2012-06-28

「体は本覚の都に在って、化を百億に分ち、こゝに於いて一切諸仏は即ち本覚の弥陀。弥陀即一切諸仏たるの真理は自ら證(さと)らん」(『弁栄聖者光明体系 無対光』)

前回は、「有余涅槃」を中心にご紹介しました。

今回は、三身四智の仏の境涯である「無住処涅槃」をご紹介します。

「無住処涅槃とは、生死に住せず涅槃に住せず、永恒常住に、
一方には涅槃界に安住して、
また一面には生死界に分身応化して、
衆生済度の事業未だ曽て暫くも懈廃せざるなり、
故に無住処涅槃と云ふ。」(『弁栄聖者光明体系 無対光』


『仏陀禅那弁栄聖者著 光明主義玄義(ワイド増訂版)』は、
お手頃価格で手に入りますが、
光明主義のエキス中のエキスがまとめられていると思われます。

その文中に、

「私共が無余即無住処涅槃の実在解脱に帰入すると
方便法身をもって自然界に出現して
分身利物の活動をする身となる」


「方便法身は光明主義の厳密な意味では根本仏の分身として、
度すべき衆生の住する世界に出現して
表面的には衆生身として十方三世に活動する諸仏をさす」


「三身四智の仏眼を実現してから此の世を去ると、
無余即無住処涅槃の境涯がまざまざと実現する。
・・・光明主義の厳密な意味での方便法身が
無余即無住処涅槃界に於ける自己自身となる。」


以前ご紹介しました、

 「「法蔵菩薩は応身」とお説きになったのは、弁栄聖者だけである。」 
冨川茂筆記『田中木叉上人御法話聴書』


その深意は、上述のとおり。
スポンサーサイト

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【「体は本覚の都に在って、化を百億に分ち、こゝに於いて一切諸仏は即ち本覚の弥陀。弥陀即一切諸仏たるの真理は自ら證(さと)らん」(『弁栄聖者光明体系 無対光』)】

前回は、「有余涅槃」を中心にご紹介しました。今回は、三身四智の仏の境涯である「無住処涅槃」をご紹介します。「無住処涅槃とは、生死に住せず涅槃に住せず、永恒常住に、一方に...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

この度も、大変ご丁寧なコメントありがとうございます。

やはり、高度に発達した宗教においては、
そこで開顕された内容が、同一方向を指し示すように思われます。


神の化身が、どのような時に出現するかについて

(1)「バガヴァッド・ギーター」(4・6~8)には、

「わたしは生まれることなく死ぬことなく
わたしの体は常恒不変である
わたしは全ての生物の至上者(イーシュワラ)だが
どの時代にも原初(もと)の姿で出現する

宗教(ダルマ)が正しく実践されなくなった時
反宗教的な風潮が世にはびこった時
バラタ王の子孫 アルジュナよ
わたしは何時何処へでも現われる

正信正行の人々を救(たす)け
異端邪信のともがらを打ち倒し
正法(ダルマ)をふたたび世に興すために
わたしはどの時代にも降臨する」
とあります。


(2)「ラーマクリシュナの生涯」(p10、11)には、

「化身の身体と心が十分に発達するや否や、彼の人生の目的が彼に示される。そのとき彼は、自分の出生の唯一の目的は宗教を再興することだということを、(中略)悟るのである。

彼が地上に到来する時期に関して(中略)
・・・時の経過とともに永遠の普遍宗教は衰え、人々は計り知れないマーヤーの力に惑わされて、世間とその楽しみだけが重要なものだと思い込んで人生を過ごす。自己、イーシュワラ、解脱などのような永遠の真理は、妄想と闇に侵された過去の時代の、詩人たちの夢の国の想像と見なされる。しかし人々がついに、どんな大きな富も世俗の楽しみも、(中略)自分の心の虚しさを満たすことはできないのだと悟ったとき、そして果てしない、黒い絶望の海の波に打ちひしがれたとき、彼らは深い苦悩のうちに救いを求めて叫ぶのである。

神が、弱い人間への持ち前の慈悲心から人間の姿をとって下生し、永遠の宗教を幾時代にもわたって堆積した外殻から解放するのはこのときである。そのとき永遠の宗教は、(中略)光り輝く。それから、彼は手をとって人を宗教の道に導くのだ。

(中略)神の化身、宗教に新しい光を投げかける世界の全知の教師は、時代の要請によって呼び出されるのである。」とあります。


(3)「ミオヤの光」(第三巻p153、154)には、

「釈尊は現世界を五濁悪世と名づけ五種の濁流ありて人類を身体にも精神にも害毒を與ふるものである。世界には滔々として此濁流漲りて人類を此の汚毒の中に鏖殺しせんとするの勢力あり。これを根本的に救済せんが為に釈尊は此世に出給へり。ミオヤの光明によりて五濁濫没の濁中より救度の道を教え給ふた。・・」とあります。

RSSリンクの表示
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスカウンター
プロフィール

syou_en

Author:syou_en
山崎弁栄(べんねい)聖者(1859~1920)に出遇って初めて、各宗派宗教で説かれている教義、宗教体験が、腑に落ちました。

比較宗教、比較思想に一貫して関心を持ち続けています。

宗教には関心はあるけど、特定の宗派に凝ることには躊躇する。
そういう方も結構いらっしゃるかと思います。

そのような方は是非、弁栄聖者にふれてみてください。


(注)ツイッター(@syou_en)もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR