FC2ブログ

2012-07-19

「仏教徒が、その瞑想的ヴィジョンにおいて、キリストやマドンナをみないのはなぜだろう、とカッバーラー学の権威ゲルショム・ショーレムが問うている。」(井筒俊彦著『意識と本質』)

この問いは、大変興味深く、また大変示唆にも富む。

続けて、

「そういえば、逆に、キリスト教徒の瞑想意識の中に、
真言マンダラの諸尊、如来や菩薩の姿が
絶えて現れてくることがないのはなぜだろう、
と問うこともできよう。」

「・・・このような強い「文化的枠組」の制約を受けていることが、
「元型」的「本質」の一つの大きな特徴なのであって、
・・・この意味では、全人類に共通する普遍性をもった「元型」
というようなものは存在しない。
・・・深層意識に生起する「元型」そのものが、
文化ごとに違うのである。」


井筒俊彦著『意識と本質』のこの指摘は、実に、鋭く的確です。

弁栄聖者は、三昧定中に顕現される心霊的差別現象である霊相を、
「主観的客体である」と明言されています。

井筒俊彦氏の指摘する「元型」及び「元型的本質」と驚くほど対応しています。

ユングのいう「元型」、「元型的イメージ」を、
弁栄聖者が詳述されている「成所作智」(弁栄聖者光明体系『無辺光』
の働きと関連付けて考えてきました。


「報身の「報」は「答」と弁栄聖者のみ教えです。」
冨川茂筆記『田中木叉上人御法話聴書』


衆生の信念に応答し、報いる身
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: No title

笹本上人の御教えには、
笹本上人を信じるか信じないかといった内容が時々あるように思います。

この箇所も、そのような箇所かと思い、
極めて重要な箇所ながら、記事にするのをためらっていました。

コメントありがとうございました。

No title

「生物進化の結果、私共人間の姿も如来様の御姿に似てまいりました」と笹本上人は別時念仏の際にいっておられる。(中略)
笹本上人は『乳房のひととせ』の「人間の身体は大み親の霊体に似て居るから、人体を美の極みだと美術家は歎美する」の所を示して、「これは如来様の事実です」とご教示下さった。(「光明主義注解」p654)

Re: No title

ラーマクリシュナのご指南、大変驚きました。

素晴らしいコメント、ありがとうございました。


No title

(1)
「どんな(神の)姿を考えたらいいのかと言えば、自分の一番好きな姿を想って瞑想すればいいんだよ。けれども、どれも皆、一つのものだということを、よーっく心得ておけ。

神のどんな姿に対しても、妬んだり憎んだりしてはいけないよ。シヴァ、カーリー、ハリ、みんな一つの神がいろいろな姿をなさっているのだぞ。一つを悟ったものこそ幸いだ。」(「不滅の言葉」第一巻p407~408)

(2)
「お前の好きな、神の何らかの形、または何らかのムードに固執せよ!
それによって初めて。堅固な信仰は得られるのだ。『彼は霊性のムード(バーヴァ)によってのみ悟ることができる。それを持っていない者が、どうして彼を悟ることができようか』霊性のムードは必要である。霊性のムードを養い、それから彼に呼びかけよ。

『そのムードに応じて、人は得る。根源にあるのは信仰。愛が芽生えるのはムードを通じてである』霊性のムードはどうあっても必要だ。信仰もそうだ。堅忍不抜であれ。それで初めて成功するのだ。

霊性のムードとはどういうものか知っているか?
神との間に一つの関係を確立し、それを常にーー食べるときにも、飲むときにも、坐っていても、眠っていてもーー目の前にはっきりとさせておくことだ」(「ラーマクリシュナの生涯」上巻p467~468)

インドでは、次のような信仰態度が説かれている。
(1)シャーンタ(穏やかな態度)(2)ダーッシャ(神の召使いの態度)(3)サッキャ(神の友)(4)ヴァーッツァリア(神の父か母)(5)マドゥラ(神の妻か恋人)をパンチャ・バーヴァ(五つの信仰態度)という。これにアパッテャ(神の息子か娘の態度)を加えても良い。

ミオヤ様というもの、親と子の信仰態度であり、霊的ムードのあり方といえる。
RSSリンクの表示
検索フォーム
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
アクセスカウンター
プロフィール

syou_en

Author:syou_en
山崎弁栄(べんねい)聖者(1859~1920)に出遇って初めて、各宗派宗教で説かれている教義、宗教体験が、腑に落ちました。

比較宗教、比較思想に一貫して関心を持ち続けています。

宗教には関心はあるけど、特定の宗派に凝ることには躊躇する。
そういう方も結構いらっしゃるかと思います。

そのような方は是非、弁栄聖者にふれてみてください。


(注)ツイッター(@syou_en)もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR