2016-12-18

北九州地区における弁栄聖者のご伝道

 28121802.jpg  28121803.jpg

明治四十五年の春に九州入りされてから、
一年半近くに渡り、
弁栄聖者は、筑前、筑後地区を中心にご伝道をされました。

弁栄聖者のご足跡を辿りながら、
どうして、九州北部中心に、しかも、長期間に渡りこの地にご滞在されたのか、
この疑問が膨らみ始め、その理由を知りたくなってきました。

北九州の地理的特徴、歴史に関心を寄せるようになりました。

  28121804.jpg

JR若松駅は、筑豊本線の起点。

  28121801.jpg  28121805.jpg


「若松駅操車場跡」

28121808.jpg  28121809.jpg

 28121806.jpg

 28121812.jpg

北九州に位置する若松港は、
筑豊炭田で採掘された石炭の積み出し港として、大変な賑わいであったようです。

 28121807.jpg

  28121807-1.jpg

明治24年(1891年)、若松ー直方間に鉄道が敷設され、
それまで遠賀川等の水運によっていた石炭運搬が、
短期間の内に、鉄道輸送に移っていったようです。

※ 「直方」といえば、
弁栄聖者の直弟子で、九州光明会の生み・育ての中心人物
大谷仙界上人の「長安寺」があります。

 28121810.jpg

 28121811.jpg

弁栄聖者の九州北部を中心としたご伝道は、
明治大正期の、この地域の炭鉱産業の繁栄とも関係が深いと思われました。


【大善寺】

  28121826.jpg 28121827.jpg

「大正二年二月」には、
筑前福間大善寺で開催された教学講習会にて、
初めて光明主義教学の組織的な講義(「浄土哲学」)をされました。

 28121828.jpg


【正願寺】

  28122823-1.jpg

  28121822.jpg  28121823.jpg

「大正二年四月」には、
筑前折尾正願寺で『自覚の曙光』の題下で五日間の講説があり、
『自覚の曙光』という小冊子として、
筑前遠賀で印刷され、五月に公刊されました。

なお、筑前折尾とは、
大正八年八月に、
信州の唐沢山で勉強されていた柴武三氏達の様子を、
弁栄聖者が、大円鏡智でお知りになり
笹本戒浄上人、田中木叉上人に葉書を出された地。

 28121824.jpg  28121825.jpg


【善念寺】

 28121813.jpg  28121815.jpg

「大正二年六月」に、
京都知恩院での『宗祖の皮随』の御法話に先立つこと、
数年前に、「善念寺」にて、
『宗祖の皮随』の題下に、法然上人の道詠十二首についてのご講話がありました。

そのご講話をきかれ信心歓喜して、
「上人こそが如来のお使い」とその時の実感を吐露されたのは、
波多野諦道上人から、弁栄聖者を預かるように頼まれ、
最初はいやいやながら預かられた丹羽円浄上人でした。

※ 丹羽円浄上人については、以前記事にしましたが、
その後、丹羽上人に関する貴重な逸話を知りましたので、以下、追記します。

丹羽上人は、一切経を読破された「学の人」でもあられたようでしたが、
弁栄聖者のご内証の片鱗を知るに及んで、
自身の学解の至らなさに慚愧し、
念仏三昧にも大変な精進をされたようです。

「弁栄上人は、一宗の枠内に置くべきお上人ではない。
寧ろ世界宗教を止揚し尽くした第一の方である。」


とは、最晩年の丹羽円浄上人の弁栄聖者観。

  28121814.jpg


○「大正元年より、
もっぱら光明主義の名をもって新法門を弘通するようになられた。」


「・・・かくのごときはこれ精神的光明主義である。
仏陀禅那は光明主義の予言者である。」
大正元年栃木県家中村渡辺厚盛法尼宛の書簡)

と、田中木叉上人は、『日本の光(弁栄上人伝)』に記されています。

また、
「光明会の継承者と言い、その名称と言い、亦組織された教学の発表と言い、
すべてがこの北九州の地で行われたのであった。」


とは、『辨榮聖者』の著者、藤堂恭俊上人のご指摘。
スポンサーサイト

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

RSSリンクの表示
検索フォーム
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセスカウンター
プロフィール

syou_en

Author:syou_en
山崎弁栄(べんねい)聖者(1859~1920)に出遇って初めて、各宗派宗教で説かれている教義、宗教体験が、腑に落ちました。

比較宗教、比較思想に一貫して関心を持ち続けています。

宗教には関心はあるけど、特定の宗派に凝ることには躊躇する。
そういう方も結構いらっしゃるかと思います。

そのような方は是非、弁栄聖者にふれてみてください。


(注)ツイッター(@syou_en)もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR