FC2ブログ

2012-05-01

「衆生は魂を乗せた泥舟みたいなものだ。・・・時を待て。」(新潟県柏崎極楽寺、故籠島咲子夫人への如来様(霊応身)のご説法)


杉田善孝上人のご法話の中で、
弁栄聖者にご指導を受け、三昧をいただかれた方々の想い出話がありました。

どのお話もありがたかったのですが、
その中でも特に印象深く、有難かった一つが、
新潟県柏崎、極楽寺の故籠島咲子夫人の逸話。

極楽寺とは、弁栄聖者御入滅の地、
咲子夫人は、弁栄聖者と心霊界でのご縁の深かった方として知られており、
後に仏眼を開かれた方。

「本堂以外であっても、如来様を忘れているようであってはいけない。
いつも如来様から心を離れぬようにして、この世のお勤めをせよ。」


との弁栄聖者からのお念仏のご指南のもと、
咲子夫人は、お念仏に励んでいらっしゃったとのことでした。

その当時、咲子夫人は、「初歩の法眼の境界」でいらっしゃったため、
ある時、夫人が日頃から可愛がっていた女中さんが、
夫人の意に反した行いをされたことがあり、
可愛さ余って憎さ百倍とでもいうのでしょうか、
怒りのままに女中さんを激しく叱りつけられたことがあったそうです。

しばらくして、如来様から心が離れ、修羅の鬼の心になっていたことに気づかれ、
すぐにご本堂に行って、如来様の御前で、一心に懺悔をされました。

すると、朗らかな世界が開け、
三昧定中に如来様が御現れ下さり、咲子夫人にご説法をされました。

「衆生と如来との間には一本の河が流れている。
その流れは、衆生の四つの煩悩ゆえに、豪流、濁流である。
衆生は魂を乗せた泥舟みたいなものだ。
仏の在しますかの国にたどり着きたいと思って、
かいを漕ぐが、河の流れがきついためになかなか岸にたどり着けない。
普通の者は、かかる豪流の上に泥舟を乗せたまま、
泥舟なるがゆえに、とけて沈んでしまう。地獄、餓鬼、畜生に落ちてしまう。
だから、一心にかいを漕ぐがよい。
そうすると、泥舟であっても、如来の岸に近づいてくる。
如来はこのとおり手を伸ばして衆生の手を取り、
如来の岸に迎え取らんとしている。
衆生も手を伸ばして救われようとしている。
しかし、もう少しのところで如来の手に届かぬ。
そんなものだ。時を待て。」


と、如来様(霊応身)が咲子夫人をお慰めになったことがあったそうです。


お不動様は、憤怒の姿。

三悪道の心を起こしてばかりいると、
それが習慣となり、死後、三悪道に落ちてしまう。
そうならないようにするためのお慈悲の現れ。

その証拠に、よく見ますと、
不動明王の片方の目は、優しく慈悲深い目をされています。

私たちの慈悲心から離れた怒り、私憤とは、まったく質、内容が違うわけです。

光明主義では、
不動明王とは、如来炎王光の御光による、
不動明王としての御姿としての顕現であると捉えています。
スポンサーサイト



RSSリンクの表示
検索フォーム
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスカウンター
プロフィール

syou_en

Author:syou_en
山崎弁栄(べんねい)聖者(1859~1920)に出遇って初めて、各宗派宗教で説かれている教義、宗教体験が、腑に落ちました。

比較宗教、比較思想に一貫して関心を持ち続けています。

宗教には関心はあるけど、特定の宗派に凝ることには躊躇する。
そういう方も結構いらっしゃるかと思います。

そのような方は是非、弁栄聖者にふれてみてください。


(注)ツイッター(@syou_en)もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR