FC2ブログ

2013-06-09

「無辺光に法身の四大智慧と報身の智慧との両方面あり。法身の四智は天則秩序の理性として自然の一切万法に徧く互れる理性である。四大智慧は一大観念態と一大理性と一切認識の本源と一切感覚の本源とである。」(『弁栄聖者光明体系 無辺光』)

 『弁栄聖者光明体系 無辺光』は、
田中木叉上人ご編纂の聖者の御遺稿集の中でも、難解の書ですが、
弁栄聖者の宗教哲学、思想に関心のある方は勿論、
大宇宙、自然現象、人間に関心のある方には、
是非、この書を読んでいただきたいと思います。

数学者の岡潔博士は、

「大自然(自然界と心霊界の両面)の謎を解く鍵は、
この『無辺光』をおいて他に知らない。」


と、この『無辺光』を非常に高く評価しています。

「岡潔の思想」に関心のある方には、必読書で、
この『無辺光』の本質を理解できなければ、
「岡潔の思想」の本質的な核が理解できていないことになる

といった類の書でもあります。

前置きは、このくらいにしまして、本題に入ります。

弁栄聖者は、「無辺光(四大智慧)」を、

「個人の心理の観念と理性と認識と感覚の四分類に例すべきもの」とし、

「この四智が万物に内存して自然界の主観客観の本源となる。
また万有を生成する統一摂理の本源と為る。
また因縁相成し陰陽交感の造化の妙用の本源と為る。
また感覚作用たる客観の色声香味触の相と為る。
此の四智が自然界の一切の万象の根元と為る。」

と、科学の「不問の前提」となっている根本原理を説明され、

「また一切衆生の知覚も運動も悉く如来四智の万物内存からして、
吾人の感覚等と為り乃至一切の心の作用の相象を現はせるものである。
法身の四大智が万物に存在しておるから
人類の精神作用も其れが分に応じて顕現した
のである。」

と、人間における感覚精神作用の根元を説明されています。

これらの自然現象は、

「悉くこの法身の四大智の分類現象である」と。

「更に進みて如来の自境界なる仏智の光明界に帰趣させん為には
報身仏の四大智慧の光明を以て衆生の四智を開発させて、
如来の自境界の中に摂めて一切の真理を覚らしむ。」と。


「科学と宗教とは、矛盾する」

とは、一般に流布されている誤解

矛盾ではなく、対象が異なるだけです。

科学は、如来(大ミオヤ)の一面である「法身」四大智慧の一部を対象とし、
宗教は、如来(大ミオヤ)の一面である「報身」四大智慧に依る衆生四智の開発

「光明主義は一切の宗教、一切の学問を包むと同時に、
これらを超越した真実の宗教である。」(笹本戒浄上人)


と言明する所以で、これは、

「光明主義が、弁栄聖者の三身四智の仏眼に依るご境涯からの御教えゆえ」


教学上の説明は、なかなか難解かと思われますが、
この如来無辺光、四大智慧(大円鏡智、平等性智、妙観察智、成所作智)を、
弁栄聖者は、「如来光明讃の頌」に詠われています。

「無辺光(相大)

絶対観より主観為し 個体は衆生の阿頼耶なり
十方三世の色心は  如来の鏡智に炳現す

一大理系の枝葉なる   個人の自治を末那となす
如来は全てを自我として 平等性智にて統る

体用相即相入の   識智は一即一切の
重々無尽の交渉に  知見を与うは妙智なり

五識五塵は業識の  衆生の所感は異なれど
仏慧の勝妙五塵をば 成所作智の作用なり」



これまで何回かに渡り、主に、弁栄聖者の如来四大智慧の発露
特に如来「大円鏡智」に依る奇蹟の逸話をご紹介してきましたが、
ふと、こんなことを思い付きました。

昔から云い伝えられてきて、現代人にはお伽噺としてしか思われない
「閻魔大王」とは、如来「大円鏡智」の一面を象徴的に捉えている、
と考えると理解できるように思われます。

弁栄聖者が解かれた『無辺光』には、

宗教、哲学は言うに及ばず、
自然科学、医学、心理学、教育などなど・・・
「学問的な発見の種」が種々播かれているように思われます。

参考文献:『光明主義玄義(ワイド増訂版) 仏陀禅那弁栄聖者著』光明会本部聖堂発行
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

RSSリンクの表示
検索フォーム
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
アクセスカウンター
プロフィール

syou_en

Author:syou_en
山崎弁栄(べんねい)聖者(1859~1920)に出遇って初めて、各宗派宗教で説かれている教義、宗教体験が、腑に落ちました。

比較宗教、比較思想に一貫して関心を持ち続けています。

宗教には関心はあるけど、特定の宗派に凝ることには躊躇する。
そういう方も結構いらっしゃるかと思います。

そのような方は是非、弁栄聖者にふれてみてください。


(注)ツイッター(@syou_en)もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR