2013-10-27

「ときとき別時の念佛を修して、心をも身をもはげまし、ととのえへすすむべき也。」(法然上人)

或人、法然上人に、

「念仏の時、睡にをかされて、行を怠り侍る事、
いかゞして、この障りを止め侍らん」

と申しければ、

「目の醒めたらんほど、念仏し給へ」

と答へられたりける、いと尊かりけり。


と、徒然草の著者である吉田兼好は、法然上人の御教えに感銘を受けています。

円熟した法然上人の対機説法だと思われますが、

法然上人の御教えには、「人間性に対する洞察力の深さ」「大らかさ」を感じます。


法然上人の念仏は、平生の念仏も常人の域を遥かに超えていましたが、
その法然上人が、次のように訓示しておられます。

「ときとき別時の念佛を修して、心をも身をもはげまし、ととのへすすむべき也。
・・・人の心さまは、いたく目なれ、耳もなれぬれば、
いそいそとすすむ心もなく、あけくれは心いそがしき様にてのみ、疎略になりゆく也。
その心をためなをさんが料に、時々別時の念佛はすべき也。」
(法然上人『七箇條起請文』)



〇平生の念仏
〇別時の念仏
〇臨終の念仏


法然上人は、この三種について、
「それぞれの特徴と効用」を認めておられていました。

「別時の念仏」とは、長期間、日常生活を遮断し、念仏に専念する修し方です。

別時念仏会に参加された方は、
「坐禅の修行」と似ていると思われるかもしれません。

もちろん、弁栄聖者がご提唱された念仏の形式内容の極意は、

「他佛を念じて自佛を作る」であり、

その修し方心の用い方は、

「真正面に在します、オヤ様(如来様、阿弥陀様)を、
愛慕する情に導かれ、いついかなる時にも、常時、念じ奉る」


処にあるように思われます。

弁栄聖者がご提唱された「光明主義の念仏の修し方」の特徴も、
「平生」と「別時」の念仏を車の両輪と捉えておられていた点かと思われます。

スポーツのトレーニングに喩えれば、
「日々の訓練」と「合宿での訓練」といえましょうか。

田中木叉上人は、「別時」念仏と「平生」の念仏との関係を、
時計の「ネジ巻き」と時計の「作動」に喩えておられました。

法然上人は、時代性もあったことでしょう、
「臨終」の念仏も重視されました。

最後の最後、臨終まで、「摂取不捨の利益」を念仏の優れた功徳に見ておられていました。

何故、法然上人は、「臨終」の念仏を重視されたのか。

争いが絶えず、「死」が日常生活と切り離せなかった「鎌倉時代という時代性」「人間性」への鋭く深い洞察
に基づいておられたためかと推察いたします。

「臨終」においては、人は「無後心」になる可能性が大であります。

ちなみに、「無後心」の反対は、
私達の平生の構え、「有後心」、つまり、「まだ、後があるさ」という気の緩み

「無後心」の念仏を、「念死念仏」ともいうようです。


なお、弁栄聖者は、

「摂取不捨の利益」を、「霊育」・「お育て」

と説かれています。


参考文献:藤堂俊章編『念佛三昧の世界 ー忍懲上人著 別時念佛三昧法諺註ー』


長くなりましたので、最後に、「僧俗一体で実施される」別時念仏会について、
見聞によるものも含め、今回は、簡単にご紹介します。

別時念仏会には、数時間、半日、一日という短期間のものから、
聖地唐澤山別時のように一週間という長期間のものまで、
幾つかの形式があります。

別時念仏会の実施場所としては、
念仏の形式、特徴は、まちまちであるようですが、

〇「京都の知恩院」
〇「東京芝の増上寺」
〇「為先会」
〇「光明会に理解のあるお寺等(光明修養会のHP参照)」
〇「兵庫芦屋の光明会本部聖堂」
〇「東京練馬の光明園」
〇「東京芝の観智院・真生同盟」

12月4日当日、前後に、各会場で、弁栄聖者祥月命日別時念仏会が実施されているようです。

その他にも、小集団で実施している所もあるようです。

なお、残念ながら、
現在の浄土宗のお寺が、弁栄聖者を御存じであるとは限らず、
聖者に理解があるとは限りませんので、
その点は、ご注意ください。
念のため。
スポンサーサイト

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

2013-10-16

10/15のツイートまとめ

syou_en

「一般財団法人 山崎弁栄記念館」ホームページ開設のお知らせhttp://t.co/uh5PTiZmqi
10-15 23:33

2013-10-15

「一般財団法人 山崎弁栄記念館」ホームページ開設のお知らせ

 「一般財団法人 山崎弁栄記念館」ホームページが開設されました。

組織

館長 若松英輔

副館長 久松定昭

事務局 長良川画廊



役員

代表理事 若松英輔(文芸批評家、株式会社シナジーカンパニージャパン代表取締役)

代表理事 河波昌(仏教哲学者、光明修養会上首)


評議員 石川乗願(浄土宗法城寺住職)

評議員 金田昭教 (浄土宗長圓寺住職)

評議員 久松定昭(久松真一記念館館長)

(評議員は五十音順で表記しております)

監事  岡田晋(長良川画廊)


今後の充実が、楽しみです。

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

RSSリンクの表示
検索フォーム
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスカウンター
プロフィール

syou_en

Author:syou_en
山崎弁栄(べんねい)聖者(1859~1920)に出遇って初めて、各宗派宗教で説かれている教義、宗教体験が、腑に落ちました。

比較宗教、比較思想に一貫して関心を持ち続けています。

宗教には関心はあるけど、特定の宗派に凝ることには躊躇する。
そういう方も結構いらっしゃるかと思います。

そのような方は是非、弁栄聖者にふれてみてください。


(注)ツイッター(@syou_en)もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR