FC2ブログ

2012-07-29

「自作自受、他作他受」の解釈を巡って(試論)

現在、光明主義の教学を学ぼうとする者は、
大変ありがたいことに、田中木叉上人がご編纂された
弁栄聖者の御遺稿『弁栄聖者光明体系』が復刊されていますので、
それらを研究するわけでありますが、
御遺稿を読まれるとすぐ気づかれることかと思われますが、
独学で研究するのは、なかなか困難であります。

幸い笹本戒浄上人のお弟子、戒浄上人を尊崇される方々のご努力により、
『笹本戒浄上人全集』、『弁栄聖者 光明主義注解』などが刊行されており、

また、最近では、貴重な
冨川茂と重住茂両氏による『田中木叉上人 御法話聴書』も刊行されています。

さらに、比較思想学的観点から学術研究もされている
財団法人光明修養会上首東京練馬の宗教法人光明園主でもある、
河波昌氏の論文、著作等は、
弁栄聖者の光明主義研究には、欠かせないものとなっていると思います。

この他に光明主義の歴史上忘れてはならない方に、
「山本空外上人」という重要人物がいますが、
「空外上人の弁栄聖者観、念仏観」については、
まだ研究中で、今は、この指摘だけにとどめます。

前置きが長くなりましたが、

さて、「自作自受、他作他受」についてです。

このことは、笹本戒浄上人が強調されたことですが、
河波昌氏は、この点について、

「念仏とは、他作自受である」。

と定義されていますが、
つまり、「縁起」と「回向」の観点などから、論及されています。

私は、自分の経験、実感から、河波昌氏の定義に賛同しています。

笹本戒浄上人直系の方々、つまり、光明会本部聖堂では、
「自作自受、他作他受」の立場を取っている
ように思われます。

この点については、戒浄上人の御教えの中で、今だに疑問を持っている点です。

ただ、戒浄上人が強調された「直線道」の言葉についても、
最初はなかなか腑に落ちませんでしたが、
時間をかけてじっくりとその言葉の真意を研究していくと、

「直線道」とは、
弁栄聖者が三昧直観された如来の真相である三身即一の仏身論より、
必然的に導き出されていた


ことが理解でき、「直線道」の真意を受け入れることができたという経験がありました。

ただ、依然として、この「直線道」という言葉は、
誤解を生み易い言葉である
と思っています。

同様なことが、「自作自受、他作他受」の解釈にもいえるかもしれないと思い、
この問題にも、こだわり、関心をいだき続けてきました。

岡潔博士は、光明会本部聖堂、杉田善孝上人にも縁が深かったので当然かもしれませんが、
随筆の中で「自作自受」を自明なこととして述べられていることを、
最近、知りました。


まず、「自」と「他」の定義が一般の定義と違うのではないかとの疑問があります。

「我といふは絶対無限の大我なる 無量光壽の如来なりけり」

との弁栄聖者のご道詠に対して、

「この我は真我のことで、弁栄聖者の真精神の御教示では、

真我には、

”絶対の報身の最高最深のいつも変らぬあり通しの永遠の生命”と
”法身の粋である絶対の報身”

の二義がある」


と、戒浄上人は仰せられた。(『笹本戒浄上人伝』)

と御教示されています。

ついでながら、ここでご指摘されている「あり通しの永遠の生命」とは、
禅での「見性」体験、その「真実の自己」よりも深い「真実の自己」のようで、
「真実の自己」にも、深さが想定されているようです。

私が「自作自受、他作他受」にこだわるのは、
前者は、信仰における「信念」の問題に、
後者は、「回向」に関わる重要な問題を含んでいるためです。

戒浄上人が「直線道」を強調される理由の一つが、
「自作自受」の原理が、衆生の信念にもあてはまり、
信念「(自作」)→それに相応した結果。

となり、如来の真相と相違した「信念」では、
必然的に、如来の真相には達することができない、
ことになります。

この点こそが、最大かつ根本的な疑問で、
今となっては杉田善孝上人に直接お聞きできず、とても残念です。

ただ、ありがたいことに、
『弁栄聖者 光明主義注解』には、解明の手がかりが記されています。

「衆生がどのような信念で修行しても、
三身即一の報身の直接作用によって、大ミオヤの御力で
ミオヤのお育てを各人相応に受けることができて成仏の身となる」
というような事実はない。


この箇所は、私が疑問をいだき続けている、いわゆる「自作自受」の定義。

ところが、別の箇所には、これとは異なる説明がなされています。

「大ミオヤの理性と感性は共に能動的である」
と弁栄上人がご教示になっておられる。
・・・白隠禅師の場合のように、
大ミオヤに妙色相好身在ます事実を否定しながら
無相無色の平等の面に三昧心を注いでおられるにもかかわらず、
白隠禅師の信念に反して、
自分が求めないのに法眼が開けて
大ミオヤの御姿を見奉るようになった。
・・・これは絶対の根本仏に在ます三身即一の報身の
理性と感性が共に絶対円満な能動態で、
衆生の信念を絶対能動的に受け入れて
内的目的論的に衆生を仏化し、
衆生の信念の不完全、不明確の点を
能動的に光明化して下さる事実を示すものである。


と。

あるいは、あの有名なキリスト迫害時にパウロに生じた現象を思い出された方もいるかと思います。

笹本戒浄上人の御教示として記されている言葉、
例えば、「直線道」、「自作自受」は、
光明主義教学の研究のうえで、特に注意を要する重要語だと思われます。

まだ、試論の段階ですので、ご教示をいただければ大変ありがたいです。
スポンサーサイト



RSSリンクの表示
検索フォーム
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスカウンター
プロフィール

syou_en

Author:syou_en
山崎弁栄(べんねい)聖者(1859~1920)に出遇って初めて、各宗派宗教で説かれている教義、宗教体験が、腑に落ちました。

比較宗教、比較思想に一貫して関心を持ち続けています。

宗教には関心はあるけど、特定の宗派に凝ることには躊躇する。
そういう方も結構いらっしゃるかと思います。

そのような方は是非、弁栄聖者にふれてみてください。


(注)ツイッター(@syou_en)もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR