2016-07-18

福岡県直方市「長安寺」、大谷仙界上人と弁栄聖者のお墓参り


 28071801.jpg  28071802.jpg

福岡県直方市下新入にある、「長安寺」

  28071803.jpg  28071804.jpg

     28071805.jpg

少し先を左に入って、すぐ左の方向に進みます。

  28071806.jpg  28071807.jpg

お墓は、少々分かりにく場所にあり、
突然お墓が現れ、こんな場所にあったのか!
と思われれるかもしれません。
 
     28071808.jpg

  28071809.jpg  28071810.jpg

弁栄聖者のご高弟のお一人、大谷仙界上人は、
第26世、第28世住職。

弁栄聖者は、
「仙界」という名を、 
「上仙下界」という意味で、出家者として理想とするところ、

と仰られたとのこと。
(仙界上人の御尊父は、仙海師)

※第29世は、法嗣の大谷静道上人。

大谷仙界上人(明治十七年 1884年~昭和六年一月 1931年)、世壽48歳。
法名 一蓮社心誉不乱念阿尊仙界上人

     28071808-1.jpg

↑  ○  ○  弁栄聖者    
     波多野諦道上人  ○ 
          大谷仙界上人

前回の記事にも書きましたが、
仙界上人の弁栄聖者の御随行は、大正2年からになりますが、
波多野諦道上人の御勧めによるもの。

この時期、波多野上人は仙界上人に、

「不断光の権化たる」弁栄聖者のご随行への慰労と激励のお手紙を出されています。
(田中木叉著『日本の光(弁栄上人伝)』)

『日本の光』には、記載がなかったと思いますが、
大谷仙界上人と弁栄聖者に関する貴重な逸話が、
岡潔著『一葉舟』「弁栄上人伝」にあります。

「大谷上人が弁栄上人のお伴をしていると
夜弁栄上人のお部屋から「大谷、大谷」と声がかかった。
障子を開けて見ると、そこには金色の仏が蓮台に端坐しておられた
これも妙観察智である。
翌日、弁栄上人は大谷上人に堅く口止めされた。」

この逸話の原典は、
『ミオヤの光』第4巻の「大谷上人の巻75頁~92頁」の、
「大谷上人の思ひ出 山崎辨誡」かと思われます。

信じ難い逸話だと思われる方が多いかと思いますが、

「人に如来様やお浄土を見せてやれる能力を得た人が仏眼である。」
(冨川茂筆記『田中木叉上人 御法話聴書』)


 28071810-1.jpg  28071810-2.jpg

福岡県直方は、かつての日本最大の炭鉱地、筑豊炭鉱の地。

大谷仙界上人のお人柄は、いわゆる”川筋かたぎ”

先日、NHKの「新日本風土記」で、『筑豊』が取り上げられました。

元炭鉱婦が語れていた、「人は我が身」。
明日をも知れぬ炭鉱で働く者同志の一体感、繋がりの強さを表しているのかもしれません。

福岡の民謡 「炭坑節」も、全国的によく知られています。

  28071811.jpg  28071812.jpg

 28071814.jpg   28071815.jpg 

  28071816.jpg  28071817.jpg

仙界上人が遷化されてから、約90年が経っていますが、
光明主義の伝統が受け継がれている様子がうかがえ、嬉しく思いました。


  28071818.jpg

【棺桶の蓋(表)】

「南無阿弥陀仏
死して行く用意の棺と思うなよ
生まれし時の産湯盥(たらい)よ」


 28071819.jpg  28071820.jpg


 28071821.jpg

【棺桶の蓋(裏)】

 28071822.jpg

「無量寿

  28071823.jpg

臨終と吾は思わじ
大ミオヤの産みの悩みを只感謝して」


 28071824.jpg                 

大谷仙界上人は、詩才がおありであったようです。

この棺桶の蓋の文字は、仙界上人の御生前の遺書。

なお、棺桶の蓋が汚れているのは、
約九十年の経年によるものではなく、
灯油をかけられ荼毘に付されようとしたまさにその時に、
菅野真定上人(元豊前善光寺住職)が、このまま焼いてしまうのは忍びなく思い、遺品として残されました。
その時の痕跡。

なお、大谷仙界上人は、
法友 中川弘道上人と共に九州光明会の発展に多大な御貢献をされ、
また、後に弁栄聖者の直弟子となられた、
佐々木為興上人田中木叉上人鈴木憲栄上人等々の方々との、
「聖者へのご縁結び」にも、多大なる働きをされています。


また、仙界上人の御尊父である仙海師の形見であるお念珠を、
上人のご令嬢の八七子氏へ差し上げられた時に、
傍にあったちり紙に記されたという、

「形見とて色々あるは悪しかりなん
まことの形見唯一つやる南無阿弥陀仏」


大谷仙界上人の面目躍如の逸話ではないでしょうか。


 28071825.jpg  28071826.jpg

弁栄聖者が印度から持ち帰えられ、
聖者の母親の菩提寺「龍泉寺」に植えられたものの一部を移植された菩提樹


最後に、
今まで、弁栄聖者から大谷仙界上人へのお慈悲のたより、
「すべてを大ミオヤに御任せ申し上げて常に大ミオヤを念じ・・・」
としてよく知られていたものでしたが、
金田昭教師他の方々の、
精力的な、弁栄聖者の御跡の実地調査によって、その宛先が判明。
田代静子女史へのものとのこと。

最晩年、病床の身にあった大谷仙界上人は、
ご自身の『お慈悲のたより』上巻の第三十四の上方に、
「昭和五年十月三十一日
拝読の折 正に仙界の
為の御文とこそ
感ずれ」
(直筆は片仮名)と記されているとのこと。

いわば、大谷仙界上人に宛てられた、
弁栄聖者からの「お慈悲のたより」でもあった、
と捉えることもできるかもしれません。

ご生前の杉田善孝上人が、
田中木叉上人からいつか発表するようにご依頼され、
宛先を捜し求められ、現在まで不明であったもの。
スポンサーサイト

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

2016-07-03

福岡県北九州市、若松「善念寺」 第十七世 波多野諦道上人


 28062601.jpg  28062602.jpg

目印は、若松区役所

若戸大橋が近くをとおっています。

 28062603.jpg  28062604.jpg

その区役所の付近、若松本町郵便局の目前に、

浄土宗「善念寺」は、あります。

 28062605.jpg

久留米の善導寺にて、二祖鎮西上人から、三祖良忠上人が、
1237年に、浄土宗の法灯を継承され、
四十八願になぞらえ、四十八ヶ寺建立の誓願を立てられ、
若松の浜にも立ち寄られ、
この地を仏縁の地として草庵を結んだことが始まりとされています。

 28062606.jpg

  28062607.jpg  28062608.jpg

 28062609.jpg  28062610.jpg

今の本堂は、
明治39年に、第17世實誉諦道上人時代に建て替えられたもの。


     28062613.jpg
                     
      弁栄聖者    波多野聖善上人   
     波多野諦道上人   
          大谷仙界上人

波多野諦道上人(1870(明治3)年~1915(大正4)年)に関しては、
資料がとても乏しく、
光明会に詳しい方でも、上人のお名前と上人に関する若干の逸話を知る程度のようですので、
諦道上人の雰囲気を知る手立てとして、
ご参考までに、珍しい写真をアップします。

波多野諦道上人に関しては、
田中木叉著『日本の光』が最も詳しい情報源ですが、

明治四十五年四月に、
筑後善導寺貫主、広安真随僧正のご招待により、
弁栄聖者が九州に初入りされて以来、
数ヶ月ほどが経った、7月20日頃、

偶然の用事で、波多野諦道上人が善導寺を訪れ、
そこで、聖者にお逢いなり、篤く帰依され、

「他の用事は捨て置き、
聖者に願いまず筑前各地に聖者を紹介してお伴をして歩くようになった。」


この一見偶然とも思われるご邂逅は、
その後の光明会の発展上からも、極めて重要な出逢いでもありました。

『日本の光』の著者田中木叉上人は、
木叉上人ご自身と聖者との邂逅を取り持たれた、
大恩人のお一人でもある波多野諦道上人
と、弁栄聖者との値遇を、

「鎮西第一の法の器が、
器を求めて筑紫路にはるばるくだった上人に値遇した。
そしてひとり九州のみならず、波紋はそれからそれと大きくつたわる、
光明教海に投ぜられた一石となった。」

と、やや控えめに記されています。


一方、山本空外編著『辨栄上人書簡集』
「辨栄上人(1859-1920)の御略伝と御在世中の印行の全著作」において、

「その原動力になったと考えられるのは、
若松(現北九州市)善念寺の波多野諦導師がその筑後善導寺において
辨栄上人に帰依なされるにいたったこと
である。
その後同師の教界指導的人格が上人御教化の点火を積極的に進め得た詳細については、
わたくしが親交を得た筑前楠橋専福寺丹波円浄師などから御生前に拝承した。」

※ 空外上人は貴重な情報を直接関係者から得ておられるようですが、
残念ながら、同書において記されていません。

     28062614.jpg

  ○     ○     ○    弁栄聖者
   ○○○ 波多野諦道上人  丹波円浄上人


この波多野諦道上人の写真は、
”脱俗の”諦道上人らしい雰囲気をよく表しているように思われます。

この写真には、大変珍しく、
諦道上人から聖者の面倒を見るように頼まれ、
最初とても渋っていましたが、後、聖者の信奉者となった、
専福寺住職丹波円浄上人が写っています。


     28062615.jpg

   大谷仙界上人  弁栄聖者   波多野聖善上人

ひょっとしますと、
波多野聖善上人とは、波多野諦道上人の間違いではないか、
と思われた方がおられたかもしれませんが、

間違いではありません。

波多野聖善上人は、
波多野諦道上人の、齢が離れた異母兄弟。

また、この写真からも連想される興味深い逸話があります。

波多野諦道上人は、その頃、福岡教務所長でもあり、
いまだ伝統宗乗の理解の枠で、宗祖法然上人を理解されていたため、
当時弁栄聖者が異安心視されていたことに対し、
若干の疑念を払拭し切れてはいませんでした。

そこで、兄弟である聖善師を大谷仙界上人のお伴として、
聖者の言動を見張る”お目付け役”として、付き添わせていたとの逸話が伝わっています。

しばらくして、誤解は解けたようでしたが、

実は、
諦道上人は、聖善上人に”短刀”を渡され

「弁栄上人が異安心であることがハッキリしたら、
弁栄上人を刺し、お前もそれで自害せよ!」


と命じていたとの物騒な逸話も伝わっています。


一方、大谷仙界上人のご随行は、波多野諦道上人の命によるもので、
聖者の身の周りのお世話と上人ご本人の伝道上の修練のためであったとのこと。

自坊をしばらくの間離れることを心配され、
当時、諦道上人ほどには信を置いていなかった聖者にご随行されることを躊躇されていた仙界上人に対し、

「あてはないが、どうにもならぬ時になれば、どうにかなる」。
との諦道上人の言によって、

「ついに心を決して大正2年9月より1ヶ年2ヶ月の間、
常侍して各国をお伴することになった。」


     28062611.jpg

波多野諦道上人の単独のお墓は、見当たりませんでした。

     28062612.jpg

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

RSSリンクの表示
検索フォーム
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
アクセスカウンター
プロフィール

syou_en

Author:syou_en
山崎弁栄(べんねい)聖者(1859~1920)に出遇って初めて、各宗派宗教で説かれている教義、宗教体験が、腑に落ちました。

比較宗教、比較思想に一貫して関心を持ち続けています。

宗教には関心はあるけど、特定の宗派に凝ることには躊躇する。
そういう方も結構いらっしゃるかと思います。

そのような方は是非、弁栄聖者にふれてみてください。


(注)ツイッター(@syou_en)もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR