FC2ブログ

2013-06-29

「冥機冥応・冥機顕応・顕機顕応・顕機冥応(天台大師)」と「すべてを大ミオヤに御任せ申上げて 常に大ミオヤを念じ・・・(弁栄聖者の大谷仙界上人への御慈悲のたより)」

「光明会の人で、中途でやめる人が大勢居る。
それは、見仏三昧の得られない人が、だまされたように思い、
なかなか薬の広告のようには行かん、というのでやめるらしい。」
(冨川茂筆記『田中木叉上人御法話聴書』)


信仰上の深まり、霊性上のお育ては、人それぞれで、
しかも、特に初歩のうちは、
科学や一般的な学習成果等のように、因果関係が分かりにくいことが、
大きな要因かと思われます。

「冥機冥応・冥機顕応・顕機顕応・顕機冥応」

とは、天台大師の言葉として知られています。

「冥機冥応」の状態期を、
いかに「信」を失わずに乗り切れるか

が、信仰に入ったものの大きな課題かと思われます。

弁栄聖者御在世中には、
出家、在家を問わず、深いお悟りを得た方が多かったようです。

もちろん、聖者の出現とともに、
機根の良かった方が多くお生まれになったこともあろうかと思いますが、

弁栄聖者に直に見えたことが決定的に大きかったかと思われます。

「疑い」という障礙を乗り越えるためには、
「理想(モデル)」とすべき「生きたその体現者との出会い」が、
決定的な契機となるように思われます。


もちろん、「冥機冥応」とはいえ、
本人は気づかないまでも、如来との「感応道交」はあるので、
何らかの変化は起きているものです。

したがって、弁栄聖者の大谷仙界上人への御慈悲のたより

「すべてを大ミオヤに御任せ申上げて
常に大ミオヤを念じ
大ミオヤはいつも離れずあなたの真正面に在まして
慈悲の面をむけて母の子をおもふごとくまします・・・」


の信念をいだき、
大ミオヤ様を念じ(縁じ)続けることができるかが、
アルファでありオメガであるように思われます。

「見仏三昧」とは、「顕機顕応」で、
そこまでお育てを蒙れば、もはや疑いは晴れますが、
そこまで至らなくても、
お育てを感じられることはあり、
その点を実感することも、信仰上、重要かと思われます。

「感覚・知・情・意」と「縁」に変化が起こってくるようです。

弁栄聖者は、「現世利益」を強調なさいませんでしたが、
そのことは、それらを否定したわけでは勿論なく、
あくまでも、念仏の究極目的を「霊格の形成」に置かれていたゆえ。

その宗教が「現世利益」をどう捉えているかは、
とても重要な観点かと思います。

弁栄聖者の直弟子の中で、「現世利益」を強調された方は、
田中木叉上人であったように思います。

木叉上人は、如来の光明による霊化の働きを、実生活と結び付けて説かれました。

「如来の光明は、
「心、体、運命(縁)、魂、霊性」に働き、霊化する」
と。

木叉上人がここで、
如来の光明の「体」への霊化について触れていることは大変興味深い点で、
弁栄聖者は、十二光の「清浄光」
(『弁栄聖者光明体系 炎王光・清浄光・歓喜光・智慧光・不断光』)に、
詳述されています。

「現世利益」について、田中木叉上人は、

「如来様の護念は、本当にあるのですよ。」

と実感を込めて説かれています。

如来光明による「転重軽受」も説かれました。

ここで留意すべき点は、
「転重軽受」は、私たちが気が付かない内にも起こっているかもしれないという点です。

ただし、宗教によって、災難、病気などが全てなくなるのはない、
と念を押されてもいます。 

「わざわいをのがしたまへと祈らざれ たゆる力ぞあらまほしけれ」

と弁栄聖者は詠われていますが、この心がけも大切だと思います。

お念仏をしていると「ふと気が付く」ことがあり、
それにより、災難から助かることがあるとは、
田中木叉上人の御指摘です。

私たちの生活は、意識するか否かに関わらず、「縁」とその「選択」の連続であり、

その「縁」と「選択」に、
如来様の「護念」が働いていることがある
ように思われます。

また、如来様の「護念」の働きを考える場合、

明らかな奇蹟的偶然によって、災難から救われた場合などは、
「神の御加護」を感じる方は多いかと思いますが、

自分が知らない時、場所で、
災いから逃れていることがあるかもしれない、と思われる点です。

「すやすやと眠る幼子。
その布団をかけ直す親心。」


私は気付いていなくとも、
そんな如来様の「護念」が、きっとあるに違いない。

ふと、そんなことを感じ、思わず合掌したくなる時が、あります。

「見仏三昧」は、「霊格形成」に不可欠ですが、
それが(なかなか)得られないからといって、
「念仏」から離れてしまうことは、あまりにもったいないように思われます。

「神力演大光 普照無際土 消除三垢冥 広済衆厄難」(『無量寿経』)

「斯の光に遭うものは、三垢消滅し身意柔軟に、歓喜踊躍して善心生ぜん。」
(『無量寿経』)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

RSSリンクの表示
検索フォーム
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
アクセスカウンター
プロフィール

syou_en

Author:syou_en
山崎弁栄(べんねい)聖者(1859~1920)に出遇って初めて、各宗派宗教で説かれている教義、宗教体験が、腑に落ちました。

比較宗教、比較思想に一貫して関心を持ち続けています。

宗教には関心はあるけど、特定の宗派に凝ることには躊躇する。
そういう方も結構いらっしゃるかと思います。

そのような方は是非、弁栄聖者にふれてみてください。


(注)ツイッター(@syou_en)もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR