾人は時期相応の信仰的団体を結び、ともに教理を研究し、
また信念を修養して、互にあい提携し真理の大御親の聖意にかなう清き同胞として、
光明に裡に生活し、
現在を通じて精神的に永遠の浄界に進行するを目的とせん。


願わくはわが敬愛なる清き同胞衆生よ、吾人は相互に弟たり、兄たり、
ともにたずさえて大御親の光明の大道を進まんことを望むものなり。

ここに教団を結びその目的を達せんと欲する所以なり。

  首唱者 仏陀禅那 弁栄 

※ 参考文献:田中木叉著『日本の光(弁栄上人伝)』


1914年(大正3年)、56歳時、弁栄聖者の「光明会」創設の宣言文。

ちなみに、来年、2014年は、
聖者が、光明主義が世に理解されると言われた
ちょうど、100年後

これ以前、明治36年には、千葉松戸に「心光教会」を創設しています。

時代的にも、弁栄聖者とキリスト教との関係は、今後の重要テーマかと思われます。
ちなみに、聖者は、あの新島襄に会われています。

さて、『光明会趣意書』ですが、

私が最も関心を惹かれる点は、
この文中には、「阿弥陀仏」なる言葉がなく、
「大御親(おおみおや)」という表現になっている点です。

「弁栄教学」を学んでいきますと、
「大ミオヤ」なる言葉の含蓄の甚深さに驚かされます。

伝統的な「阿弥陀仏」の概念を遥かに超え、
そればかりか、宗派宗教の神仏観さえ超えている
ようにさえ思われます。


弁栄聖者が三昧直観された「大ミオヤ」の真相を、

「仏身論」においては、

「大ミオヤ」「超在一神的汎神」として捉えられ、
諸仏諸菩薩の一仏ではなく、
諸仏諸菩薩をそれらたらしめる
無始無終の三身即一の根本仏と捉えておられます。

「法身、報身、応身の三身」が、「即一」、かつ、「本有無作」、「無始無終」、と。

また、「大ミオヤ」における現世からの救済を説かれるとともに、
道徳を成立せしめる、霊的人格ともいうべき「霊格の形成」という積極的側面、
更には、「智慧の開発、展開」も、説かれています。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

RSSリンクの表示
検索フォーム
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスカウンター
プロフィール

syou_en

Author:syou_en
山崎弁栄(べんねい)聖者(1859~1920)に出遇って初めて、各宗派宗教で説かれている教義、宗教体験が、腑に落ちました。

比較宗教、比較思想に一貫して関心を持ち続けています。

宗教には関心はあるけど、特定の宗派に凝ることには躊躇する。
そういう方も結構いらっしゃるかと思います。

そのような方は是非、弁栄聖者にふれてみてください。


(注)ツイッター(@syou_en)もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR