2014-01-23

「神力演大光 普照無際土 消除三垢冥 広済衆厄難」(「四誓偈」『無量寿経』)

2014年1月、初詣ということもあるのでしょう。

東京芝増上寺のHPには、 「今月の言葉」として、

「神力演大光 普照無際土 消除三垢冥 広済衆厄難」(「四誓偈」『無量寿経』)

が、紹介されています。

弁栄聖者がご提唱された「光明主義」が、
これほど素晴らしい御教えにも係らず、
あまり広まっていない現状の要因の一つに、
「現世利益の軽視」があると、
かつて、考えていました。

批評がしばしば、その評者の境涯を図らずも露呈するように、
私の分析も、例外ではありませんでした。

弁栄聖者は、

「洗濯をしていると自づと手の垢が取れる」と。

(「」つきの)「現世利益」とは、
弁栄聖者にとっては、本質的には重要なことではなかったように思われますが、
あまりにも自然で殊更強調するまでもなく、

「不求自得」

という表現が、最も適切であるように思われます。

「仏陀禅那」弁栄

と弁栄聖者は、自己規定されています。

「仏陀禅那」とは、「不離仏値遇仏」、つまり、「念弥陀三昧証入」の意。

「十二光」の「炎王光」、「清浄光」・「歓喜光」・「智慧光」・「不断光」
に、絶えず浴しておられた方。

弁栄聖者は、如来の「十二光」を開顕するために、この世に使わされたともいえるかと思います。


「四誓偈」『無量寿経』では、

「消除三垢冥 広済衆厄難」

となっています。

「我々の願い」は、往々にして、「欲」から発していることが多く、
「願い」、「欲」が、そもそも「悩みの元凶」となっているようにも思われます。

その元凶である「貪・瞋・癡」という「三垢冥」を消除し、「衆厄難」を広済す。

ここに、深意あり。

まことにありがたくいただきたい言葉。


なお、その当時の科学にも精通されていた弁栄聖者は、
「神力」を、「神的エネルギー」と表現されています。

スポンサーサイト

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

RSSリンクの表示
検索フォーム
カレンダー
12 | 2014/01 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスカウンター
プロフィール

syou_en

Author:syou_en
山崎弁栄(べんねい)聖者(1859~1920)に出遇って初めて、各宗派宗教で説かれている教義、宗教体験が、腑に落ちました。

比較宗教、比較思想に一貫して関心を持ち続けています。

宗教には関心はあるけど、特定の宗派に凝ることには躊躇する。
そういう方も結構いらっしゃるかと思います。

そのような方は是非、弁栄聖者にふれてみてください。


(注)ツイッター(@syou_en)もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR