--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-10-31

「大原談義に曰く人をして欣慕(ごんも)せしむる法門は暫らく浅近に似たれども・・・」(法然上人)

「大原談義に曰く人をして欣慕(ごんも)せしむる法門は暫らく浅近に似たれども
自然悟道の密意は極めて是深奥なりと。」『弁栄聖者光明体系 光明の生活』)
スポンサーサイト

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

2011-10-28

田中木叉著「弁栄聖者略伝」


「仰ぎ惟れば内証甚深く外用亦広大に、全分度生の無我の力が無作の精進に顕れ給ふ弁栄聖者の御一生は、如来光明のさながらの反映に在せば、誰か大慈悲の霊応を仰がざらむ。誰か光明の摂化を信ぜざらむ。」
(田中木叉「弁栄聖者略伝」)

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

2011-10-24

「・・・吾人の全身が絶対なる如来の妙身を形成す。」 (弁栄聖者)

「如来の内容と融合し、宇宙無限の内容より自己の内容に湧出る故に、自発的に心霊活動す。吾人の全身が絶対なる如来の妙身を形成す。」
(「平等性智」『弁栄聖者光明体系 無辺光』


弁栄聖者の三身四智の仏眼(無生法認)による境涯。

聖者の高弟の笹本戒浄上人によると、
如来のお世嗣と言われる超日月光位においては、
身口意の三業が仏化され、
作仏度生上有意義なものだけが自発的に発現するという。

想像を絶する境涯ですが、成仏とはこれほど高く深い境涯である、
ということは知っておいた方がいいように思われます。

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

2011-10-21

「仏の体と相と用とは一体の三面、・・・」(弁栄聖者)


「仏の体と相と用とは一体の三面、本来同時同体の三方に過ぎず。」
(『弁栄聖者光明体系 無量光寿』)


弁栄聖者は大宇宙の真相を三昧直観され、

仏身論として、「無始無終の三身即一の大ミオヤ」と説かれた。

弁栄教学を学ぶ困難さの一つは、
田中木叉上人が苦労し編集された聖者のご遺稿が、
従来どおりの説、真実説が入り混じった書かれ方をされている点です。

これは、弁栄聖者が宗教家であったためだと推察されます。

衆生済度を第一義的に考えた宗教家だったからではないでしょうか。

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

2011-10-17

「絶対如来心より衆生心中に現じたる如来相好及び妙色荘厳なるが故に、・・・」(弁栄聖者)

「絶対如来心より衆生心中に現じたる如来相好及び妙色荘厳なるが故に、

観経に如来是法界身、入一切衆生心想中と。

光明大師の讃に、弥陀身心遍法界、映現衆生心想中、是故勧汝常観察云々と」。

(田中木叉著『日本の光(弁栄上人伝)』)

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

2011-10-09

「浄門の意は、・・・」(弁栄聖者)

「浄門の意は、佗仏を念じて自仏を作る」(弁栄聖者『宗祖の皮髄』口絵裏)

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

2011-10-07

「仏身円満無背相・・・(仏身円満にして無背の相なり・・)」(善導大師)


「仏身円満無背相(仏身円満にして無背の相なり)
十方来人皆対面(十方より来る人、皆対面す)」
(善導大師「般舟讃」)


弁栄聖者が「如来光明礼拝儀」で説かれる

「如来の在さざる処なきが故に今現に此処に在ますことを信じて
一心に恭礼し奉つる」


と同じこと。

浅草寺のご本尊は観音様ですが、
本堂外陣の賽銭箱の両側にある書聨には、
この善導大師の金言が書かれています。

ちなみに観音様のお頭には仏様を頂かれていますが、
それは観音様が「念弥陀三昧」でいらっしゃることであると弁栄聖者は言われた。


また、神の遍在性と正面性の問題を究明したのは、

15世紀に活躍した ローマ・カトリック教会の枢機卿であったニコラウス・クザーヌス。

『神を観ることについて』では、この点を中心に非常にありがたく説かれています。

クザーヌスの思想を日本に最初に紹介されたのが、
知る人ぞ知る”書の達人”にして大学者であった念仏行者山本空外上人。

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

2011-10-06

「・・・三身即一に在ます最と尊とき唯一の如来よ・・・」(弁栄聖者)


「法身 報身 応身の 聖き名に帰命し奉つる
三身即一に在ます最と尊とき唯一の如来よ
如来の在さざる処なきが故に 今現に此処に在ますことを信じて
一心に恭礼し奉つる」(弁栄聖者「如来光明礼拝儀」)

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

2011-10-05

「・・・本仏弥陀の霊徳は 牟尼の身意に顕現す・・・」(弁栄聖者)

「人仏牟尼は一向(ひたすら)に 本仏弥陀を憶念し
 本仏弥陀の霊徳は 牟尼の身意に顕現す
 入我我入は神秘にて 三密正に冥合し
 甚深不思議の感応は 是れ斯教の秘奥なり」
(弁栄聖者「仏々相念の讃」の一部)



「教主(おしえぬし)世尊が六根常に清らかに光顔(みかお)永(とこ)しなえに麗わしく在(いま)ししは
内霊応(うちれいおう)に充(みち)給いければなり」(弁栄聖者『如来光明礼拝儀』の一部)

弁栄聖者は、霊格形成を説かれました。

『無量寿経』で説く釈尊の「三相五徳」の状態のことです。

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

2011-10-04

「五眼明了に開き来て始めて・・・」(弁栄聖者)

「五眼明了に開き来て始めて円満なる仏教を信ずることを得べし」。
(『弁栄聖者光明体系 難思光 無称光 超日月光』)



五眼とは、肉眼、天眼、慧眼、法眼、仏眼のこと。
仏教では古来より、人間に開発可能な一切の認識能力を五眼に分けて説く。

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

2011-10-03

「如来は、…いつもましますけれども…衆生は知らない…(弁栄聖者)」

「如来は、……いつもましますけれども……衆生は知らない……それを知らせに来たのが……弁栄である」
(田中木叉著『日本の光(弁栄上人伝)』)



弁栄聖者は、新潟県柏崎の極楽寺でご入滅されましたが、
その臨終間際の言葉。

聖者には、”如来の使い”という自覚があられたと思われます。

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

RSSリンクの表示
検索フォーム
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスカウンター
プロフィール

syou_en

Author:syou_en
山崎弁栄(べんねい)聖者(1859~1920)に出遇って初めて、各宗派宗教で説かれている教義、宗教体験が、腑に落ちました。

比較宗教、比較思想に一貫して関心を持ち続けています。

宗教には関心はあるけど、特定の宗派に凝ることには躊躇する。
そういう方も結構いらっしゃるかと思います。

そのような方は是非、弁栄聖者にふれてみてください。


(注)ツイッター(@syou_en)もあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。