FC2ブログ

2012-07-14

「好人好日」~山田洋次監督が選んだ日本の名作100本~喜劇編~

風変わりな数学者と娘、妻との愛情を描いた人情喜劇。

1961年(昭和36年)作、渋谷実監督の映画。

モデルは、明らかに、数学者の岡潔博士かと思われます。

以前からみたいと思っていたところ、
先日、NHKのBSプレミアムで放送したものをみました。


2~3年前に、50年ほど前にベストセラーになったといわれる

評論家小林秀雄氏と岡潔博士との対談『人間の建設』

が再版され、最近もベストセラーになっているようで、
大変嬉しく思っています。

小林秀雄氏は、岡潔博士に対し、

「岡さんは、天才です。脱俗の人です。」

と、晩年まで、敬愛の情を込めて、しみじみと語られていたそうです。

ちなみに、
小林秀雄氏が亡くなられたのは、
奇しくも、岡潔博士が亡くなられた五年後の同日、3月1日。

現在、弁栄聖者に関心を寄せている方で、
岡潔博士に恩を感じている方が多いのではないかと思われます。

岡潔博士に光明主義の手ほどきをされた方は、
田中木叉上人であったとのことです。

岡潔博士の名言といえば、

「数学における情緒の大切さ」

を説いた言葉と、

文化勲章の受賞の際、天皇陛下に答えられたという

「数学とは生命の燃焼である」

との言葉かと思われますが、

実は、田中木叉上人の

「信仰とは生命の燃焼である」

との言葉が、基になっていると、木叉上人の岡潔博士への影響を、
岡潔研究者の高瀬正仁氏が指摘されています。
(参考文献 高瀬正仁著『評伝 岡潔-花の章-』


ところで、「好人好日」で描かれた岡潔モデルの数学者を演じる笠智衆が、
またいい味を出されています。

岡潔博士といえば、俗に言われる「天才」を地で生きた方。

何の分野であれ「天才」と言われる方には、
俗世間とずれている方が多いと思われますが、

念仏による「霊格形成」を説かれた弁栄聖者は、
宗教的天才であり、「脱俗の方」でありましたが、
世間の常識、人情にも精通されておられていたようです。

田中木叉上人の奥様と聖者が、
買い物での値段の比較を話されていて、
感心したと木叉上人が語れています。

私は岡潔博士の「非常識的行動」に関しては、
天才にありがちなものと捉えていますが、
こと光明主義の先達として考えた場合、
その点に関し、戸惑うことが正直ありました。

この点に関し、示唆を与えられたのは、

一昨年前に、力作『井筒俊彦 叡智の哲学』を書かれた若松英輔氏でした。

若松氏とは、『井筒俊彦 叡智の哲学』の最終章「第十章 叡智の哲学」において、

「井筒俊彦氏と弁栄聖者の際立った高次の一致点」

を指摘された稀有な評論家です。

若松氏は、『神秘の夜の旅』の「聖者論ー越知保夫と小林秀雄ー」において、

「聖者とは、単に礼節を守った人間ではない。
世界が聖なる実在であることを表現した人間の謂である。
「聖者」は「聖人」と同義ではない。
「聖人」のなかにも「聖者」は少なくないだろう。
しかし、「聖者」は「聖人」に定められた宗教的枠組みを突破しつつ出現する。」


と、極めて重要な指摘をしています。

したがって、若松英輔氏は、

ランボオ、リルケ、ドストエフスキー、ゴッホ、小林秀雄など

を「聖者」に位置付けています。

共通するのは、常識的生活者からは逸脱した方々ばかりです。

この中では、小林氏は常識的生活者の範疇に属するほうですが、
何処か憑かれた方であったことは確かかと思われます。

若松氏の定義にしたがいますと、
岡潔博士は、「聖者」に属する方と位置付けられ、
何か、とても腑に落ちました。

若松英輔氏の言われる「聖者」とは、
私には、「真の詩人」であるように思われます。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

RSSリンクの表示
検索フォーム
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
アクセスカウンター
プロフィール

syou_en

Author:syou_en
山崎弁栄(べんねい)聖者(1859~1920)に出遇って初めて、各宗派宗教で説かれている教義、宗教体験が、腑に落ちました。

比較宗教、比較思想に一貫して関心を持ち続けています。

宗教には関心はあるけど、特定の宗派に凝ることには躊躇する。
そういう方も結構いらっしゃるかと思います。

そのような方は是非、弁栄聖者にふれてみてください。


(注)ツイッター(@syou_en)もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR