FC2ブログ

2012-11-10

「仏眼が開けたら、一応、安心してよい。」(弁栄聖者)

以前、弁栄聖者作「念仏七覚支」の記事を書きました。

その中で、「定覚支」を仏眼の境涯、「不退転位」であると、記しましたが、
この点は、おそらく、弁栄聖者によって初めて明言された事実で、
極めて大切だと思われますので、もう少し詳しく追記したいと思います。

笹本戒浄上人のお弟子筋にあたる方に、能見寿作という方がおられました。

戒浄上人から、「能見さんなら構いませんよ」と『真実の自己』の筆記を特別に許され、
また、田中木叉上人から「般若道人」という号を与えられた方でもあり、
光明会本部聖堂出版の『光明主義入門講座』の筆者としても知られています。

その能見氏が、

「光明会の方は、弁栄聖者の御教えを軽く考えている方が多いように見受けられる。
例えば、七覚支の最初の『択法覚支』。
この境涯は、普通考えられている以上に、高い修行段階である。
多くの方々は、五根五力の修行を行きつ戻りつしていることがほとんどである。」


と、こんなことを語られたことがあったようです。

確かにこれは、弁栄聖者の御教えを学ぶ者にとって、
耳が痛い忠告であり、深く心に留め置くべき「訓戒」だと思われます。

といいますのは、弁栄聖者の御教えを学んでいきますと、
他の宗教で説かれている境涯の程度がよく見えてきて、
弁栄聖者の御教えの「絶対的優位性」を、早晩認識してしまうからです。

また、数学者の岡潔博士は、笹本戒浄上人の優れた点として、
何点かを挙げられていましたが、
(お悟りの深さは言うまでもありませんが)、
その内の一つは、成仏の暁まで霊育過程を明示した点を挙げられていました。

あるいは、この様な高い境涯は、自分にはまだ早過ぎる、
と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
初めから最終目的を知ることはやはり必要不可欠であり、
また、「破邪」の点からも必要であると思われます。

前置きが長くなりましたが、
「定覚支」を仏眼の境涯、「不退転位」についてです。

法然門下でも鎮西派では、「三昧発得」を念仏の目的として掲げているようです。

笹本戒浄上人は、二祖鎮西上人が「三昧発得」と言われているご境涯を、
弁栄聖者の七覚支でいえば、「喜覚支」である、
と明言されています。

それはそれとして、何故、「定覚支」の仏眼の境涯を「不退転位」というのでしょうか。

私は、しばらく疑問に思っていました。

その疑問を晴らしていただいたのが、杉田善孝上人でした。

「定覚支以前の境涯では、まだ、慢心の心、天狗の心、その煩悩がとれていない。
したがって、退転する危険がある。
その慢心の根が断たれるのが、定覚支、初歩の仏眼の境涯である」
、と。

三身四智聖者であられた善導大師の金言に、

「所見の境界人に語るを得ざれ」

と、訓戒されています。

「慢の元」となるからです。

最後に一つ。

弁栄聖者のこの御言葉を注意して読みますと、

仏眼が開けたら、「一応、安心してよい」。

と仰られています。つまり、

この極めて高い「定覚支」の仏眼の境涯でさえ、「不退転位」ではありますが、
まだ、終局ではない、


ということです。

そこで、笹本戒浄上人は、より厳密に、「初歩の仏眼」とお示しになっていらっしゃいます。

遥か彼方な境涯である「仏眼」にも、まだ悟りの深まりの段階があるというのです。

弁栄聖者の「七覚支」とは、上述のような含蓄があるのです。
スポンサーサイト



RSSリンクの表示
検索フォーム
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
プロフィール

syou_en

Author:syou_en
山崎弁栄(べんねい)聖者(1859~1920)に出遇って初めて、各宗派宗教で説かれている教義、宗教体験が、腑に落ちました。

比較宗教、比較思想に一貫して関心を持ち続けています。

宗教には関心はあるけど、特定の宗派に凝ることには躊躇する。
そういう方も結構いらっしゃるかと思います。

そのような方は是非、弁栄聖者にふれてみてください。


(注)ツイッター(@syou_en)もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR