FC2ブログ

2012-03-28

「白は白黄は黄のままに野の小菊 とりかえられぬ尊さを咲く」(田中木叉作『じひの華つみうた』)


SMAPの「世界に一つだけの花」(作詞 作曲 槇原敬之)を想い出された方も、
いらっしゃったかもしれません。

あるいは、また、仏教に詳しい方は、

「青色青光 黄色黄光 赤色赤光 白色白光」(『阿弥陀経』)

を思い浮かべられたかもしれません。


田中木叉上人は、文才のあった方で、
歌も数多く残されていますが、
仏教経典が、その根底にあるように思われます。


また、「個性」ということですが、

弁栄聖者の信奉者でもあった数学者岡潔博士は、

「人には個性というものがある。
・・・そういう固有の色というものがある。
その個性は自己中心に考えられたものだと思っている。
本当はもっと深いところから来るものであることを知らない。

と、評論家小林秀雄氏との対談『人間の建設』の中で、
注目すべき発言をされています。

「個性」ということを考える時、
この岡氏の言葉を離れて考えることができません。


山本空外上人は、「各々性」と表現され、

「無二的人間形成」を説かれました。
スポンサーサイト



RSSリンクの表示
検索フォーム
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセスカウンター
プロフィール

syou_en

Author:syou_en
山崎弁栄(べんねい)聖者(1859~1920)に出遇って初めて、各宗派宗教で説かれている教義、宗教体験が、腑に落ちました。

比較宗教、比較思想に一貫して関心を持ち続けています。

宗教には関心はあるけど、特定の宗派に凝ることには躊躇する。
そういう方も結構いらっしゃるかと思います。

そのような方は是非、弁栄聖者にふれてみてください。


(注)ツイッター(@syou_en)もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR