FC2ブログ

2011-11-14

「五眼(肉眼、天眼、慧眼、法眼、仏眼)について」(弁栄聖者)


「如来作智の妙用は自然界にも心霊界にも、所能の感覚作用として映現したるも、肉と天眼とは自然界に、法と慧とは心霊界に。然れども未だ全く本然の作智と全然一致したるにはあらず。唯其分に応じて作用をなす。」

「肉眼が自然界に於て極微の分子動を明かに感覚する如く、法眼等は心霊界の妙色荘厳等の五塵を感覚す。肉眼が自然の子たる如く、法眼は心霊作智の子たり。仏眼等は作智の自己にして全く一致したる処。」

「仏眼のみひとり法仏自然の作智と全然一致したる処。仏眼は慧眼と法眼とを統一し双照す。故に仏眼開く時は常寂光土の大慧光明界中に衆宝荘厳の事相を現ず。」

「諸の菩薩の法眼は如来作智にて現じたるものを能感覚す。仏眼は作智と全く一致したるものなれば、自ら境界を示現して自ら感覚す。」

「諸の菩薩の法眼は報身如来が他に受用せしむる処の相を感覚するのみ。仏眼は自受用にて自ら現じ自ら感ず。能感と所感と自己にあり。」

(「成所作智」『弁栄聖者光明体系 無辺光』)



「五眼明了に開き来て始めて円満なる仏教を信ずることを得べし」
(『弁栄聖者光明体系 難思光 無称光 超日月光』)。

と聖者は言明されています。

何ゆえ宗派宗教が多数存在するかといえば、
神、仏、絶対者、超越者と表現される同体異名である一者に対する人間の認識力の深浅によるため、
だと思われます。
もちろん、言葉の違いもあります。
スポンサーサイト



テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

RSSリンクの表示
検索フォーム
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
アクセスカウンター
プロフィール

syou_en

Author:syou_en
山崎弁栄(べんねい)聖者(1859~1920)に出遇って初めて、各宗派宗教で説かれている教義、宗教体験が、腑に落ちました。

比較宗教、比較思想に一貫して関心を持ち続けています。

宗教には関心はあるけど、特定の宗派に凝ることには躊躇する。
そういう方も結構いらっしゃるかと思います。

そのような方は是非、弁栄聖者にふれてみてください。


(注)ツイッター(@syou_en)もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR