FC2ブログ

2012-07-08

「一より二に出で、二を含んで一に立つ。」(田中木叉著『日本の光(弁栄上人伝)』)

弁栄聖者のご遷化後、百年が経とうとしていますが、
聖者ご在世当時から既に、その修行論は、その受け取り方が、
信者によって、まちまちであったようです。

その最大の要因は、聖者が宗教家であったためだと思われます。

真の宗教家とは、特定のその人を導くことに最大の主眼を置かれます。

したがいまして、その導く内容は、
「応病与薬」、「対機説法」となります。

「「法」は「機」とあい望めてそこに活きる。
方便にこそ、真実は活きて働く。」

「活ける仏法は説でもなく、理でもない、
仏「法」は常に仏「道」である。」

「相異る方便に不変の真実があらわれる。」

「(弁栄)上人には自説の顕正のみあって、
決して他説の破邪というものがなかった。」


以上、田中木叉著『日本の光(弁栄上人伝)』より。

といわれています。

弁栄聖者の高弟の一人田中木叉上人は、

「仏道修行に直線道などありませんよ。」

と言われ、

一方で、聖者の高弟の一人笹本戒浄上人は、

「成仏への直線道(憶念口称念仏→見仏→成仏)」を強調されました。

光明主義の勉強をしていきますと、
笹本戒浄上人とそのお弟子、
つまり、兵庫県芦屋の(光明会本部)聖堂の方々の主義を、
どう受け止めていくべきかとの問題に突き当たるかと思われます。

私も長年この問題と取り組んできましたが、
現時点での私の捉え方は、次のとおりです。

田中木叉上人は、

弁栄聖者の「応病与薬」的な衆生済度の在り方から捉えられ、

「仏道修行に直線道などありませんよ」と言われ、

笹本戒浄上人は、

弁栄聖者の深甚なる三昧証入による如来の真相直観から、
そこには、一筋の道が歴然と存在している事実
から、

「成仏への直線道(憶念口称念仏→見仏→成仏)」を強調されました。

それらは、弁栄聖者の在り方を異なった局面から捉えられた観点

であり、どちらにも理があるように思われます。

ただ、ここには、実際上の困難な点があります。

弁栄聖者の様な三身四智の仏眼を体得された方において初めて、
この点が矛盾無く統合できるという点
です。

なお、笹本戒浄上人の「直線道」については、若干の私見、留意点があります。

「直線」という言葉から、定義上、最短とのイメージが浮かぶかと思いますが、
念仏の実践上は、最短という実感がなかなかいだき得ないと思います。
これは、宇宙進化の究極目的である「成仏」への長い長い道程を考えた場合に、
これこそが最短である、と捉えられるのではと思われます。

次に、 「直線道」には、
「成仏へと直結する、信念の変更を要しない」
という極めて重要な内容が含まれています。


戒浄上人の言わんとされた「直線道」の真意は、

「一。これ在るのみ」


ということかと思われます。つまり、

「成仏には、必然的に、見仏三昧が不可欠な要素である」

ということです。

何故か。

それは、おそらく、弁栄聖者が如来からこの世に使わされた最大の因縁と推察されます、

「無始無終の三身即一の大ミオヤ」の真相を開顕された「仏身論」と不可分であるからで、

笹本戒浄上人が「直線道」を強調された深意とは、
まさに、この仏身論から必然的に導き出されたものである、
この点こそが正に、戒浄上人が真に言わんとされたことである
と推察されます。

実は、従来から伝えられている「指方立相」を包超した修行論なのです。

無相法身から、有相が顕現されると私たちは、無意識裏に考えがちです。

それは、「形あるものはいつか壊れ、無くなる」
という観念が常識として私たちには馴染みやすいからでもあります。

心霊界であるお浄土の心霊差別現象も、
もしも法眼で三昧直観しえたとしても、
自然界と同様に相対的な依他起生の現象として、
観念してしまうかもしれません。

「無始無終の三身即一の大ミオヤ」の仏身論とは、
法身、報身、応身の三身が無始無終で、即一であるということです。


「見仏三昧により顕現される霊応身」は、
「主観的客体」、つまり、心霊差別現象でありながら、
それを顕現する客体には、

「もとより、御姿在します。」

その御姿とは、「無限に変化しながら、絶対の御姿である」
といわれ、

これは、三身四智の仏眼を体得しないと三昧直観されない、
深甚なる如来の真相、仏身論である


と笹本戒浄上人は、弁栄聖者から直伝されたとのことです。

ちなみに、「見仏三昧」の「仏」には、
浄土教系の阿弥陀仏以外の諸仏に留まらず、
仏教以外のキリスト教、イスラム教等で説かれる神々も含まれており、
定義上、慎重を要しますので、念のため。

なお、戒浄上人御自身は、

「直線道」を強く顕正されましたが、
それ以外の道を歩まれている方に対し、
謙虚な態度をもって接するように厳しく戒められていたようです。

「円具教が天狗教になると、直線道が脱線道になる」
冨川茂筆記『田中木叉上人 御法話聴書』 )


どぎつい言葉なので、どうしようか躊躇したのですが、
やはり、とても大事なことですので、
田中木叉上人の言葉を引用しました。

真意をご理解していただけると幸いです。
スポンサーサイト



RSSリンクの表示
検索フォーム
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスカウンター
プロフィール

syou_en

Author:syou_en
山崎弁栄(べんねい)聖者(1859~1920)に出遇って初めて、各宗派宗教で説かれている教義、宗教体験が、腑に落ちました。

比較宗教、比較思想に一貫して関心を持ち続けています。

宗教には関心はあるけど、特定の宗派に凝ることには躊躇する。
そういう方も結構いらっしゃるかと思います。

そのような方は是非、弁栄聖者にふれてみてください。


(注)ツイッター(@syou_en)もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR