FC2ブログ

2012-06-23

「身体の更正。已に更正したる精神は如来大心光中に理想の浄土に逍遥(あそ)ぶものゝ、肉の有らん限りは自然の約束を全く脱する能はず。」(弁栄聖者著『如来光明歎徳章要解』)

前回は、 『笹本戒浄上人全集 中巻』に記されています、

驚嘆すべき弁栄聖者の「全分度生の完全な仏作仏行」の御教え

「完全な仏作仏行とは、
この地球上のみならず教化すべき衆生の住し得るあらゆる天体に
分身利物の霊的生活ができるようになって、
初めて全分度生の完全な仏作仏行といえます。」


をご紹介しました。


今回ご紹介します弁栄聖者の御教えは、
笹本戒浄上人なかりせば、
この世に言葉として残ることがなかったかもしれないと思われるにつけ、
戒浄上人のこの世への出現を大変ありがたく、
感謝の念を禁じえません。

「有余涅槃」とは、

「如来と精神的、観念的に合一し、
肉体をもって自然界に居る時に実現している境涯。」


と従来教えられてきたと思います。

しかし、弁栄聖者が笹本戒浄上人に開顕された御教示、

「弁栄上人が肉、または肉体といっておられる中には
肉の心と肉の身体の二つを含んでおる。」


と。

具体的には、

「この世を去って肉体は無くなったが、
未だ肉の心が残っておるので、
法身の中心である絶対の報身の全体と合一できておらないために
一時的に浄土に居る時」


があると、「有余涅槃」のもう一面の真相を開顕されました。

したがって、従来から言われてきたように、

「この世で如来に救われた方の肉体が無くなった後は、
往生し、お浄土で修行をするということではない」


というのです。

更に、後者の「有余涅槃」の真相を、

「大ミオヤの絶対理性と絶対感性の完全調和した光明摂化により、
六道輪廻によらないで、
大ミオヤの絶対無規定の大霊力によって衆生界に生まれて、
以前より更に高く深い三昧を実現する身として下さる。」


そして、

「遂に自然界で三身四智の仏眼を実現して、
肉の心がなくなって絶対の報身の全体と合一し後に死去して、
無余即無住処涅槃の境涯と
実在的、身体的に合一するようにして下さる。」


と。

参考文献は『笹本戒浄上人全集 下巻』 

これが正しい「有余涅槃」の真相である、
と確信をもって言うことは、私にはまだできません。

と言いますのも、余りに桁外れな境涯なので、
正直この真相を実感できるレベルには到底ないからです。

ただ、「肉の心」という概念は「眼から鱗」で、

「肉の心があらん限りは、お浄土に一時的にしか居られない」

何故なら、

未だ如来化されていない「肉の心」と「如来の自境涯」とは、異質なため

このことは、十分には分からないながらも、何か響くものがあります。


しかし、このことは、絶対に記事にし、
ご紹介したいと切願していたことの一つでした。

私の不勉強のために見落としていることも十分に考えられますので、
もしもこの種の教えを説いている方、文献がありましたら、
是非ともご教示願います。
スポンサーサイト



RSSリンクの表示
検索フォーム
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスカウンター
プロフィール

syou_en

Author:syou_en
山崎弁栄(べんねい)聖者(1859~1920)に出遇って初めて、各宗派宗教で説かれている教義、宗教体験が、腑に落ちました。

比較宗教、比較思想に一貫して関心を持ち続けています。

宗教には関心はあるけど、特定の宗派に凝ることには躊躇する。
そういう方も結構いらっしゃるかと思います。

そのような方は是非、弁栄聖者にふれてみてください。


(注)ツイッター(@syou_en)もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR