FC2ブログ

2013-08-24

「活きた本尊様をこころのなかにおむかえしなければなりません。」(田中木叉著『日本の光(弁栄上人伝)』)

このブログの記事を書くにあたり、
記憶の確認のために、
田中木叉著『日本の光(弁栄上人伝)』を読み返すことが度重なるにつれ、

木叉上人がお書きになられた弁栄聖者のこの御伝記が、
「弁栄聖者の人となり」「光明主義の法門」を知るための「必読書」であり、
この書が、これらの観点からも、極めて「秀逸な書」であることを、度々痛感しています。

今回の記事は、
誰でも一度は疑問に思われたことがあろうかと思われることの弁栄聖者のご解答です。


本尊さま

一婦人が「念仏申していますけれども、心が変わりませぬで困っております」
と訴うるのをきかれて、

上人「それでは本尊さんはもっていますか」。

信者「ハイ、先年少々お金を奮発して立派な本尊様も、仏壇も買い入れまして」。

上人「そんな本尊さんを本尊さんと思ってるから、ご利益がないのです。
   活きた本尊様をこころのなかにおむかえしなければなりません。」

懇々と念仏三昧の法をおさとしになった。
その後に会ったときはその婦人お蔭さまでかくかくと喜び謝するので、

上人「昨日まで鬼の住みにし胸殿も今日は弥陀尊の御堂とぞなる」。


弁栄聖者には、かくの如く、一面、「迷信を厳しく排された」ところがありました。


「教主(おしえぬし)世尊が六根常に清らかに
光顔(みかお)永(とこ)しなえに麗わしく在(いま)ししは
内霊応(うちれいおう)に充(みち)給いければなり」

(弁栄聖者作『如来光明礼拝儀』の一部)

弁栄聖者が、ご遷化まで一貫されたご信仰の真髄は、
聖者が真相直観されました「釈尊の内実」であった、この

「霊応身」のご勧請

であったと、

弁栄聖者を長年学ぶにつれ、この確信は、益々深まっています。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

RSSリンクの表示
検索フォーム
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスカウンター
プロフィール

syou_en

Author:syou_en
山崎弁栄(べんねい)聖者(1859~1920)に出遇って初めて、各宗派宗教で説かれている教義、宗教体験が、腑に落ちました。

比較宗教、比較思想に一貫して関心を持ち続けています。

宗教には関心はあるけど、特定の宗派に凝ることには躊躇する。
そういう方も結構いらっしゃるかと思います。

そのような方は是非、弁栄聖者にふれてみてください。


(注)ツイッター(@syou_en)もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR