FC2ブログ

2012-07-19

「仏教徒が、その瞑想的ヴィジョンにおいて、キリストやマドンナをみないのはなぜだろう、とカッバーラー学の権威ゲルショム・ショーレムが問うている。」(井筒俊彦著『意識と本質』)

この問いは、大変興味深く、また大変示唆にも富む。

続けて、

「そういえば、逆に、キリスト教徒の瞑想意識の中に、
真言マンダラの諸尊、如来や菩薩の姿が
絶えて現れてくることがないのはなぜだろう、
と問うこともできよう。」

「・・・このような強い「文化的枠組」の制約を受けていることが、
「元型」的「本質」の一つの大きな特徴なのであって、
・・・この意味では、全人類に共通する普遍性をもった「元型」
というようなものは存在しない。
・・・深層意識に生起する「元型」そのものが、
文化ごとに違うのである。」


井筒俊彦著『意識と本質』のこの指摘は、実に、鋭く的確です。

弁栄聖者は、三昧定中に顕現される心霊的差別現象である霊相を、
「主観的客体である」と明言されています。

井筒俊彦氏の指摘する「元型」及び「元型的本質」と驚くほど対応しています。

ユングのいう「元型」、「元型的イメージ」を、
弁栄聖者が詳述されている「成所作智」(弁栄聖者光明体系『無辺光』
の働きと関連付けて考えてきました。


「報身の「報」は「答」と弁栄聖者のみ教えです。」
冨川茂筆記『田中木叉上人御法話聴書』


衆生の信念に応答し、報いる身
スポンサーサイト



テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

RSSリンクの表示
検索フォーム
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスカウンター
プロフィール

syou_en

Author:syou_en
山崎弁栄(べんねい)聖者(1859~1920)に出遇って初めて、各宗派宗教で説かれている教義、宗教体験が、腑に落ちました。

比較宗教、比較思想に一貫して関心を持ち続けています。

宗教には関心はあるけど、特定の宗派に凝ることには躊躇する。
そういう方も結構いらっしゃるかと思います。

そのような方は是非、弁栄聖者にふれてみてください。


(注)ツイッター(@syou_en)もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR