2015-02-23

弁栄聖者の御生誕地、千葉県鷲野谷周辺の、柏「龍泉院」、大正期 我孫子「白樺派」


2月は、弁栄聖者の御誕生月ですので、

前回は、「聖者御生誕地、千葉県柏市鷲野谷周辺の風景」を記事にしました。

現地に行ってみて初めて分かることが、
やはり、あるような気がしてきています。

今回は、
曹洞宗「龍泉院」と、大正期の我孫子「白樺派」について、
記事にしたいと思います。


        395.jpg

     396.jpg

弁栄聖者の菩提寺、鷲野谷の医王寺から数㎞程にある、
曹洞宗「龍泉院」

 397.jpg  406.jpg  

禅宗のお寺ですので、坐禅堂があり、
月例参禅会を行っているようです。

     407.jpg  

弁栄聖者の御生誕地の鷲野谷から数kmほどの距離にあるとはいえ、
何故、浄土宗ではない曹洞宗「龍泉院」に、
弁栄聖者にゆかりの「菩提樹」などがあるのかと云えば、
聖者の御生母の実家がこのお寺と縁があるようなのです。

弁栄聖者御在世中の御布教の在り様、御霊格が偲ばれます。

     399.jpg

           410.jpg



場所は、「手賀沼」を挟んで、鷲野谷と反対側にあった、
大正期の我孫子「白樺派」について。

     DSC05800.jpg

当時は、橋などはなく、
渡し舟で往来されていたと思われます。
鷲野谷等の沼南地域と我孫子が、どれほど文化交流があったかは、
まだ十分詳細な調査をしたわけではありません。

ただ、弁栄聖者の御生誕地、鷲野谷周辺を訪れるごとに、

「郷土、土地が育む思想」

なるのものに、関心が芽生えてきました。

また、 若松英輔氏の著作等に導かれ、
柳宗悦氏の宗教哲学者といった側面にも関心を寄せていった時期とも重なりました。

更に、HPなどで調べてみると、
光明会とは直接関係のない、
我孫子の郷土史研究家、村上智雅子氏の
弁栄聖者の実地調査、研究なども、注目されます。

また、村上智雅子氏とも時に活動を共にされているらしい、
岩城里江子氏のアコーディオン演奏活動も興味深いです。


     DSC05866.jpg

白樺派といえば、志賀直哉氏、武者小路実篤氏がよく知られていますが、
柳宗悦氏も重要な役割を演じています。

ちなみに、京都の弁栄聖者の在家の直弟子、中井常次郎氏のご紹介により、
武者小路実篤氏は、弁栄聖者とお会いすることになっていたらしいのですが、
予定が合わず、とうとう、お会いすることができなかったようです。

また、『銀の匙』で知られている中勘助氏も、白樺派に関連しています。

     DSC05862.jpg

柳宗悦氏を、大正期の我孫子に招いたのは、
柳氏の叔父であった、嘉納治五郎氏でした。
嘉納治五郎氏とは、言わずと知れた「柔道の父」

     DSC05863.jpg

志賀直哉旧居跡のすぐ近くに、
「白樺文学館」があります。

     DSC05868.jpg

大正期の我孫子白樺派で云えば、
弁栄聖者との関連で、
特に、柳宗悦氏の宗教思想等との関係に、興味があります。

柳宗悦氏は、ご案内のように、
浄土思想では、時宗の一遍上人に関する『南無阿弥陀仏』なる著作もあります。

また、柳宗悦氏が、我孫子に住んでいた時期は、
1914(大正3年)~1921(大正10)年まで。

弁栄聖者の最晩年と重なり、
聖者と柳氏との関係が、とても気になるところです。

現在では、まだ、この程度の情報のご提供です。


DSC05945.jpg  DSC05943.jpg

気になっている方がいらっしゃるかもしれませんので、
弁栄聖者創設の千葉松戸の「心光教会」は、
現在のJR松戸駅近くの伊勢丹の裏側辺りにあったようですが、
残念ながら、現在はないようです。 
スポンサーサイト

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

2015-02-09

「ふるさとはいずこと問えば下総の手賀の浦べのわしの谷の里(弁栄聖者作)」(聖者御生誕地、千葉県柏市鷲野谷周辺の風景)


今回は、鷲野谷(沼南地区)周辺の風景をご紹介します。

 DSC05817.jpg  DSC05814.jpg

手賀沼から霊峰東の「富士山」西の「筑波山」を眺めることができます。

「筑波山」は、手賀沼からは北方面。

弁栄聖者御在世中から時が経ち、
現在では、建物も立ち、
霊峰を眺めるためには、場所を探し求める必要があります。

手賀大橋から手賀曙橋へ進んで行くと左手に見えてきます。

裏ワザ情報ですが、
ハッキリと眺めたい場合には、
冬、雪の降った翌日、良く晴れ風の強い朝早くが、
ベストシャッターチャンスかもしれません。

田中木叉著『日本の光(弁栄上人伝)』は、初版が昭和11年ですが、

「遥かにみゆる筑波山はどんよりとした暮れ方の空に、うす靄にぼかされて、・・・」

と、既に描写されています。

「筑波山」とは、弁栄聖者の三昧発得の聖地

我孫子駅南口近くの「けやきプラザ」からも、筑波山を眺めることができます。

 DSC05805.jpg  DSC05896.jpg


  DSC00674.jpg  

手賀沼から、1~2kmほどのところに、

弁栄聖者の御生誕地、鷲野谷があります。

また、今月2月は、弁栄聖者の御誕生月。(旧暦という説もあり)

        DSC04373.jpg

弁栄聖者の御生家まで、ここから、数百メートル程度。


  DSC08134.jpg

弁栄聖者の御生家の近く、真言宗豊山派「善竜寺」

聖者が御幼少年期に、仏画などを教わったお寺。

教えて下った方は、広瀬堅信氏。
「後、東京田端の東覚寺に住し、又真言宗一派の管長となられ、一生親交があった。」
(田中木叉著『日本の光(弁栄上人伝)』)

聖者の御生家は、現在も、ご子孫が暮らされており、
ご迷惑となるため、写真は掲載していません。

 256.jpg  251.jpg

弁栄聖者の菩提寺の浄土宗「医王寺」
この地域には、弁栄聖者と縁の深い方々が多く、
「医王寺」では、弁栄聖者追悼法要等が、現在も連綿と続いています。
弁栄聖者創建の千葉県松戸市五香「霊鷲山善光寺」の復活を望みます。

「医王寺」の隣りが、聖者が筑波山入山前に、21日間激修された「薬師堂」と、
「弁栄聖者顕彰碑」

        DSC07901.jpg


  DSC04232.jpg

医王寺近くには、山崎家の田畑が点在しており、
弁栄聖者が、御出家までは、農作業にも専念され、
また、御出家後は、
この地で聖者は、アコーディオンを弾かれ、
子供たちと歌いながら、仏縁の種を植えられていったようです。


非常に興味深いことに、
この地から数㎞圏内に、キリスト教会がありました。


  DSC00648.jpg

「旧手賀教会堂」

明治12年に創立された、ギリシャ(ロシア)正教の教会で、
ニコライ大司教から、洗礼を受けたようです。

「如来光明礼拝儀」の成立は、
弁栄聖者にとって畢竟の大事業で、
御在世中何回も改訂され、
現在の版は、聖者が改訂された後、笹本戒浄上人に最終校正を依頼され、
聖者御遷化後にできたもの。

その「如来光明礼拝儀」の成立には、
キリスト教の影響が濃厚であり、
(弁栄聖者は、その説くところが真理であれば、
他宗教・哲学・科学的知見を、積極的に取り入れました。)

弁栄聖者とキリスト教との関係の研究は、
光明会関係では、山本空外上人、河波昌氏、藤本浄彦氏等の研究が特に知られています。

特に、山本空外上人は、その先駆者で、
空外上人の学位論文は、プロティノス研究で、
『哲学體系構成の二途ープロティーノス解釈試論ー』であり、
また、空外上人は、ニコラウス・クザーヌスの日本への紹介者。

 DSC07930.jpg  DSC00652.jpg

  DSC00667.jpg  DSC00660.jpg

複製ではありましたが、
山下りんのイコンが印象に残りました。

 
DSC00655.jpg

キリスト教でも、「ギリシャ(ロシア)正教」との接点が興味深く思われます。

ロシア正教といえば、
東京の御茶ノ水にある「ニコライ堂」を思い浮かべる方が多いと思いますが、
教会内に入られた方は、「イコン」が印象に残るかと思われます。

興味深いことに、
若き弁栄聖者が、芝増上寺で、『往生論註』や『唯識論述記』『倶舎論』などの講義を聴かれたのが、
大谷良胤氏で、ロシア大司教ニコライに請われるままに仏典の講義を行ったという。
(藤堂恭俊『弁栄聖者』)

ご案内のとおり、
弁栄聖者が提唱された「光明主義念仏の修行方法の特徴」の一つが、
掛け軸等に描かれた「三昧仏」様を、
お見つめし、お慕いし、聖名を唱える(念仏)という形式をとります。

〇「三身即一」と「三位一体」
〇「報身(霊応身)」と「聖霊観」
〇「三昧仏」様と「イコン」


等々との関係、今後も更なる比較研究が必要かと思われます。

なお、 井上洋治神父と法然上人
井上神父のお弟子筋にあたり、岐阜県岐阜市にある「山崎弁栄記念館」の館長でもある、
評論家の若松英輔氏と弁栄聖者など、
カトリックの方々が、法然上人、弁栄聖者にご関心があることも注目されます。

また、興味深いことに、
東京練馬「光明園」のHPを見ますと、

「一般財団法人 光明会」の上首で、練馬光明園の園主河波昌氏が、
加藤智神父(カトリック川越教会)と対談をされています。

加藤神父は、ローマ・カトリック教会司祭で、
藤本浄彦氏との交流が深く、法然上人への想いが深いようです。
また、とても興味深いことに、ご自身の「ミサの体験」から、
残念ながら、浄土(真)宗では、いまだに関心が薄い法然上人の『三昧発得記』に、
強い関心を寄せられているようです。

藤本浄彦氏は、
弁栄聖者の直弟子、元財団法人光明修養会上首、浄土宗乗学者藤本浄本上人の孫。

参考文献>:「加藤智「法然上人の念仏の相続における「三昧発得」ーその必然性と意義/一カトリック司祭の視点からー」 (藤本淨彦先生古稀記念論文集刊行会『法然仏教の諸相』)

今後、加藤神父が、河波昌氏との交流によって、
弁栄聖者にも関心を寄せられることを望んでおります。

DSC00661.jpg

少し離れた処に、 「新手賀教会堂」があり、
そこには、山下りんの描いた「イコン」が掲げられており、
こちらは、通常拝観ができないようです。

 DSC00640.jpg  DSC00642.jpg


鷲野谷から、20kmほど離れた千葉県印旛郡栄町には、
弁栄聖者が最晩年にお建てになった、

 DSC00615.jpg  DSC00618.jpg

「布鎌光明教会堂」があります。

当時から改修されていますが、
当時の面影が残る、素朴な、まさに「会堂」といった雰囲気。

弁栄聖者の御命日の毎月4日には、集いがあるようです。

現在は、弁栄聖者の最晩年の御弟子赤荻辨明氏の御子息、
孝明氏が、運営されているようです。

        DSC08986.jpg


記事が長くなりましたので、

医王寺から数㎞程にある弁栄聖者と因縁のある曹洞宗「龍泉院」と、
弁栄聖者との関係が気になる、大正期の我孫子「白樺派」については、
次回、記事にしたいと思います。

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

RSSリンクの表示
検索フォーム
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
アクセスカウンター
プロフィール

syou_en

Author:syou_en
山崎弁栄(べんねい)聖者(1859~1920)に出遇って初めて、各宗派宗教で説かれている教義、宗教体験が、腑に落ちました。

比較宗教、比較思想に一貫して関心を持ち続けています。

宗教には関心はあるけど、特定の宗派に凝ることには躊躇する。
そういう方も結構いらっしゃるかと思います。

そのような方は是非、弁栄聖者にふれてみてください。


(注)ツイッター(@syou_en)もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR