--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-07-29

「自作自受、他作他受」の解釈を巡って(試論)

現在、光明主義の教学を学ぼうとする者は、
大変ありがたいことに、田中木叉上人がご編纂された
弁栄聖者の御遺稿『弁栄聖者光明体系』が復刊されていますので、
それらを研究するわけでありますが、
御遺稿を読まれるとすぐ気づかれることかと思われますが、
独学で研究するのは、なかなか困難であります。

幸い笹本戒浄上人のお弟子、戒浄上人を尊崇される方々のご努力により、
『笹本戒浄上人全集』、『弁栄聖者 光明主義注解』などが刊行されており、

また、最近では、貴重な
冨川茂と重住茂両氏による『田中木叉上人 御法話聴書』も刊行されています。

さらに、比較思想学的観点から学術研究もされている
財団法人光明修養会上首東京練馬の宗教法人光明園主でもある、
河波昌氏の論文、著作等は、
弁栄聖者の光明主義研究には、欠かせないものとなっていると思います。

この他に光明主義の歴史上忘れてはならない方に、
「山本空外上人」という重要人物がいますが、
「空外上人の弁栄聖者観、念仏観」については、
まだ研究中で、今は、この指摘だけにとどめます。

前置きが長くなりましたが、

さて、「自作自受、他作他受」についてです。

このことは、笹本戒浄上人が強調されたことですが、
河波昌氏は、この点について、

「念仏とは、他作自受である」。

と定義されていますが、
つまり、「縁起」と「回向」の観点などから、論及されています。

私は、自分の経験、実感から、河波昌氏の定義に賛同しています。

笹本戒浄上人直系の方々、つまり、光明会本部聖堂では、
「自作自受、他作他受」の立場を取っている
ように思われます。

この点については、戒浄上人の御教えの中で、今だに疑問を持っている点です。

ただ、戒浄上人が強調された「直線道」の言葉についても、
最初はなかなか腑に落ちませんでしたが、
時間をかけてじっくりとその言葉の真意を研究していくと、

「直線道」とは、
弁栄聖者が三昧直観された如来の真相である三身即一の仏身論より、
必然的に導き出されていた


ことが理解でき、「直線道」の真意を受け入れることができたという経験がありました。

ただ、依然として、この「直線道」という言葉は、
誤解を生み易い言葉である
と思っています。

同様なことが、「自作自受、他作他受」の解釈にもいえるかもしれないと思い、
この問題にも、こだわり、関心をいだき続けてきました。

岡潔博士は、光明会本部聖堂、杉田善孝上人にも縁が深かったので当然かもしれませんが、
随筆の中で「自作自受」を自明なこととして述べられていることを、
最近、知りました。


まず、「自」と「他」の定義が一般の定義と違うのではないかとの疑問があります。

「我といふは絶対無限の大我なる 無量光壽の如来なりけり」

との弁栄聖者のご道詠に対して、

「この我は真我のことで、弁栄聖者の真精神の御教示では、

真我には、

”絶対の報身の最高最深のいつも変らぬあり通しの永遠の生命”と
”法身の粋である絶対の報身”

の二義がある」


と、戒浄上人は仰せられた。(『笹本戒浄上人伝』)

と御教示されています。

ついでながら、ここでご指摘されている「あり通しの永遠の生命」とは、
禅での「見性」体験、その「真実の自己」よりも深い「真実の自己」のようで、
「真実の自己」にも、深さが想定されているようです。

私が「自作自受、他作他受」にこだわるのは、
前者は、信仰における「信念」の問題に、
後者は、「回向」に関わる重要な問題を含んでいるためです。

戒浄上人が「直線道」を強調される理由の一つが、
「自作自受」の原理が、衆生の信念にもあてはまり、
信念「(自作」)→それに相応した結果。

となり、如来の真相と相違した「信念」では、
必然的に、如来の真相には達することができない、
ことになります。

この点こそが、最大かつ根本的な疑問で、
今となっては杉田善孝上人に直接お聞きできず、とても残念です。

ただ、ありがたいことに、
『弁栄聖者 光明主義注解』には、解明の手がかりが記されています。

「衆生がどのような信念で修行しても、
三身即一の報身の直接作用によって、大ミオヤの御力で
ミオヤのお育てを各人相応に受けることができて成仏の身となる」
というような事実はない。


この箇所は、私が疑問をいだき続けている、いわゆる「自作自受」の定義。

ところが、別の箇所には、これとは異なる説明がなされています。

「大ミオヤの理性と感性は共に能動的である」
と弁栄上人がご教示になっておられる。
・・・白隠禅師の場合のように、
大ミオヤに妙色相好身在ます事実を否定しながら
無相無色の平等の面に三昧心を注いでおられるにもかかわらず、
白隠禅師の信念に反して、
自分が求めないのに法眼が開けて
大ミオヤの御姿を見奉るようになった。
・・・これは絶対の根本仏に在ます三身即一の報身の
理性と感性が共に絶対円満な能動態で、
衆生の信念を絶対能動的に受け入れて
内的目的論的に衆生を仏化し、
衆生の信念の不完全、不明確の点を
能動的に光明化して下さる事実を示すものである。


と。

あるいは、あの有名なキリスト迫害時にパウロに生じた現象を思い出された方もいるかと思います。

笹本戒浄上人の御教示として記されている言葉、
例えば、「直線道」、「自作自受」は、
光明主義教学の研究のうえで、特に注意を要する重要語だと思われます。

まだ、試論の段階ですので、ご教示をいただければ大変ありがたいです。
スポンサーサイト

2012-07-27

「いともいとも大いなるかな天地に みち足らひたる大みすがたの」(跡見花蹊)

前回少しふれましたように、
花蹊女史は、笹本戒浄上人のご指導のもと、
法華信仰から光明主義の三昧念仏に精進され、
大変尊くして尊い「霊夢」を体験されました。

『笹本戒浄上人全集 上巻』には、
「見仏無生」の証得体験として、この御歌が解説されていますが、

大正12年(1923年)八月二十七日の日記
(『跡見花蹊日記 第四巻 自 大正三年 至 大正十四年』)には、

「此朝二時頃、夢に宇宙一はいなる大 的なる御仏を見奉る。
御体御肉ハ清くふとき奇麗なる御肉にて御座体にて、
かしこしとも有りかたしとも言語に堪えたり。

御名を呼て逢奉るみすかたは宇宙全体満ち足らひたる

と記されています。

ここで、注目されることは、

「念仏→無生」

つまり、禅でいわれる「見性体験」が得られていることです。

最晩年の『日記』を読んでいきますと、
霊夢を頻繁にみられています。

また、驚くべきことに、この見仏体験は、
光明主義の(憶念口称)念仏三昧の修養をされ始めてから、
まだ一年程しか経っていません。

これには、女史のそれ以前の熱心な法華信仰などの功徳あってこそと思われます。

「霊夢」といえば、
鎌倉時代の『明恵上人夢記』が知られています。

ユング心理学者の河合隼雄著『明恵 夢を生きる』が、
大変興味深く、また示唆にも富んでいます。

ある時、釈迦大師の御前で夢想観を修していた明恵上人に、

「虚空カガヤクコトカギリナシ、ソノ光明ノ中二、
大聖マナアタリ現ジタマフ、歓喜勝計スベカラズ」


「皆に説法などできるのも、あの文殊顕現を見たおかげである」
と、晩年このことについて弟子たちに語ったといいます。

三昧定中にお遇い奉る如来の妙色相好身は智慧態であり、智慧と不二ゆえに

この点については、弁栄聖者は、「歓喜光」、「智慧光」に詳述されています。


花蹊女史の指導者であった笹本戒浄上人は、
女史の霊夢に対して、

「人には話さぬように」

と、誡められていたようです。(熊野好月著『み手にひかれて』)

善導大師も同様に、

「内証みだりに漏らすまじ」

と訓戒されていたようです。

信仰の大敵の一つ、「慢」の因となりうるからだと思われます。

笹本戒浄上人は、この点については、かなり厳しかったようで、
戒浄上人から、弁栄聖者の難解な書『無辺光』を理解されていると認められた、
東京の中井とき女史にも同様の訓戒をされていたと、
杉田善孝上人の御法話でお聞きしたことがあります。

また、花蹊女史は、最晩年に光明主義に縁をされ、
如来の霊育を蒙られ、
人格から角がとれ、円満になられたとのことです。

法華信仰が「法本尊」であるのに対し、
弁栄聖者が三昧直観された
「三身即一の大ミオヤ」が、人格的な「仏本尊」
であるためではないかと推察しています。


なお、『跡見花蹊日記 第四巻 自 大正三年 至 大正十四年』には、
弁栄聖者の『人生の帰趣』を宮中に献上されていたこと、
花蹊女史の田中木叉上人への御態度の変化、
聖者が妹といわれた新潟柏崎の極楽寺の籠島咲子の想い出話などもあり、
とても大変興味深い本となっています。

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

2012-07-21

跡見学園創始者、跡見花蹊女史と弁栄聖者提唱の光明主義について

光明主義の歴史を調べていきますと、時々意外な、驚くことに遭遇します。

跡見花蹊(1840~1926)女史も最晩年には、光明主義の熱心な信者となられました。

私が花蹊女史に興味をもちましたのは、
子女の教育者としてよく知られた方ということもさることながら、

「敬神の念篤きのみならず、仏教にも深く帰依していた。」
(高橋勝介著『跡見花蹊女史伝』)

この点により興味をもちました。

さらに私の興味を惹きましたのは、浄土真宗の家系に育ちながら、

(伝統的)浄土宗→日蓮宗→光明主義

との花蹊女史の信仰遍歴です。

また、花蹊女史は、『浄土三部経』、『法華経』の写経もよくされていたそうです。

花蹊女史とのご縁が深く、また花蹊女史を尊敬し慕われた方に、
熊野好月女史という方がいました。
弁栄聖者から直接指導を受けれた光明主義の信者でした。

聖者に逢われた印象を「日蓮上人を彷彿とさせた」と、
どこかに記されたいた記憶があり、
不思議に思っていたのですが、花蹊女史の影響もあったのかもしれません。

花蹊女史は、日蓮上人を大変尊崇されていました。

そのことは、『跡見花蹊日記 第四巻 自 大正三年 至 大正十四年』 に、
大変興味深い「霊夢」が記されています。

大正10年(1921年)八月二十一日の日記に、

「此夜の夢に、予一人にて夜半後旅する。右へ行ては西へ、又右へ行ては西へ行く。
とうとう行つまりたる処に、法華多宝如来と日蓮聖人様とに目のあたり拝し、
如来ハ大なる銀の錫杖を持たせられ、聖人ハわらしばき(草鞋)に管(菅)笠を持たせられて、
私思ふ、今世にて十方衆生の為にかくもご苦労遊ばしていたゝくかと存して
有かた涙に感泣して夢さめたり。
生たる多宝如来、日蓮聖人様に御目にかゝるとは何たる吉夢なるや。」

と記されているほどです。

花蹊女史は、光明主義に出逢うまで、大変熱心な法華信者でありました。

この霊夢で興味深い点は、「西へ西へ行かれて」いる点です。

日記を調べていきますと、
花蹊女史は、この霊夢を見られたおよそ一年後に、光明主義に出逢われています。


以前、大変機根が優れていらした中川察道上人が聖者に逢われた印象を、
「この方は、善導大師の再来である」と思われたと記事にしましたが、

このお二人の弁栄聖者の印象は、私には大変興味深いものです。

浄土教系と法華宗系とは、これまで対立の歴史であったと思われますが、
弁栄聖者の提唱された光明主義においては、
その対立は超えられいると思われるからです。

さらに興味深いことに、
光明修養会の元上首上人であった山本空外上人は、
紀野一義氏に、

「辨榮聖者の信心は、一から十まで法華経に基づいておるのですよ」
(紀野一義著『名僧列伝(四)一遍・蓮如・元政・辨榮聖者』)

と語られたとのことです。

空外上人は大学者でありましたので、
この空外上人の真意は、私にはまだよくわかりませんが、

「弁栄教学においては、『法華経』の真髄が生かされている」

この驚嘆すべき事実は、確かに言えることかと思われます。

この点についても、以前若干記事にしたことがあります。

跡見花蹊女史(1840~1926)と弁栄聖者(1859~1920)の年譜を比較しますと、
花蹊女史の御生涯が聖者と見事に重なっていますが、
これは因縁としかいえないと思うのですが、
花蹊女史は、聖者に御逢いすることができませんでした。

「ましし世に侍りてあらばわれもまた 絵にまた書にさゝげてましを」

と、聖者の御生前に御逢いできなかったことを非常に残念がっておられていたと、
常々語られていたとのことです。(熊野好月著『み手にひかれて』)

花蹊女史は多才な方で、絵も書、そして歌もよくされた方でした。
ちなみに、歌の師匠は、佐々木信綱氏。

花蹊女史の光明主義への御縁は、女史83歳の時、
弁栄聖者の信者であった竹内喜太郎氏に出会ったことが縁となり、
主な導師は、聖者の高弟の笹本戒浄上人でした。

参考文献:河波昌「巻頭論文 最晩年の跡見花蹊先生 -とくに先生の宗教体験世界をめぐって-」『にいくら NO.9』

『跡見花蹊日記 第四巻 自 大正三年 至 大正十四年』は、一般販売されていないようですが、
跡見学園女子大学の交友の方は、跡見学園女子大学HPの下の方にある「花蹊日記」からご覧になれるようですが、ご購入は学園にご相談されるとよろしいかと思います。
また、大きな図書館では読むことができるかと。

2012-07-19

「仏教徒が、その瞑想的ヴィジョンにおいて、キリストやマドンナをみないのはなぜだろう、とカッバーラー学の権威ゲルショム・ショーレムが問うている。」(井筒俊彦著『意識と本質』)

この問いは、大変興味深く、また大変示唆にも富む。

続けて、

「そういえば、逆に、キリスト教徒の瞑想意識の中に、
真言マンダラの諸尊、如来や菩薩の姿が
絶えて現れてくることがないのはなぜだろう、
と問うこともできよう。」

「・・・このような強い「文化的枠組」の制約を受けていることが、
「元型」的「本質」の一つの大きな特徴なのであって、
・・・この意味では、全人類に共通する普遍性をもった「元型」
というようなものは存在しない。
・・・深層意識に生起する「元型」そのものが、
文化ごとに違うのである。」


井筒俊彦著『意識と本質』のこの指摘は、実に、鋭く的確です。

弁栄聖者は、三昧定中に顕現される心霊的差別現象である霊相を、
「主観的客体である」と明言されています。

井筒俊彦氏の指摘する「元型」及び「元型的本質」と驚くほど対応しています。

ユングのいう「元型」、「元型的イメージ」を、
弁栄聖者が詳述されている「成所作智」(弁栄聖者光明体系『無辺光』
の働きと関連付けて考えてきました。


「報身の「報」は「答」と弁栄聖者のみ教えです。」
冨川茂筆記『田中木叉上人御法話聴書』


衆生の信念に応答し、報いる身

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

2012-07-14

「好人好日」~山田洋次監督が選んだ日本の名作100本~喜劇編~

風変わりな数学者と娘、妻との愛情を描いた人情喜劇。

1961年(昭和36年)作、渋谷実監督の映画。

モデルは、明らかに、数学者の岡潔博士かと思われます。

以前からみたいと思っていたところ、
先日、NHKのBSプレミアムで放送したものをみました。


2~3年前に、50年ほど前にベストセラーになったといわれる

評論家小林秀雄氏と岡潔博士との対談『人間の建設』

が再版され、最近もベストセラーになっているようで、
大変嬉しく思っています。

小林秀雄氏は、岡潔博士に対し、

「岡さんは、天才です。脱俗の人です。」

と、晩年まで、敬愛の情を込めて、しみじみと語られていたそうです。

ちなみに、
小林秀雄氏が亡くなられたのは、
奇しくも、岡潔博士が亡くなられた五年後の同日、3月1日。

現在、弁栄聖者に関心を寄せている方で、
岡潔博士に恩を感じている方が多いのではないかと思われます。

岡潔博士に光明主義の手ほどきをされた方は、
田中木叉上人であったとのことです。

岡潔博士の名言といえば、

「数学における情緒の大切さ」

を説いた言葉と、

文化勲章の受賞の際、天皇陛下に答えられたという

「数学とは生命の燃焼である」

との言葉かと思われますが、

実は、田中木叉上人の

「信仰とは生命の燃焼である」

との言葉が、基になっていると、木叉上人の岡潔博士への影響を、
岡潔研究者の高瀬正仁氏が指摘されています。
(参考文献 高瀬正仁著『評伝 岡潔-花の章-』


ところで、「好人好日」で描かれた岡潔モデルの数学者を演じる笠智衆が、
またいい味を出されています。

岡潔博士といえば、俗に言われる「天才」を地で生きた方。

何の分野であれ「天才」と言われる方には、
俗世間とずれている方が多いと思われますが、

念仏による「霊格形成」を説かれた弁栄聖者は、
宗教的天才であり、「脱俗の方」でありましたが、
世間の常識、人情にも精通されておられていたようです。

田中木叉上人の奥様と聖者が、
買い物での値段の比較を話されていて、
感心したと木叉上人が語れています。

私は岡潔博士の「非常識的行動」に関しては、
天才にありがちなものと捉えていますが、
こと光明主義の先達として考えた場合、
その点に関し、戸惑うことが正直ありました。

この点に関し、示唆を与えられたのは、

一昨年前に、力作『井筒俊彦 叡智の哲学』を書かれた若松英輔氏でした。

若松氏とは、『井筒俊彦 叡智の哲学』の最終章「第十章 叡智の哲学」において、

「井筒俊彦氏と弁栄聖者の際立った高次の一致点」

を指摘された稀有な評論家です。

若松氏は、『神秘の夜の旅』の「聖者論ー越知保夫と小林秀雄ー」において、

「聖者とは、単に礼節を守った人間ではない。
世界が聖なる実在であることを表現した人間の謂である。
「聖者」は「聖人」と同義ではない。
「聖人」のなかにも「聖者」は少なくないだろう。
しかし、「聖者」は「聖人」に定められた宗教的枠組みを突破しつつ出現する。」


と、極めて重要な指摘をしています。

したがって、若松英輔氏は、

ランボオ、リルケ、ドストエフスキー、ゴッホ、小林秀雄など

を「聖者」に位置付けています。

共通するのは、常識的生活者からは逸脱した方々ばかりです。

この中では、小林氏は常識的生活者の範疇に属するほうですが、
何処か憑かれた方であったことは確かかと思われます。

若松氏の定義にしたがいますと、
岡潔博士は、「聖者」に属する方と位置付けられ、
何か、とても腑に落ちました。

若松英輔氏の言われる「聖者」とは、
私には、「真の詩人」であるように思われます。

2012-07-08

「一より二に出で、二を含んで一に立つ。」(田中木叉著『日本の光(弁栄上人伝)』)

弁栄聖者のご遷化後、百年が経とうとしていますが、
聖者ご在世当時から既に、その修行論は、その受け取り方が、
信者によって、まちまちであったようです。

その最大の要因は、聖者が宗教家であったためだと思われます。

真の宗教家とは、特定のその人を導くことに最大の主眼を置かれます。

したがいまして、その導く内容は、
「応病与薬」、「対機説法」となります。

「「法」は「機」とあい望めてそこに活きる。
方便にこそ、真実は活きて働く。」

「活ける仏法は説でもなく、理でもない、
仏「法」は常に仏「道」である。」

「相異る方便に不変の真実があらわれる。」

「(弁栄)上人には自説の顕正のみあって、
決して他説の破邪というものがなかった。」


以上、田中木叉著『日本の光(弁栄上人伝)』より。

といわれています。

弁栄聖者の高弟の一人田中木叉上人は、

「仏道修行に直線道などありませんよ。」

と言われ、

一方で、聖者の高弟の一人笹本戒浄上人は、

「成仏への直線道(憶念口称念仏→見仏→成仏)」を強調されました。

光明主義の勉強をしていきますと、
笹本戒浄上人とそのお弟子、
つまり、兵庫県芦屋の(光明会本部)聖堂の方々の主義を、
どう受け止めていくべきかとの問題に突き当たるかと思われます。

私も長年この問題と取り組んできましたが、
現時点での私の捉え方は、次のとおりです。

田中木叉上人は、

弁栄聖者の「応病与薬」的な衆生済度の在り方から捉えられ、

「仏道修行に直線道などありませんよ」と言われ、

笹本戒浄上人は、

弁栄聖者の深甚なる三昧証入による如来の真相直観から、
そこには、一筋の道が歴然と存在している事実
から、

「成仏への直線道(憶念口称念仏→見仏→成仏)」を強調されました。

それらは、弁栄聖者の在り方を異なった局面から捉えられた観点

であり、どちらにも理があるように思われます。

ただ、ここには、実際上の困難な点があります。

弁栄聖者の様な三身四智の仏眼を体得された方において初めて、
この点が矛盾無く統合できるという点
です。

なお、笹本戒浄上人の「直線道」については、若干の私見、留意点があります。

「直線」という言葉から、定義上、最短とのイメージが浮かぶかと思いますが、
念仏の実践上は、最短という実感がなかなかいだき得ないと思います。
これは、宇宙進化の究極目的である「成仏」への長い長い道程を考えた場合に、
これこそが最短である、と捉えられるのではと思われます。

次に、 「直線道」には、
「成仏へと直結する、信念の変更を要しない」
という極めて重要な内容が含まれています。


戒浄上人の言わんとされた「直線道」の真意は、

「一。これ在るのみ」


ということかと思われます。つまり、

「成仏には、必然的に、見仏三昧が不可欠な要素である」

ということです。

何故か。

それは、おそらく、弁栄聖者が如来からこの世に使わされた最大の因縁と推察されます、

「無始無終の三身即一の大ミオヤ」の真相を開顕された「仏身論」と不可分であるからで、

笹本戒浄上人が「直線道」を強調された深意とは、
まさに、この仏身論から必然的に導き出されたものである、
この点こそが正に、戒浄上人が真に言わんとされたことである
と推察されます。

実は、従来から伝えられている「指方立相」を包超した修行論なのです。

無相法身から、有相が顕現されると私たちは、無意識裏に考えがちです。

それは、「形あるものはいつか壊れ、無くなる」
という観念が常識として私たちには馴染みやすいからでもあります。

心霊界であるお浄土の心霊差別現象も、
もしも法眼で三昧直観しえたとしても、
自然界と同様に相対的な依他起生の現象として、
観念してしまうかもしれません。

「無始無終の三身即一の大ミオヤ」の仏身論とは、
法身、報身、応身の三身が無始無終で、即一であるということです。


「見仏三昧により顕現される霊応身」は、
「主観的客体」、つまり、心霊差別現象でありながら、
それを顕現する客体には、

「もとより、御姿在します。」

その御姿とは、「無限に変化しながら、絶対の御姿である」
といわれ、

これは、三身四智の仏眼を体得しないと三昧直観されない、
深甚なる如来の真相、仏身論である


と笹本戒浄上人は、弁栄聖者から直伝されたとのことです。

ちなみに、「見仏三昧」の「仏」には、
浄土教系の阿弥陀仏以外の諸仏に留まらず、
仏教以外のキリスト教、イスラム教等で説かれる神々も含まれており、
定義上、慎重を要しますので、念のため。

なお、戒浄上人御自身は、

「直線道」を強く顕正されましたが、
それ以外の道を歩まれている方に対し、
謙虚な態度をもって接するように厳しく戒められていたようです。

「円具教が天狗教になると、直線道が脱線道になる」
冨川茂筆記『田中木叉上人 御法話聴書』 )


どぎつい言葉なので、どうしようか躊躇したのですが、
やはり、とても大事なことですので、
田中木叉上人の言葉を引用しました。

真意をご理解していただけると幸いです。
RSSリンクの表示
検索フォーム
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスカウンター
プロフィール

syou_en

Author:syou_en
山崎弁栄(べんねい)聖者(1859~1920)に出遇って初めて、各宗派宗教で説かれている教義、宗教体験が、腑に落ちました。

比較宗教、比較思想に一貫して関心を持ち続けています。

宗教には関心はあるけど、特定の宗派に凝ることには躊躇する。
そういう方も結構いらっしゃるかと思います。

そのような方は是非、弁栄聖者にふれてみてください。


(注)ツイッター(@syou_en)もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。