FC2ブログ

2012-01-18

「・・・煩悩と信仰もそんなものです」。(田中木叉著『日本の光(弁栄上人伝)』)

「栗のイガも中実が熟してくればひとりでに割れてくる。剃刀をもった子供にはこれをとりあげようとするとかえって危ない。良い玩具を与えると剃刀は離してしまう。煩悩と信仰もそんなものです」。(田中木叉著『日本の光(弁栄上人伝)』)


「 身体、心、潜在意識、仏性が一致して働き出す処を南無阿弥陀仏というんですよ。浅く考えちゃいけませんぜ(田中木叉上人)」。

特に注目すべきは、木叉(もくしゃ)上人が身体、生理面への作用を前面に出し、強調されている点です。

弁栄聖者は、驚くべきことに明治・大正期に、
念仏による清浄光の働きを中心に、
光明による自律神経、ホルモンへの影響など、
現代の心身医学の先駆的なことを体験的に記されています。

この種の念仏の功徳は枚挙にいとまがないのですが、
ここに大変興味深い逸話があります。

九州光明会に菅野真定上人という方がおられました。

指が黄色くなるほど喫っていた煙草をぷっつりやめられたといいます。
知り合いがいぶかしがり、理由を尋ねると、

「念仏中、何ともいえぬ芳香が口中に満ちて、それから煙草が喫えなくなってしまった。
如来様がとりあげて下さったのでしょう。」

と答えられたといいます。

この話を聞かれた田中木叉上人は、

「ああ、それは如来様の清浄光を頂かれたのですね」

と喜んで下さったといいます。


また、弁栄聖者最晩年にご縁をいただかれ、随行された柴武三氏(後弁護士)が、
「念仏修行とお酒」との関係について聖者にお聞きしたところ、

「お酒を飲んでわるいということはありません。
ただ、お念仏をしているとだんだんとお酒が飲めなくなりますよ。」

といった内容を答えられたといいます。


この二つの話は極めて重要な点を示唆していると思われます。

「戒律とは、絶対他力の然らしむる内発的な力(自力)である」

という点です。

念仏とは、決して観念的なものではなく、
「身体、心、身の上、潜在意識、霊性」に現実的に働き、作用する。
スポンサーサイト



RSSリンクの表示
検索フォーム
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスカウンター
プロフィール

syou_en

Author:syou_en
山崎弁栄(べんねい)聖者(1859~1920)に出遇って初めて、各宗派宗教で説かれている教義、宗教体験が、腑に落ちました。

比較宗教、比較思想に一貫して関心を持ち続けています。

宗教には関心はあるけど、特定の宗派に凝ることには躊躇する。
そういう方も結構いらっしゃるかと思います。

そのような方は是非、弁栄聖者にふれてみてください。


(注)ツイッター(@syou_en)もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR