2016-01-25

「弁栄上人伝 -宗教家としての御成長の曲線ー」(岡潔著『一葉舟』)


数学者岡潔博士は、弁栄聖者の信奉者でもありました。

岡博士は、ご自身の多くの著作の所々に、弁栄聖者、光明主義に関して書かれていますが、
まとまったものとしては、
岡博士たっての念願の『無辺光』(講談社版)の発刊、
その「まえがきー無辺光と人類」、
『一葉舟』所収の「科学と仏教」、「弁栄上人伝」があります。

その「弁栄上人伝」において、
岡潔博士ご自身の成長に関連づけられ、
「宗教家の一生におけるその成長の節々の年齢」を推定されており、
興味深いものですので、ご紹介したいと思います。
なお、若干の補足をさせていただきます。

関連本において、満年齢、数え年により違いがあるようです。
また、日本では明治5年(1872年)に、グレゴリオ暦採用され、
明治5年12月2日の翌日を明治6年1月1日(グレゴリオ暦の1873年1月1日)とされたとのこと。


【人生第一の節】
(十一、二歳頃) 
「幼時十二歳、家に在りし時、
杉林繁れる前にありて、西の天霽れわたり、
空中に想像にはあれども、三尊の尊容厳臨したまうことを想見して
何となくその霊容を憧憬して、自ら願ずらく、
われ今この想見せし聖容を霊的実現として瞻迎し奉らんと欲して
欽慕措(お)措く能(あた)わざりき
。」

※ ただし、「後には、三尊を一尊にして拝むことにした」とのこと。


【人生第二の節】
(十五、六歳頃)
家業の農事を手伝う一方で、菩提寺である「医王寺」より、仏書を借りて読み、
ひそかに出家の願望を抱くようになる。


※ 弁栄聖者の特徴でもありますが、自内証を自ら語られることは少なく
 出家願望も、ご家族は知らなかったようです。


【人生第三の節】
(二十一歳頃)
近所の菩提寺の鷲野谷「医王寺」において、
関東の名刹、関東第十八檀林、小金の「東漸寺」の
第五十世、大谷大康老師を剃髪授戒の師とし、出家得度。行学に精励



【人生第四の節】
(二十三、四歳頃)
東京に遊学。
遊学先は、浄土宗の芝「増上寺」、時宗の浅草「日輪寺」、真言宗の田端「東覚寺」

「愚衲、昔、二十三歳ばかりの時にもっぱら念仏三昧を修しぬ。
身はせわしなく、事に従うも意こころは暫らくも弥陀を捨てず、
道歩めども道あるを覚えず、路傍に人あれども人あるを知らず、
三千界中、唯だ心眼の前に仏あるのみ。」

「予、かつて華厳の法界観門に由って、一心法界三昧を修す。
行住坐臥つねに観心止まず。
ある時は行くに天地万物の一切の現象は悉く
一心法界の中に隠没し、宇宙を尽くして唯一大観念のみなるを観ず
また一日道灌山に座禅して文殊般若をよみ、
心如虚空無所在の文に至って、
心虚空界に周遍して、内に非ず、外に非ず、中間に非ず、法界一相に真理を会してのち、
心常に法界に一にせるは是平生の心念とはなれり
之すなわち宗教の信仰に所謂、光明遍照中の自己なり。
大円鏡中の自己なりと信ず。」

「後二十四の時に東京駒込の吉祥寺学林に於いて
卍山上人の五教章の聴講に列なりし時
田端の東覚寺に寄宿して吉祥寺に通う往復にも
口に称名を唱え意(こころ)に専ら弥陀の聖容を想ひ専ら神(こころ)を凝しけるに
一旦蕩念(とうねん)として曠廓(こうかく)極まりなきを覚え、
其時に弥陀の霊相を感じ、慈悲の眸(まなじり)丹花の唇等、
其の霊容を想ふ時身心融液にして不思議なるを感ず、
其後は常に念に随て現ず
。」

(二十四歳)
「医王寺」薬師堂に籠もり、21日間念仏三昧を激修。
筑波山入山、「念仏三昧発得」

(二十五歳)
「東漸寺」末寺、飯島(現在の埼玉県吉川市飯島)の「宗円寺」に籠もり、
一切経七千三百三十四巻の閲覧を開始、足掛け3年(実質2年足らず)で読了



【人生第五の節】
(三十歳頃)
巡錫しての人々の救済の地域を広げられる。

(三十六、七歳頃)
インド仏跡参拝


【人生第六の節】
(四十二歳頃)
「光明主義の胎動期」
三河巡錫中、肺炎を患い、初冬まで新川町(現在の愛知県碧南市)の「法城寺」に滞在

なお、興味深いことに、「法城寺」の近くに、「清沢満之記念館」があります。

参考文献:
齋藤乗願「弁栄上人と法城寺」『山崎弁栄展 宗教の彼方、新たなる地平』

 千葉県五香「善光寺」にて、
棺を用意させ、その中に端座し、30日に及ぶ念仏三昧修行

身体疾患における広義の「創造の病」(ユング、エレンベルガー)と云い得る、
「光明主義の胎動期」として、極めて重要な時期と思われます。


岡潔博士は、この年齢で一応考察をやめられています。
おそらく、この後は、この延長戦上で考察できるからではないかと推察されますが、
それ以降も、
弁栄聖者ご提唱の「光明主義」上、重要な出来事と思われることが、
幾つかありますので主な出来事をご紹介します。


(1912年(明治45・大正元年)54歳)
九州各地を初巡錫
「筑紫の聖人」波多野諦道上人が、筑後「善導寺」で聖者と邂逅
光明主義の伝道上、極めて重要な基点となったと思われます。


(1913年(大正二年)55歳)
大谷仙界上人、聖者と邂逅

(1914年(大正三年)56歳)
 笹本戒浄上人、聖者と初見

 「光明会趣意書(一枚刷)」発行。


(1915年(大正4)57歳)
美濃にて、「光明会礼拝式」発行


(1916年(大正五年)58歳)
知恩院教学高等講習会「宗祖の皮髄」と題し講演
その後、「宗祖の皮髄」出版


(1918年(大正七年)60歳)
田中木叉上人、弁栄聖者と邂逅


(1919年(大正八年)61歳)
「光明学園」開園式。
○長野県上諏訪唐沢山「阿弥陀寺」の第一回別時念仏会をご指導。
「ミオヤの光」発行


(1920年(大正九年)62歳)
新潟県柏崎「極楽寺」にて、ご遷化


参考文献:「山崎弁栄年譜」

スポンサーサイト

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

2016-01-11

岡山県美作、法然上人御誕生の地「誕生寺」


2016年の第一回目の記事は、
法然上人御誕生の地、岡山県美作「誕生寺」

  28011001.jpg  28011002.jpg 

JR誕生寺駅から、「誕生寺」までは、徒歩で十数分ほど

  28011003.jpg  28011004.jpg


  28011006.jpg  28011007.jpg

「熊谷入道の念仏橋」を、来た方向に、振り返って撮影。

     28011005.jpg


  28011008.jpg  28011009.jpg

↑ 「娑婆堂」

     28011010.jpg

     28011011.jpg

誕生寺の「山門」

 28011012.jpg  28011012-01.jpg

  28011013.jpg  28011014.jpg

熊谷直実による建立。

「法然上人二十五霊場第一番札所」

     28011015.jpg

     28011015-01.jpg

「誕生寺七不思議」
     
     28011016.jpg

     28011017.jpg

「逆木の公孫樹」

 28011018.jpg  28011019.jpg


  28011021.jpg  28011020.jpg

「宝物館」

貴重なお宝がたくさんありますが、幾つかをご紹介。

 28011022.jpg  28011023.jpg

入って正面には、六字名号で描かれた「善導大師図絵」がお出迎え。

大正時代、華香老人が念仏三昧に入り、善導大師を見仏され、霊験により描かれたもの。

  28011024.jpg  28011025.jpg

「開通上人 六字名号」「法然上人の御真筆」

     28011026.jpg

   28011027.jpg


  28011028.jpg  28011029.jpg

「誕生寺 御影堂(本堂)」 (元禄八年(1695)再建)

     28011030.jpg  

  28011031.jpg  28011032.jpg

     28011033.jpg 

「両幡の椋(三代目)」

  28011034.jpg  28011032-01.jpg


   28011035.jpg  28011036-03.jpg

「片目川」

     28011036-01.jpg  


  28011037.jpg  28011038.jpg

法然上人「御両親御霊廟」「産湯の井戸」

 28011039.jpg  28011041.jpg

  28011040.jpg  28011042.jpg

法然上人御両親菩提所 奥の院 浄土院「六角堂」

    28011043.jpg


※ 「誕生寺ガイドブック」がありますので、興味のある方はどうぞ。


大きな本屋に行ってみるとすぐ気付くことですが、
法然上人を宗祖と仰ぐ現代の浄土宗に関しては、
親鸞上人を宗祖と仰ぐ浄土真宗に比較し、関連本が著しく少ない。

幾つかの理由が考えられますが、
その一つが「法然上人の真髄」が現代に流布していない点があるように思われます。

また、現代人には、親鸞上人の御教えが、思想・哲学的に受け入れ易い点があるのに対し、
法然上人の真髄である甚深なる宗教体験の内実が流布しておらず、
また、現代日本人には、宗教(神秘)体験に対するアレルギーのようなものがあるようにも思われます。

「法然上人の御歌にこそ、法然上人の宗教体験の内実(宗教観)・宗教哲学がある」と見抜かれた弁栄聖者の御慧眼。

法然上人の円満な霊格形成要因を、
「念仏三昧による如来様の霊育」にこそあると喝破され、
法然上人の「念仏三昧発得」の内実を口述された、
弁栄聖者講述『宗祖の皮髄』

「法然上人の御歌に着目」された、弁栄聖者の画期的な「法然上人論」


ご自身は、カトリックの若松英輔氏。
弁栄聖者にも強い関心を抱かれ、
岐阜の「山崎弁栄記念館」の館長を務められておられ、
『霊性の哲学』の「第一章 光の顕現 山崎弁栄の霊性」で山崎弁栄論も書かれておられます。
また、その若松氏の師であられる「法然―イエスの面影をしのばせる人」の著者、井上洋治神父。

「彼は日本人に西洋の神学を押し付けるのではなく、
日本人の心に直接響く言葉を探した
イエスに関する知識ではなく、イエスの心を伝えたいと願い、
心から心に伝えたい、としばしば語った。」
( 「9 師について」 若松英輔著『悲しみの秘義』

伝聞によりますと、井上神父が亡くなられる直前、
「誕生寺の近くで亡くなられることを切望された」とのこと。


和歌の名手であり、和語で御法話を説かれた法然上人
その和歌に、法然上人の宗教体験の深さ、真髄(宗教観、宗教哲学)を見出され、
日本語での礼拝式の聖典『如来光明礼拝儀』を遺された弁栄聖者

なお、「詩と(宗教)哲学」を論じたのは、弁栄聖者だけではありません。
例えば、若松英輔氏が敬愛する井筒俊彦氏。
若松氏の近著では、『叡知の詩学 小林秀雄と井筒俊彦』

おそらく若松氏の資質にもより、氏は早くから、この重要な点に気付かれていたように思われます。
氏の他の著作には、
『井筒俊彦―叡知の哲学』、『新版 小林秀雄 越知保夫全作品』、
『神秘の夜の旅』、『義満義彦 詩と天使の形而上学』
など、
大変優れ、示唆に富む著作が多数あります。


また、東京練馬光明園河波昌園主ともご縁のある、
カトリック川越教会の加藤智神父。

加藤神父は、現代の浄土宗ではあまり注目されていないように見受けられる、
法然上人の「三昧発得記」とミサとの関係に着目され、
最近、大変示唆に富む論文を執筆されました。

【参考文献】:
「加藤智「法然上人の念仏の相続における「三昧発得」ーその必然性と意義/一カトリック司祭の視点からー」
 (藤本淨彦先生古稀記念論文集刊行会『法然仏教の諸相』)


法然上人に強い関心と敬意を抱かれている方に、
カトリック(の神父)の方々が意外におられることに、
もっと注目されていいかもしれません。


法然上人の「円満な霊格」に関して、
ふと思い出したことがありますので記しておきます。

『現代人の祈り 呪いと祝い』(釈徹宗 内田樹 名越康文)の対談、鼎談の中で、
中世日本の僧侶の「肖像画(御祖師方)における顔」について放談されている箇所があり、
浄土真宗の僧侶の釈徹宗氏が、

「この中で一番仲よくなれそうな人は法然さんですね。
すごく受容的という感じがします。」

と発言されている箇所があり、何故か、妙に記憶に残っています。


なお、浄土宗内でも、注目すべき兆候があります。
法然上人の宗教活動(社会慈業)とその源泉となる「専修念仏」の実践活動、
浄土宗若手僧侶が組織している念仏会、「ひとさじの会」「為先会」
 

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

RSSリンクの表示
検索フォーム
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
アクセスカウンター
プロフィール

syou_en

Author:syou_en
山崎弁栄(べんねい)聖者(1859~1920)に出遇って初めて、各宗派宗教で説かれている教義、宗教体験が、腑に落ちました。

比較宗教、比較思想に一貫して関心を持ち続けています。

宗教には関心はあるけど、特定の宗派に凝ることには躊躇する。
そういう方も結構いらっしゃるかと思います。

そのような方は是非、弁栄聖者にふれてみてください。


(注)ツイッター(@syou_en)もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR