FC2ブログ

2013-04-28

「十方三世の色心(しきしん)は 如来の鏡智に炳現(へいげん)す」(弁栄聖者「大円鏡智」)

阪神淡路大震災の教訓が生かされ、
東日本大震災直後から、「こころのケア」に早くから取り組まれたようです。

しかし、特に、今回のように津波で多くの方がなくなった場合、
その事態に遭遇している時間も長く、行方不明者も多く、
遺された者のダメージは、更に深刻度を増すように思われます。

今回の震災においては、
「臨床宗教師」の働きが注目されていると聞いたことがありますが、
東北の地域性(例えば、「柳田国男の民俗学」)の他に、
今回の震災の深刻さを物語っているようにも思われます。

「あの世」の話しは、
心理学の領分を超えてしまうからですが、
今回の震災は、特に、現代人の盲点、思想上の弱点でもある、
この「死生観」を、鋭く突き付けてくるように思われます。

今だに幽霊が彷徨っている被災地があるという話を聞いたことがあります。

震災後、早くから、この点に警鐘を鳴らし続けて来た一人が、
評論家の若松英輔氏で、
彼の「死者論」が、今注目されています。

また、今回の震災においては、
「傾聴」が注目されていると聞きます。

示唆に富む現象としては、
真に「傾聴」される経験をして、
初めて涙を流して悲しめ、
幾分癒される経験をすることができた
、というのです。

私たちができうることは、「傾聴」がせいぜい精一杯ではないでしょうか。

そんな折り、ふと、弁栄聖者のエピソードを思い出しました。
確か、杉田善孝上人の御法話であったかと思います。

生前、善人ではありましたが、
念仏はしなかった母親を亡くされたある信者。

母親の死後のことが気になって仕方がなかった、
そんなある日の夢に、母親が出てきたので、

「極楽へ往けましたか?」と尋ねると、

仏様のお導きによって、
極楽ではなく、天の国に生まれさせていただくことができた。
ところが、そこには、如来様がいらっしゃらないと、
寂しそうに答えられたそうです。

この夢の真相を確かめるべく、弁栄聖者にお尋ねすると、

聖者は、ちょっとしばらく、「じっーと考えているご様子」であったが、

「お母さんは、天の国に生まれさせていただくことができた。
しかし、その夢に現われたのはお母さん本人ではなく、
あなたがあまりに心配しているので、
如来様が(お母さんの姿をもって)お会い下ったのでしょう。」と。

この点に関して、
杉田善孝上人は、弁栄聖者が「大円鏡智」によってご覧になった、と。

夢を素朴に信じている方ならば、
「あなたが心配していたから、
お母さんが夢に出てきてくれたのでしょう」と言われるか、

また、精神分析学の知識が多少ある方なら、
「夢に出てきたお母さんは、
あなた自身の無意識の象徴です」
と解釈されるかもしれません。

ところが、弁栄聖者は、そのどちらでもありませんでした。

ここで、興味深いのは、

「善人」であったが、「念仏していなかった」母親が、
死後に生まれたのが、「天の国」であって、「極楽浄土」ではなかった点と、

聖者が、「ちょっとしばらく、じっーと考えているご様子であった」という点です。

前者については、この点も極めて重要なことと思われますので、
後日、記事にしたいと思います。

「念仏」とは、「仏を念(縁)じること」で、
ここでいう、「仏」とは、「絶対者」の云いで、
一般には「神」と言い表されている含意も含んでいると思います。
この点だけを、今は、強調しておきたいと思います。

後者については、
数学者の岡潔博士は、ご自身の数学の研究上から、
弁栄聖者のある言葉に注目していました。

「心的内容の次第に明瞭に現るるが注意なり。」(辨栄上人)

「注意」とは、「意を注ぐ」の意

「数学者 岡潔文庫」にあります、
「岡潔先生遺稿集」第7集の「岡先生の言葉 西野利雄」6/10に記されています。

この言葉と同様、極めて重要な言葉として、
以前記事にしました
笹本戒浄上人の懇切丁寧で、とても有り難く貴重なご指南を再掲します。

「仏の完全な大円鏡智は、特別に意志を働かさなくても、
肉眼といつも同一時に活動している。
認識的一切智を実現していられる仏は
大円鏡智で宇宙の一切を任運自在に感じていられる。

ただし、「宇宙の一切のこと」と申しても、それは、

成仏の中心道を直進する上で核心となり急所となるもの、
自行化他の道において尊く価値のあるもの、
一切の衆生を中心道に導く対機説法で有効適切なもの、
お互いの心を明るく清く楽しく豊かにするもの。

もしも、そのような意義深いもの以外のものまでも朗々と感じているのであれば、
それは、真実の仏の円満な認識的一切智ではない」
と。
( 『笹本戒浄上人伝』)

弁栄聖者の御遺稿集の内でも、難解として知られる『無辺光』ですが、

聖者にとっては、
それは、難解な仏教哲学や仏教思想ではなく、生きた智慧の働きでした。

「一大観念には、過去も未来も現在の観念の内面に存在して、
外観は常恒に現在のみなり。
内面より発現するが故に三世を当念に収む。
常然現在の同時態なり。
但に同時態のみにあらず、意識感覚的形式を脱して直観なり。」

(「大円鏡智」『弁栄聖者光明体系 無辺光』)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

RSSリンクの表示
検索フォーム
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスカウンター
プロフィール

syou_en

Author:syou_en
山崎弁栄(べんねい)聖者(1859~1920)に出遇って初めて、各宗派宗教で説かれている教義、宗教体験が、腑に落ちました。

比較宗教、比較思想に一貫して関心を持ち続けています。

宗教には関心はあるけど、特定の宗派に凝ることには躊躇する。
そういう方も結構いらっしゃるかと思います。

そのような方は是非、弁栄聖者にふれてみてください。


(注)ツイッター(@syou_en)もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR