2016-04-24

「弁栄上人の思い出」(『大悲に生きる 土屋観道法話 』)と「多聞院 お寺の漫画図書館」



     2016042401.jpg

東京芝「増上寺」近くにある「観智院」

  2016042402.jpg  2016042403.jpg

弁栄聖者の伝記としては、
田中木叉著『日本の光(弁栄上人伝)』が、
一般には知られていますが、

弁栄聖者の直弟子方の「弁栄聖者の思い出」は、
どの方のものも、とても興味深く、示唆に富むものばかりですが、

「弁栄上人の思い出」(『大悲に生きる 土屋観道法話』)

は、最晩年の数年間を、
観智院近くの「多聞院」の「聖者の家」で、
弁栄聖者と暮らされた土屋観道上人で、
聖者のご遷化後、「光明会」とは別の独自の「真生同盟」の道を歩まれた、
観道上人の「弁栄上人の思い出」だけに、また、独特の味わいがあります。

観道上人は、聖者の朝鮮への伝道に随行されたり、
聖者制定の法式による婚儀の導師を弁栄聖者がなされた方。

例えば、『真生礼拝儀』は、
光明会の「如来光明礼拝儀」と同内容のものが多いですが、

『真生礼拝儀』には
かつて光明会の「如来光明礼拝儀」には併記されてあった『法華経』の「壽量品」があり、

「南無 無対光仏」の「摂化せられし人は皆」と、
弁栄聖者が御遷化直前に訂正される前の文言となっています。


前回ご紹介しました『宗祖の皮髄 山崎弁栄講述』 。

土屋観道上人は、
椎尾弁匡師に学ばれ、中島観しゅう(王秀)師の弟子でもあった方であり、

大正五年の知恩院での弁栄聖者講師選出、後述『宗祖の皮髄』を実現させたお一人。


いまだに、弁栄聖者が強調された「見仏三昧」には誤解があるようです。

「(弁栄)上人がお話しをなさる時は、眼をつぶって、口許に合掌し頭をかたむけて、
いかにも仏様をまのあたりに見るような御態度で御説法される。」

「法然上人の「単信口称念仏」と、
三昧発得の弁栄聖者がお勧めされる「見仏三昧」」の相違

について、観道上人が問われた時に、

「弁栄、鈍なりといえども、七百年も前に法然上人が捨てられたものを、
今更またとって来るほど愚かではない。」


と聖者は、キッパリと仰っています。

観道上人の師匠であった中島師は、
伝統的浄土宗での理解をされておられた方でしたが、
弁栄聖者のご指導を受けられた観道上人によって考え方を変えられ、
『凡夫見仏論』を書かれています。

また、

「今の浄土宗についておれば、
いくら経ってもまた今の浄土宗のようになってしまうから、
やっぱり独立した方がいい。」

とも、聖者は観道上人に云われています。


誤解無きように、記しておきたいことがあります。

弁栄聖者ご提唱の光明主義は、
外部に明確に言明がお出来になれなかった、
法然上人の最晩年の自内証を御開顕されたもの

今月、惜しくもご遷化された河波昌師は、
学行兼備の実に稀な方でしたが、
弁栄聖者の修行方法を、大乗仏教の一貫する「般舟三昧」に注目され、
伝統的浄土宗の枠組みを超えた「究竟大乗浄土門」の立場
更には、「一切の宗教の霊性の根源」を究明された御方でもありました。

むしろ、法然上人が尊崇された善導大師に直結するものを、
弁栄聖者には感じます。


更に興味深い、弁栄聖者の逸話が、土屋観道上人によって語られています。

弁栄上人はお話の中で、
「自分が悪かった、愚かだった。」
ということを滅多に仰しゃらない。

(観道上人)「お上人は悪いことをなさったおぼえはないんですか。」
(弁栄聖者)「そうかもしれない。」


これには、私も、大胆も大胆だが、全く驚いたのであります。
この点が常識を超えたというか、その言葉の中に無条件で、

「本当に偉いものだな!」

と、今更のように感じ入りました。
そうして今日なお深い感銘として忘れられないのであります。

・・・これは、考えれば考えるほど、弁栄上人を知った人には、
なる程なと感激することではないかと思う
のです。

観道上人は、「弁栄上人の思い出」として、
身近な者に、このことを語っているのですが、
まことに興味深いことは、
観道上人が聖者から直接受けたその実感が、
身近な者に「確りとは伝わっていない」というもどかしさを終始感じておられていたという点にあります。

この逸話を読まれた方の中には、
「凡夫の罪悪感」としての自覚、凝視力においては、
弁栄聖者は、親鸞聖人に及ばないのではないか
と疑念をいだかれた方もいらっしゃるかもしれません。

親鸞聖人といえば、
唯円著『歎異抄』による親鸞観が、通念になっているように思われます。

蓮如上人によって禁書とされ、
明治期に清沢満之氏によって再発見された『歎異抄』は、
近現代の日本の知識人に多大な影響を与え続けていますが、
それは、「宗教書」というよりも、
むしろ、”人間の影を凝視した”「哲学書」・「思想書」
「孤高の実存者としての親鸞」の側面であるように思われます。

阿弥陀如来を信仰されていた「宗教家としての親鸞」という側面への究明が少ない印象があります。

親鸞聖人には、主著に『教行信証』がありますが、
弁栄聖者が法然上人の御道詠に法然上人の真髄を見出されたように、
親鸞聖人には数多くの和讃がありますが、
「和讃」に、「宗教家としての親鸞」の真髄を解明する重要な手掛かりとなるように思われます。

近現代人の「孤高の実存者としての親鸞」観は、
近現代人側、つまり、近現代人の理解の枠に引き寄せ過ぎた理解ではないか、
との疑念が払拭しきれません。

「凡夫の罪悪感」としての自覚、凝視された「孤高の実存者としての親鸞」観には、
現代人として共鳴する点があるのですが、

「衆生無始の無明」を霊化する如来光明の化用を強調された、
「三昧発得の弁栄聖者」の存在・宗教観は、
「現代人に馴染みやすい宗教観」(現代人の理性的理解に許容され易い宗教観)
に、新たな視点を投げかけるように思えてなりません。


また、 「観智院」は、
現代テクノロジー、現代社会のニーズを積極的に取り入れ、
動画等も積極的に活用されています。

 2016042404.jpg  2016042405.jpg

隣りに、駐車場があります。

  2016042407.jpg  2016042406.jpg 


   2016042408.jpg  2016042410.jpg

「多聞院 お寺の漫画図書館」

・毎週土曜日 10~17時
・毎週水曜日 18~20時(但し、祝日は休館)
※ 開館当初、月曜日の開館が水曜日に移行。



平成27年10月31日オープン

漫画の数はまだそれほど多くはないですが、
新たな興味深い試み。

  2016042414.jpg  2016042415.jpg

 ↓ こじんまりとした空間ですが、
お別時もできるようです。

 2016042412.jpg  2016042413.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

2016-04-17

法然上人の神髄 (現代語訳「山崎弁栄講述 ─『宗祖の皮髄』」 谷慈義 訳・注  河波定昌 監訳)


      20150417.jpg

法然上人の神髄
(現代語訳「山崎弁栄講述 ─『宗祖の皮髄』」
谷慈義 訳・注  河波定昌 監訳)



[目次]
カラー口絵
弁栄聖者肖像(弁栄記念館蔵 井深家旧蔵)
弁栄聖者遺墨 法然(福岡阿弥陀寺蔵)
弁栄聖者遺墨 釈迦坐像(東京・谷家蔵)
弁栄聖者遺墨 涅槃図(東京・谷家蔵)
弁栄聖者遺墨 弥陀三尊来迎図(東京・谷家蔵)

訳者まえがき

序説 講演にあたって
一 この講演の大意
二 題名に関する簡単な説明
三 安心と起行の形式について
四 念仏修行の具体的な方法とその功徳について
五 宗祖・法然上人のご法語と道詠
六 浄土の〝道しるべ〟と〝道中の名所案内〟
七 宗祖の入信とその後の悟りの境地
八 霊的人格の核と種まき

本説
第一 永遠に輝く〈霊的な人格〉としての法然上人
一 総説
二 選択の道詠
〔1〕 「法」と「行」とについて
〔2〕 衆生(生きとし生けるもの)の至誠心について
〔3〕 阿弥陀仏を愛し求めることについて
〔4〕念仏三昧
〔5〕 念仏三昧の成果(功徳の内容)

第二 仏教の教祖・釈迦牟尼仏の〈霊的な人格〉の実質
一 はじめに
二 実質
三 化用人々を導くための働き

山崎弁栄聖者 略年譜
阿弥陀仏の使者としての生涯~編著者あとがきにかえて
訳者追悼にかえて



ここ数年の、若松英輔氏の弁栄聖者への注目、言及、
特に、近著では、
「第1章 光の顕現ー山崎弁栄の霊性」(『霊性の哲学 (角川選書)』)
「解説 岡潔と仏教の叡智――若松英輔」(岡潔著『一葉舟 (角川ソフィア文庫)』 )など、

また、森田真生氏による岡潔博士への言及、講演、関連書物の出版等によって、

近年、弁栄聖者へ関心が高まりつつあり、
弁栄聖者関連の書物が出版されつつあるのは、まことに喜ばしい限りです。


今回は、光明主義を知るための必読書であり入門書としても最適な、
「山崎弁栄講述 ─『宗祖の皮髄』」の、
谷慈義氏によるの現代語訳。

山崎弁栄講述『宗祖の皮髄』は、1916年(大正5年)の知恩院での講義録ですが、
今回の現代語訳の発刊は、期せずして、
その100年後の2016年(平成28年)

画期的な、弁栄聖者の「十二光の光明体系」は、
内容的に難解の上、文章表現も現代人には難しいものとなっており、
聖者の現代語訳は、遂行しなければならないものであります。

弁栄聖者の著作の現代語訳には、独特の困難さや賛否両論もあろうかとは思いますが、
この難題に取り組まれた谷氏の尊い御意思に、感謝申し上げたいと思います。


「何よりも私たちが記憶にとどめるべきは、自らを『阿弥陀仏の使者』として、
(山崎弁栄聖者が)その生涯を布教に捧げられたことにほかなりません。
卓越した思想家でありながら、聖者は常に民衆に寄り添い、
その立場から遠ざかることはありませんでした。
弁栄聖者はまさに、教学の知識においても修行の実践においても、
さらには衆生の救済という仏道の本源的役割の遂行においても、
そのすべてに超人的な能力を発揮した宗教者だったのです。」


谷慈義氏の「阿弥陀仏の使者としての生涯~訳者あとがきにかえて」に記された氏の弁栄聖者観ですが、
正に至言だと思われます。


誤解無きよう、やはり、記しておきたいことがあります。

弁栄聖者の「阿弥陀仏」観についてです。

谷慈義氏も「阿弥陀仏の使者としての生涯~訳者あとがきにかえて」において、

「聖者は、法然上人の阿弥陀仏観に基づき、
阿弥陀仏を諸仏の中の一仏としてではなく、
諸仏の根本仏であり、いわば宇宙の中心にすえる・・・
という独自のお考えを公表されたのでした。」
と。

当時、異安心視されていた弁栄聖者は、
「法然上人の阿弥陀仏観」を、法然上人の御道詠に求められ、
その卓見『宗祖の皮髄』の特色となっております。


弁栄聖者独自の阿弥陀仏観については、
佐々木有一著『近代の念仏聖者 山崎弁栄』で、
究明されていますので、参考書としてお奨めいたします。


なお、谷氏の修士論文は善導大師に関するものであったと伝え聞いております。

谷氏は、この書が世に出る前、
平成二十七年十二月十五日にご逝去されました。
残念でなりません。

この書の監訳をされた河波定昌氏は、
平成二十八年三月七日に、
「訳者追悼にかえて」を書かれておられますが、

更に、その河波氏も、今月4月3日に、突然、ご遷化されました。

これからの大事な時期に、河波氏も失ったことは、痛恨の極みです。

谷慈義氏と河波定昌氏の遺作となった、
法然上人の神髄 (現代語訳「山崎弁栄講述 ─『宗祖の皮髄』」 谷慈義 訳・注  河波定昌 監訳) を、
精読していきたいと思います。

お二人のご冥福をお祈りいたします。

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

2016-04-10

岡潔著『一葉舟』(角川ソフィア文庫)に描かれた「弁栄聖者観」


     20160409.jpg


科学と仏教
教育を語る
片 雲
梅日和
弁栄上人伝
人という不思議な生物
一葉舟
ラテン文化とともに
あとがき
解説 岡潔と仏教の叡智――若松英輔



若松英輔氏は、
いみじくも、、岡潔博士と山崎弁栄聖者との邂逅の意義を強調されています。

岡潔博士の悲願、
しばらく入手困難であった弁栄聖者著『無辺光』が再刊されたのは、
1969年(昭和44年)、講談社からでした。

その序文で、岡博士は「無差別智」について詳述されています。

伝統的に浄土門では、救済的側面に焦点をあててきましたが、
弁栄聖者は、智慧門も豊かに展開されました。

数学者としての岡潔博士が弁栄聖者を崇拝された大きな理由の一つが、
聖者の豊かな智慧門の展開である「四大智慧」の世界でありました。
特に、自然界の法則の根底を説かれた「法身の四大智慧」

しかし、残念ながら、講談社版の『無辺光』は、入手困難です。

幸い、再刊された岡潔著『一葉舟』(角川ソフィア文庫)のうち、
特に、「科学と仏教」と「弁栄上人伝」には、
岡潔博士の宗教観の特徴が顕著に描かれています。


岡潔著『風蘭』(角川ソフィア文庫)には、
杉田善孝上人による「無差別智の世界」が解説されています。

また、佐々木有一著『近代の念仏聖者 山崎弁栄』には、
『無辺光』「四大智慧」の数多くの引用と、
岡潔博士の著作によって弁栄聖者に導かれた佐々木氏による解説がなされ、
弁栄教学を学ぶ教材、参考書としても有益かと思われます。


『一葉舟』には、岡潔博士の境涯が率直に記されており、
特に宗教体験の記述には、理解困難な箇所があるかもしれません。

例えば、岡潔博士の道元禅師著『正法眼蔵』の理解過程
弁栄聖者の「三身四智の仏眼」の発露に依る奇蹟など。


岡潔博士が弁栄聖者を尊崇されたもう一つの大きな理由は、
弁栄聖者の「私心のなさ」であったと思われます。

「一葉舟」の項目には、
弁栄聖者の知、情、意、
つまり、人類向上の在り方(方向性)として、

「知」は、顕現し(働きを表して来る)、
「情」は、浄化し(自他弁別本能の濁りがとれること)、
「意志」は、霊化する(生きようとする盲目的意志が常に善の方向を示すようになること)。

このうち根本的なものは「意志霊化」であって、
これには恐ろしくながい時間がかかるのである。


岡潔博士は、晩年、「人間性の研究」に没頭されましたが、
「無明」の本質を「自他弁別本能」にあり、
人類の向上の方向性を、甚だしく困難な「意志霊化」である、
喝破されました。


「如来はいつもましますけれど衆生は知らない。
それを知らせにきたのが弁栄である。」

(田中木叉著『日本の光(弁栄上人伝)』)      


「弁栄は、近代日本屈指の仏教哲学者である
と同時に透徹した如来の教えの布教者でもあった。
彼の生涯は、仏の叡知とそれを渇望する民衆のために注ぎ込まれた。」
(解説 岡潔と仏教の叡智 ― 若松英輔)



人類にとって最重要な書として、
岡潔博士が特に奨めておられたのが、
弁栄聖者著『無辺光』 と田中木叉著『日本の光(弁栄上人伝)』でした。

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

RSSリンクの表示
検索フォーム
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスカウンター
プロフィール

syou_en

Author:syou_en
山崎弁栄(べんねい)聖者(1859~1920)に出遇って初めて、各宗派宗教で説かれている教義、宗教体験が、腑に落ちました。

比較宗教、比較思想に一貫して関心を持ち続けています。

宗教には関心はあるけど、特定の宗派に凝ることには躊躇する。
そういう方も結構いらっしゃるかと思います。

そのような方は是非、弁栄聖者にふれてみてください。


(注)ツイッター(@syou_en)もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR