2012-06-30

「よく仏道修行を山登りに譬えて「どの道から登っても同じ頂上に行ける」と申しますが、この譬えは正しくありませんナ。・・・」(『笹本戒浄上人全集下巻』)

「・・・世界の有名な高山の中に
途中の八、九合目までは道がいくつかありますが、
そこから頂上までは唯一つしか登る道がない、
というのがありますナ。
あれが正しい譬えであります。」 (『笹本戒浄上人全集下巻』)


一般に人が、宗派宗教に関わることを避ける傾向にあるのは、
一つには、宗派宗教の「排他性」、
つまり、自分の信じる宗教こそが正しく、最高のものである
との確信に基づく押し付け(と感じられること)によるものと思われます。

宗派宗教に関心のあるためでしょうか、
以前は宗派によらず、誘われるとお話しを聞きに行ったものでした。

もちろん、私なりに、書物での勉強もしていました。

ところが、やはり、疑問点が解消されない点が多いのです。


何かある事象があった場合に、その事象を説明出来る原理が、
その宗教の創始者の体験、あるいは、教義上にないと、
私にはその宗教を信じきることができません。


私の限られた経験から言っても、

宗教の究極的境地を、

「どの道から登っても同じ頂上に行ける」

とは言えないと思われます。



では、あなたの信奉している「弁栄聖者の光明主義」はどうなのか、
と聞かれれば、

今まで私が出会ってきた宗派宗教の中で、

私の疑問点が解消でき、
いまだ、完全には解消されない疑問も、
弁栄聖者を信頼し、
何処か安心して、ひとまず、括弧に入れて、
脇に置いて置くことが初めてできるようになりました。

あたたがそう確信できる理由を更に問いたい、と言われれば、

①弁栄聖者の「霊格」への揺らぐことのない信頼感、更にはその深まり。

②弁栄聖者の光明主義により、神、如来認識の深浅という観点から、
宗派宗教が矛盾無く、それぞれ位置付けられると思われる点。


が主要な点として挙げられるかと思われます。


弁栄聖者の特徴的伝道の在り方は、

「破邪無き顕正」

と言われていますが、それは、

「神、如来に対する深甚なる三昧認識あってこそ」

であり、聖者にあっては、

「ほとんどの宗派宗教が、究極へと向かう道程である」

と認識されていたからだと推察しております。
関連記事
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【「よく仏道修行を山登りに譬えて「どの道から登っても同じ頂上に行ける」と申しますが、この譬えは正しくありませんナ。・・・」(『笹本戒浄上人全集下巻』)】

「・・・世界の有名な高山の中に途中の八、九合目までは道がいくつかありますが、そこから頂上までは唯一つしか登る道がない、というのがありますナ。あれが正しい譬えであります。...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

RSSリンクの表示
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスカウンター
プロフィール

syou_en

Author:syou_en
山崎弁栄(べんねい)聖者(1859~1920)に出遇って初めて、各宗派宗教で説かれている教義、宗教体験が、腑に落ちました。

比較宗教、比較思想に一貫して関心を持ち続けています。

宗教には関心はあるけど、特定の宗派に凝ることには躊躇する。
そういう方も結構いらっしゃるかと思います。

そのような方は是非、弁栄聖者にふれてみてください。


(注)ツイッター(@syou_en)もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR