FC2ブログ

2013-03-23

「仏とは自覚ある大常識者である。(弁栄聖者)」(田中木叉著『日本の光(弁栄上人伝)』)

弁栄聖者の伝記といえば、
聖者の高弟のお一人田中木叉上人の『日本の光(弁栄上人伝)』が、名著として知られ、
数学者の岡潔博士も生前、推奨してやみませんでした。

遠く釈尊、日本では根強い弘法大師空海などは、
伝説的要素が強く、史実との判別が困難であり、
また、『高僧伝』も同様であり、
禅者で高僧と言われる方には、超俗的な印象が強く、
「常識」とかけ離れているようにも思われます。

「仏とは自覚ある大常識者である。」

『日本に光(弁栄上人伝)』に記されている弁栄聖者の言葉です。

弁栄聖者を学んでいて、ありがたいと思われることの一つは、

「仏(応身仏)」の実像が、具体的にイメージし易くなる点です。

「仏(応身仏)」を考える場合、
「人格、霊格(慈悲)」と「認識力(智慧)」の両面から捉えると、
認識のブレが少なくなる
ように思われます。

以前、弁栄聖者のこの言葉を巡って、
「観念的一切智と認識的一切智」の記事にしましたが、

今回は、聖者の別の逸話について。

弁栄聖者ご在世中、
聖者の身近にいた者が、聖者のお金を勝手に使い込んでしまう
という事態が起こりました。

ちなみに、聖者はご自身を「一労働者」と自己規定され、
お寺の再興、現在の大正大学、光明学園のための設立資金を、
布教活動等による清財を充てられていました。

聖者は、お金を不浄とは捉えず、
「(お金に使われずに)頓着せずに、お金を使うことが大切である」
と語られたそうです。

また、ついでながら、いつか記事にしたいと思っているのですが、
弁栄聖者には、定住の地、寺といった処はありませんでした。
最晩年に神奈川の時宗当麻山無量光寺の住職になりましたが、
実情は、日本各地への布教の日々でした。

釈尊、イエスを彷彿とさせる所以でもあります。

話しを元に戻します。

当時、聖者が貯められたかなりのお金を使い込んでしまった者が、
なかなか非を認めようとしなかったので、

弁栄聖者は、「その者を、警察に訴えるように。」

と指示を出されたそうです。

聖者の信者達が、「聖者としてはあまりにも無慈悲である」と感じながらも、
その旨をその者に伝えると、
その者は涙を流して、反省の意を表したので、
かわいそうに思い、聖者の指示に反して、許してしまったそうです。

しばらくして、その者は、また同じ罪を続けたそうです。

後日、弁栄聖者は、

「その者が、その時、涙を流して反省の意を表わしたのは、嘘ではないであろう。
しかし、意志弱く、また、同じ罪を犯してしまう。
自分の力では矯正できない者のために(本人に代わって)、
監獄があるのである。」

との聖者の透徹した「大常識」の一喝を受け、
信者達は、深く納得し、反省されたそうです。

この逸話に関して、もう一つ示唆に富む逸話があります。

弁栄聖者の高弟のお一人笹本戒浄上人に関するものです。

聖者同様に自分の財産を使い込まれた(盗まれた)その信者は、
その者を「警察に訴える」と、戒浄上人に相談したところ、

予期に反し、戒浄上人は、「お止めない」と制止されたそうです。

弁栄聖者のこの逸話をご存じであったその者は、
大変承服し難い面もちで、笹本戒浄上人に、

「弁栄上人も、警察に訴えたではないですか」と。

それに対し、戒浄上人は、一言

「弁栄上人とあなたとでは、格が違います」と。

大変示唆に富む逸話として、長く記憶に残っています。

蛇足で恐縮ですが、
もちろん、戒浄上人は、この信者を貶しているのではありません。

聖者の行為は一見無慈悲とみえながらも、「大慈悲の発露」
それに反し、この信者(一般に私達)の行為は
聖者と表面的には似ていながらも、その発露は、「私憤」から

笹本戒浄上人は、
生前、ご自身を弟子をとれる器ではないと、思われていたそうです。
もちろん、弁栄聖者の力量に接しておられたからであり、
人の教育、指導には、
「大慈悲と大智慧」、「緩急の自在さ」が求められるからだと推察されます。

戒浄上人は、衆生済度に不可欠な要素として、

「大円鏡智」と「妙観察智」が開けていること、と。


「大円鏡智」と「妙観察智」の詳細に関しては、
『弁栄聖者光明体系 無辺光』をご覧ください。

「大円鏡智」とは、「三世を当念に収める智慧」であり、
「妙観察智」とは、「方便智を生ぜしめる根源的察智力」でもあります。

こんな「智慧」が本当にあるのか、あるいは、本当に身に付くものなのであろうか、
と疑義をいだかれる方もいらっしゃるかと思いますが、

これが弁栄聖者ご出世のありがたさなのですが、
特に、田中木叉著『日本の光(弁栄上人伝)』の伝記は、
慎重過ぎるくらいに、史実に忠実に基づいて収集されているようです。


弁栄聖者のこの逸話に関して、

「弁栄上人ともあろう方が、
どうして、身近に居るものの不正を見抜けなかったのか」

とのある信者の疑義に対し、聖者は、

「私はいつも聖らかな世界に関心があるので。」

という趣旨を語られたそうです。

ふと、思い出しましたので、付記します。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

RSSリンクの表示
検索フォーム
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
アクセスカウンター
プロフィール

syou_en

Author:syou_en
山崎弁栄(べんねい)聖者(1859~1920)に出遇って初めて、各宗派宗教で説かれている教義、宗教体験が、腑に落ちました。

比較宗教、比較思想に一貫して関心を持ち続けています。

宗教には関心はあるけど、特定の宗派に凝ることには躊躇する。
そういう方も結構いらっしゃるかと思います。

そのような方は是非、弁栄聖者にふれてみてください。


(注)ツイッター(@syou_en)もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR