--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-03-03

「逆縁も順縁も、すべてはそのまま如来大悲の「帰趣」のみち。」(田中木叉『日本の光(弁栄上人伝)』)

弁栄聖者御在世当時、
聖者に出遭われた方が皆、初めから聖者に心酔されたわけではなかったようです。

その人と真に出会うには、
出遭う「タイミング」、「時」というものがあるようにも思われます。

今まで、弁栄聖者笹本戒浄上人田中木叉上人藤本浄本上人熊野宗純上人など、
聖者のお弟子方々との印象に残る出遭いをご紹介してきました。

今回は、弁栄聖者と、「逆縁」とも言える印象的な遭いをされた方々をご紹介したいと思います。

ハワイとアメリカに布教に行かれた神奈川二宮知足寺の相馬千里氏と、
弁栄聖者との霊的因縁の深かった咲子夫人、その夫でもあった新潟柏崎極楽寺住職の籠島氏、
に関する逸話です。

本郷の下宿屋で、弁栄聖者の説法の小さな集まりが開かれた時のこと。

聖者の傍聴を勧められながらも、相馬氏は、

「弁栄さん?弁栄さんて米つぶに字を書く人だろう。ありがとう。」

とそっけない返事をし、床にもぐり込んで小説を読み、
部屋の中まで聖者の御説法の声が聞こえながらも、
床から出ようとせず、

「なんの米粒行者の説教ぐらい」と鼻で蹴っていた。

そのまま寝込んでしまいふと目を覚ますと、
凍てつく冬の真夜中の午前三時。

南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、
とあの静かな声が、次の室からもれてくる。

相馬氏は、好奇心から、隙間からその室を覗くと、

(弁栄聖者は)薄暗い電燈の下に、袈裟をお頭の上からかぶって、
火の気の絶えた深夜の寒さの、床の中さえしみこむ中を、
机に端坐してしきりに筆を走らしておられた。

(註:これらが、全国の信者方への『御慈悲のたより』となって、現在に残っています。)

この弁栄聖者の無言の説法に魂をゆすぶられた相馬氏は、
明朝起きて聖者に教えを請わんとされたが、
時既に遅し、聖者は、巡教のために旅立たれた後、
今生の別れとなってしまいました。

「この夜のこの印象が年月へだてて、ご滅後に関東光明会火つけの親としての
相馬千里師の一家一族の信心に炎にもえあがる導火線となった。」


と田中木叉上人は、結ばれています。


次は、籠島氏に関する逸話。

籠島氏は、明治二十五年弁栄聖者が浄土宗本校建設資金勧募巡錫のお伴をされた方。

その節、聖者の汚い法服、きまり文句の説教、
それに多数の書を口、両手、頭で書かれ、
寒い時は鼻水を垂らして夢中である様子に、
むしろ軽蔑の念さえおこし、
更に、聖者が異安心と言われてもいるし、
今度講師として来られたと聞いても、
講話聴聞の考えは毛頭なく、
旧知の人に挨拶する程度の気分で、会場の寺に行かれた。

弁栄聖者は、低い声で称名しながらご不浄場から居間に帰られる所で、
出会いがしらに、聖者は神々しいお慈悲あふるるおもてをこちらに向けて、

「これは籠島さんですね、久しぶりでございます、
南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏」

と仰せられた。

その端的、籠島師の身心は電流に打たれたごとく、
なんともいえぬ一種の感じがこみあげてきて、
思わず知らず泣きじゃくり涙とどまらず、
体うごけずして長い間ひれ伏してしまった。


講演の時間になり本堂に登らるる弁栄聖者を拝して、

「久遠の親様にお会いした心地」となり、
傲慢懈怠の過去が恐ろしく、はじめて真実求法の志が湧いた。


それから自坊極楽寺にもご巡化を願い、年々の厚き徳化をこうむった、と。

新潟柏崎極楽寺とは、弁栄聖者ご遷化のお寺。

極楽寺籠島氏の御夫人であった咲子夫人が、
弁栄聖者のお別時に度々参加され、お寺を留守にできたのも、
咲子夫人の夫であった籠島氏の理解あってのこと。

籠島氏の弁栄聖者への篤い信なかりせば、
ありえないことであったことと思われます。


このお二人の逸話は、
弁栄聖者との「逆縁」の出会いで、
特に印象に残る逸話として、是非、ご紹介したかったもの。


参考文献:田中木叉『日本の光(弁栄上人伝)』に記されています。
スポンサーサイト

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

RSSリンクの表示
検索フォーム
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスカウンター
プロフィール

syou_en

Author:syou_en
山崎弁栄(べんねい)聖者(1859~1920)に出遇って初めて、各宗派宗教で説かれている教義、宗教体験が、腑に落ちました。

比較宗教、比較思想に一貫して関心を持ち続けています。

宗教には関心はあるけど、特定の宗派に凝ることには躊躇する。
そういう方も結構いらっしゃるかと思います。

そのような方は是非、弁栄聖者にふれてみてください。


(注)ツイッター(@syou_en)もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。