--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-02-17

「すきとおり尽十方はただ光 是ぞ我かもこれ心かも」(田中木叉上人作詞「じひの華つみうた(三) 光にとけて」『光明歌集』)

「白隠展」(~2013年2月24日 渋谷・東横本店横 Bunkamura ザ・ミュージアム)を観てから、
「禅と念仏」への関心が再燃したようです。

「白隠展」を観ての感想は、こちら。

弁栄聖者の直弟子、信者方の中で、
聖者ご提唱の「光明主義念仏」のみで、
深い悟り「仏眼」を得られ、しかも、まとまった文章等が遺されている方は、
田中木叉上人をおいて他にいません。

(注)「光明主義念仏」といっても、もちろん、念仏に違いがあるわけではありませんが、
念仏を唱える際の「心のかけ方」に違いがあるだけです。
しかし、この「心のかけ方」が、決定的に重要と云われています。
ただ、このことは、弁栄聖者の我見、独創では決してなく、
釈尊、善導大師、法然上人の真精神を、聖者が「開顕された」に過ぎません。

もちろん、聖者の直弟子の中で笹本戒浄上人は、
念仏に拠って「仏眼」を得られましたが、
聖者に出遭われる前に、既に、「見性体験」がありました。

弁栄聖者ご自身もお若い頃、「華厳法界観」を成就されていますので、
ある信者が問われました。

「私たちも弁栄上人のように、華厳の修行をする必要がありますか?」と。

聖者はその疑問に対し、

「いいえ、その必要はありません。念仏のみでよろしいです。」

と、キッパリと自信を持って、お答えになっています。

「すきとおり尽十方はただ光 是ぞ我かもこれ心かも」
(田中木叉上人作詞「じひの華つみうた(三) 光にとけて」『光明歌集』)


この木叉上人のご道詠、
意外に感じられるかもしれませんが、
もちろん、念仏者のものです。

さらに、

「斯の心 身の内のみか満天地 見ゆる所に見る心かも」
(田中木叉上人作詞「じひの華つみうた(三) 光にとけて」『光明歌集』)


とも詠まれています。

禅の悟り「見性体験」=「慧眼」を、
こんなふうに詠まれると、何か伝わるものがありませんか。

もちろん、「仏を念(縁)ずる」念仏ですから、
「慧眼」の他、心霊差別現象を認識する「法眼」も開かせていただけます。

「ああ尊とああ〈 尊とああ尊と 輝き給う大ミオヤ様」
(田中木叉上人作詞「じひの華つみうた(三) 光にとけて」『光明歌集』)


笹本戒浄上人は、

「白隠禅師は晩年は念仏をされていました。
そこまでいく禅者は宗教的天才に限ります。」


とご指摘されました。

前回記事にした後、多少補足する必要があると思いました。

「仏眼は慧眼と法眼とを統一し双照す。」
(「成所作智」『弁栄聖者光明体系 無辺光』 )


「慧眼」も「法眼」も、まだ道中、
「慧眼と法眼とは、背面相翻の状態」、
時を異にして交互にお育てを被っている状態で、
大ミオヤの部分的真理認識の段階。


禅などのように、霊相等を否定してもそれが自ずと顕現してくるのは、
その現象が「魔」などでは決してなく、

「慧眼満位になると自ずと法眼が開ける。」

これが、厳然たる「心霊差別現象を規定している大ミオヤの法則」です。

「見性体験」=「慧眼」といっても、
本当は、真実は、自力で開けるものではなく、
「如来平等性智」に依って、開かせていただいているのですが、
自力の観念が強過ぎるため、この事実になかなか気付けない状態。

神・仏の実態、真実は、
言わずもがなですが、「人間の信念に左右されるものでは決してない」
神仏観が、宗教、宗派等により異なるのは、
「人間の側の、神仏認識の深浅に依る」


と断言してよいように思われます。

弁栄聖者の実地体験に依りますと、
「仏眼の境涯」にも、更に無尽の深さがあると云うのです。

田中木叉上人は、「慧眼」形式面での合一では得られない、
「法眼」、「仏眼」による内容面での融合の実態のほんのさわりを、
分かりやすく文章に遺してくださいました。

「この三世十方をつらぬく ハッキリさも勿論ありがたいが、
それだけではなく、更に更に有難いことは、
大悲大慈の光明顕赫たる大御親様が現前ましまして下さる時がある、
着物に過ぎぬ この身体の命終の時もそうであるが、
命終でない平素の念仏三昧中に現前ましまして、
その分、その分に応じて、
大御親様の内容にそなえ給う万徳の一部一部を、
ひれ伏し拝む心に、与え下さる、それが一ばん大切な、ありがたい、
辱けない、もったいない、感応同交の願わしさである。」
(藤堂俊章編『田中木叉上人遺文集』)


弁栄聖者は、「開示悟入」の入の位である「三身四智の仏眼」
その究極である「認識的一切智の境涯」を、
『無量光寿』に、さらっと開顕されています。

「すでに証得したる無量光は尽十方の空間を尽したる霊体と合一したるも、
已後の無量光は、数量に於て、
若くは色法心法一切の万法に於て無量無辺なり。
この無量の法には各其自性の理を有す。
一切の無量の事々物々の真理を悟るを事の無量光と云う。
無量は一切万法に名け光明は万法を悟る智慧に名く。
智慧に真理を認識する智と又実行を照す智慧とあり。
この両面に在りて照す処の智慧を云う。
寿とは生活々動の義または実地の行為の義なり。
即ち光明の中に仏行永遠無窮に行うを無量光寿と云う。」
(『弁栄聖者光明体系 無量光寿』)


霊体との形式的同一は、「理の無量光」=「無生忍」の境涯であり、

「此に於て能事終れりと謂うは甚だ誤謬なり。」とし、

釈尊の甚深なるお悟りである「開示悟入」の入の位、
「無生法忍」の境涯である「三身四智の仏眼」、
その究極である「認識的一切智の境涯」=「事の無量光」を、
開顕されました。

私が、大悟徹底された念仏者である弁栄聖者に関心があり、
尊崇してやまないのは、
弁栄聖者の「宗教体験、神仏観、神仏認識」の甚深さにあり、
それを著作に遺された方が、ほとんど絶無に近いと思われるからです。

今回は、かなり長くなりましたが、

最後に、弁栄聖者によって直観された、
大乗仏陀釈尊、晩年の法然上人のお悟りの内容が、
『宗祖の皮髄』に記述されておりますので、
それを記して終わりたいと思います。

「自性は十方法界を包めども中心に厳臨し玉ふ霊的人格の威神と慈愛とを仰ぐもあり。
真空に偏せず妙有に執せず、
中道に在て円かに照らす智慧の光と慈愛の熱とありて、
真善微妙の霊天地に神を栖し遊ばすは、
是れ大乗仏陀釈迦の三昧、又我宗祖の入神の処なりとす。」
(山崎弁栄上人述『宗祖の皮髄』)
スポンサーサイト

2013-02-11

「白隠展」(~2013年2月24日 渋谷・東横本店横 Bunkamura ザ・ミュージアム)を観て

道元禅師は、知っていても、
白隠慧鶴(1685~1768)については、
名前程度しか知らない方もいらっしゃるかと思います。

現在日本の臨済禅は、全て白隠禅師に源流があり、
五百年に一人の傑僧であるとさえいわれています。

今回の「白隠展」(~2013年2月24日 渋谷・東横本店横 Bunkamura ザ・ミュージアム)は、
大変充実した内容で、とても貴重な機会。

かくいう私も、白隠禅師について、詳しくは存じあげないのですが、
とても気になる禅僧の一人です。

臨済禅では、「直指人心 見性成仏」を悟りとし、
その実現を目指します。


笹本戒浄上人は、禅にも縁の深い方であったためでしょうか、

『笹本戒浄上人全集 中巻』の「晩年の白隠禅師」の項に、

白隠禅師及び禅についての大変重要なご法話が残っています。

「白隠禅師は、自ら法眼が開けて如来様を拝まれました。
それで、白隠禅師は、晩年は一心に念仏なさいました。
白隠禅師のようになるお方は極めて稀で、
宗教的天才に限ります。」


笹本戒浄上人は、

「(弁栄聖者の真精神である憶念口称)念仏のみが、成仏への直線道である。」

と強調なさいましたが、
それは、決して、排他的、光明主義念仏の強制、強要ではなく、
実に、戒浄上人のお慈悲の発露だったことは、
次のお言葉から推察されます。

「さらに進んで仏眼を得るお方は実に稀であります。
禅宗の大部分のお方は信念を変更する所まで行かないうちに、
この世を去って行きます。
このように信念を正しく変更することは極めて困難であります。」


「如来様は、本来無相無色に在ますと同時に本来人格的の御相好在ます。」

この如来様の真に正しい認識は、
仏眼においてこそ、可能となるからです。

ある時、光明会の信者が田中木叉上人に質問なさいました。

(信者)「禅では慧眼、(従来の)浄土門では法眼、
どう考えたらよろしいのでしょうか?」

(木叉上人)「はい、まだ「即」となっていないのですね。」

慧眼・法眼が「即」の境涯こそ、仏眼の境涯であります。

この点について、学術的にも研究されておられるのが、河波昌氏であり、

氏によると、

「そもそも禅は、念仏の内から必然的に生じてきたものです。」

と、大変興味深い見解を示されています。

この点を学術的に詳しく研究したい方は、
二十世紀の初頭、敦煌において発見された、
「初期禅」を知るための必読文献、

『楞伽師資記』があるようです。


今回の「白隠展」を見ながら、興味深いことに気づきました。

白隠禅師の画かれる観音様のお冠は、空となっており、
弁栄聖者の画かれる観音様のお冠は、如来様が描かれています。

『般若心経』では、「観自在菩薩」であり、
『観音経』では、「観世音菩薩」だからでしょうか。

訳(者)の違いで、語源は同じのようです。

もう一点、これは今後の私の研究テーマでもありますが、

「南無不可思議光如来」

という大きな掛軸がありました。

浄土真宗ではよく知られた『正信偈』冒頭の、

「帰命無量寿如来、南無不可思議光」

との関係が、非常に気になりました。

玉城康四郎氏は、

晩年の達磨大師は、「仏を念じて」おられたと、
大変興味深い指摘をされています。

先ほど引用しました、笹本戒浄上人ご指摘の、

「白隠禅師は、自ずから法眼開け、
晩年は、念仏をされていた。」


との関係で、大変興味があるところです。

私は、現在のところ、これを実証する文献を発見できていないのですが、
まだ、時間がかかりそうで、
また、今回の貴重な「白隠展」の閉会時期が迫っており、
このような状態で、アップした次第です。

もし、この点に関する文献をご存じの方は、
是非お知らせください。
お願いいたします。

更に、
臨済禅を修された町田宗鳳氏は、
アメリカに留学し、博士論文は、「法然上人」に関してとのこと。

ちなみに、町田氏の「法然上人観」は、
弁栄聖者のそれ(例えば、 『宗祖の皮髄』 )と重なる所があり、
町田氏の動向には、個人的に注目しています。

また、忘れてはならないのは、
西田幾多郎の親友にして、禅の欧米への紹介者でもあった鈴木大拙

「妙好人」の紹介者であり、
晩年は、親鸞聖人の『教行信証』を英訳されていたとのこと。

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

2013-02-03

「弁栄聖者の俤(おもかげ)」(弁栄聖者の日高丙子郎氏へのご教化)

私が、弁栄聖者をこよなく敬愛する点は、

「弁栄教学の比較宗教学的側面」における圧倒的な深さ広さは云うに及ばず、

「宗教家としての弁栄聖者の衆生済度の在り方」、
釈尊を彷彿とさせる、その「対機説法の自在さ」にあります。

光明主義関係の本をお読みになった方は、
笹本戒浄上人田中木叉上人への弁栄聖者のご教化の在り方を、
ご存じの方もいらっしゃるかと思います。

弁栄聖者の見事な対機説法には、
本当に感動するお話が多いのですが、
その中でも、特に私の印象に残る逸話がありますので、
今回ご紹介したいと思います。

日高丙子郎氏への弁栄聖者のご教化の在り方です。

聖者への初謁見時より、
日高氏は聖者への霊格には敬服されたが、
永年の禅の修行のため、念仏がどうしてもできなかった、
とのことです。

本堂での念仏の時にも称名せず坐禅をしており、
その後、二階で雑談をしている時、
聖者が来られ、

「日高さん、一寸」

といわれたので、後についていくと、

如来様のお掛け軸の前に線香が薫じられていて、
座蒲団が二つ並び木魚が置いてあった。

弁栄聖者は、日高氏にその一つの座蒲団をすすめ、
一言もなく、ご自身だけでお念仏を始められた。

ところが、日高氏は、後ろに座ったまま、

「念仏などするものか、それにあの本尊様のお顔はなんだ」

との心持でじっとしていると、

聖者は後ろを振り向いて、
「日高さん」といって、またそのまま念仏をされる。

そんなことが二三度重なり、
義理にも念仏せずにはおられなくなり、
弁栄聖者の声に声を合わせて木魚を打ちだすと、
しばらくにして我を離れ、
ふと気づいた時は、もう聖者はそばにおられなかった。

お念仏をやめて居間に伺うと聖者は、
「これをご覧なさい」と一冊のお経、『観無量寿経』を下さった。

その時初めて、しみじみと浄土経文の尊さを味わった、とのこと。

その翌日、本堂で朝の念仏がすみ、
居間に下がられ聖者に、
しきいの外で起立三拝ねんごろをきわめ、
また落涙しばし止まず、
それからお側で幾日かのご勧化を受け、
すっかり念仏行者となった。

もし二階で「お念仏しましょう」などと仰せを受けたなら、
即座にことわったに違いないこの当時の心地を観察して、
済度の方便を用いらるること実にあざやかなものであった。

田中木叉上人は、『日本の光(弁栄上人伝)』に記されています。

木叉上人は、

「仏道修行に、直線道などありませんよ。」

と言われていたようですが、
この弁栄聖者の「衆生済度の自在な方便力」を評されての言かと推察いたします。

ところが、一方で、
「三身四智の仏眼」を体得されていた弁栄聖者において、
初めてこの自在な方便力は可能である、
という側面がある点と、

大宇宙の究極目的、お悟りの究極「成仏」の内実、
つまり、「悟りには深浅があること」が、
弁栄聖者には認識されていたのであろうことも推察でき、

弁栄聖者を学ぶ者は、この両側面を、決して忘れてはならないと思います。

いうまでもないことですが、
方便力の目的は、真実に導くためである、からです。

ここで、「どうして、禅ではないのか?」

との疑問が生じるかと思います。

私は、禅について論じるほどの知識、参禅体験を持ち合わせていませんが、

弁栄聖者は、

「五眼明了に開き来て始めて円満なる仏教を信ずることを得べし」
(『弁栄聖者光明体系 難思光 無称光 超日月光』)

(注)五眼とは、肉眼、天眼、慧眼、法眼、仏眼のこと。

と、言明されています。

また、弁栄聖者は、お弟子の笹本戒浄上人が、
禅宗流の「無相法身を所期とする念仏」を突破できずに、悩みに悩んでおられた時に、

「能礼所礼性空寂 感応道交難思議 故我頂礼無上尊」

「座禅もここまで来なければ駄目である」


との極めて重要なご指南が残っています。


弁栄聖者が、「三身四智の仏眼」により明了に認識された円満なる如来(神)観、宗教観とは、

「超在一神的汎神教」

であります。

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

RSSリンクの表示
検索フォーム
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
アクセスカウンター
プロフィール

syou_en

Author:syou_en
山崎弁栄(べんねい)聖者(1859~1920)に出遇って初めて、各宗派宗教で説かれている教義、宗教体験が、腑に落ちました。

比較宗教、比較思想に一貫して関心を持ち続けています。

宗教には関心はあるけど、特定の宗派に凝ることには躊躇する。
そういう方も結構いらっしゃるかと思います。

そのような方は是非、弁栄聖者にふれてみてください。


(注)ツイッター(@syou_en)もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。